お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

こより  年齢:30代前半 お仕置き経験:無し 彼氏:有り パートナー:無し

2020年10月30日掲載
お仕置き感想提出人数:通算230人目 


今日は、ありがとうございました。
第一印象は、私のイメージとは少し違っていて、優しそうだなって思いました。
でも、これからお仕置きされるのかと思うとすごく緊張して怖くも感じていました。

最初は緊張しすぎて全然話せなくて、すみませんでした。
質問をいろいろしてくれて、私についてちゃんと知ろうとしてくれているのが嬉しかったです。
だんだん緊張が少なくなってきて、昔のことまで、話すぎた気がします。
このままお仕置きなしかなって思っていた時間もあったくらいです。

いろんな道具を見せてもらって、
あー始まるんだ。
と思ったら、すごく緊張して怖くなってきました。

そして、雰囲気が少し変わって、反省内容について詳しく聞かれて、
その後、正座するように言われ説教が始まりました。

私もある程度は反省していたつもりだったけど、京介さんに言われて自分の甘さに改めて気づき、
何してるんだろう。
ちゃんとやっておけばよかったな。
と反省しながら聞いてました。

あー始まる!!って思って
逃げ出したいとか、でもちゃんと罰を受けなきゃとか思ったけど、考えている間もなく、膝の上に乗るよう言われ、
お尻ペンペンが開始されました。

スカートの上とかパンツの上からは我慢できました。
最初は大丈夫かもって思ってたんだけど、回数が多くなってくると痛くて、、、
その後は、道具によって痛みが違って
すごく痛いのがあったり、耐えられそうなのがあったり

机に手をついて反省する時間では、
お尻が熱く、ヒリヒリするし
恥ずかしいし集中できませんでした。

今後のことを約束してから、
2種類のケインで5回ずつ叩かれ、
5回目が痛くて、これ以上叩かれたらヤバかったです。

ボックス椅子の上で平手打ちは
痛かったけど、我慢できるくらいでした。
ベットの上で最後の100回を宣告され、
最初は、我慢できたけど、残り20回の時がすごく痛くて
その後、コーナータイムはお尻が熱くなってヒリヒリして、全然集中できなかったです。

その後、いっぱい甘えさせてくれました。
でも、少し彼氏に申し訳ないような気持ちになったのもあって甘えきれなかったです。
あと、恥ずかしくて、早くパンツはきたい!ってなってました。

痛かったけど、もう少し大丈夫だったかも、、、と思い、"2、3日くらいで痕が残らないくらい"って言った自分に少し後悔しました。
でも、ソファーに座ってみると、思ってたよりも痛くて、最初だからちょうど良かったかもとも思ったり。

初めてお仕置きしてもらって、
もう叱られないように頑張ろうっていう気持ちと、
痛くて痛くて我慢できないくらい、泣いても許してもらえないくらい、叱られながら叩かれてみたいって気持ちと2つ出てきてしまいました。

とりあえず、明日から資格試験の勉強頑張ります。
もし、落ちたら泣くまで厳しく叱ってください。
今日は、ありがとうございました。






京介コメント

こよりさんがお仕置きに目覚めたのは、なんと2,3週間ほど前らしいです・・・。
というのは、1年前くらいから付き合っている彼氏が、エッチの時にお尻を叩く人だったそうで、それで興奮を覚えて自分はMかもと思っていたそうです。
そして最近になってそのことがどんどん気になってきて、そういったことをネットで検索してからスパンキングなどの言葉を知り、そして小説や動画などを見るなど、どんどんはまっていき、結果自分の好みは家庭的なお仕置きだとなっていったそうです。

過去を思い出してもテレビで厳しく叱られている場面に興味を持ったりしたことがあったり、小学校の頃妹とお仕置きごっこみたいなのを一度したくらいなので(その時は妹を叩いたら妹がガチで嫌がって一発でそのお仕置きごっこは終わったそうです)あまり幼少期からのお仕置き願望は感じられませんでした。

なのできっかけは間違いなく彼氏みたいで、でも彼氏とは対等の立場なのでお仕置きを頼めるような感じではないということで私にお仕置きを依頼したようです。
私のブログは2,3週間前にお尻叩きのことを検索していた時に見つけたようです^^

今回の反省内容は、コロナ自粛のテレワーク中に会社から仕事に関する勉強を命じられていたのに毎日2,3時間しかせず、その他の勤務時間帯にゲームをしたりダラダラと過ごしてしまったことでした。

給料をもらっているのにその時間に遊ぶなんてことは言語道断なので、そのことについてお説教をし、必ず過去の時間を取り返すように勉強をすることを約束し、お仕置きとなりました。
今回のお仕置きレベルは2,3日で痕が消えるくらいということと、道具は家庭にある物との要望でした。

まずは膝の上に乗るようにいい、スカートの上から平手でペンペンとしていきました。
軽めに叩いているのにこよりさんは小さくうめきながらお仕置きを受けています・・・。
そしてスカートをめくり下着の上からお説教をはさみながらペンペンと叩いていきます。

しばらく叩いた後に下着を下ろし、お尻を丸出しにして平手で叩いていくと、これまでとは違う反応で痛がっています^^;
その後、私が床に正座をして目の前に道具を並べ、その道具を一つ一つ手に取ってお仕置きをしていきます。

まずは小さめの定規、次に竹の物差し、そしてプラスチックの大きめの定規、大きめのしゃもじ、木ブラシ、最後は木製パドルと、ある程度道具を体験したいとの要望に加え、2,3日で痕が消えるという要望があったので、それぞれ10発ずつをそれなりに軽めに叩いていきました。

まぁ2,3日で消えるような感じでということなので軽めに叩いてはいましたが、道具は平手よりもかなり痛そうに我慢していました^^;
そして次に机の上に肘をつかせてお尻を突き出させ、そのままの姿勢で反省させ、今度は二種類のケインを使用。
それぞれ5発ずつ叩くと宣告をし、軽めに叩くのですが、最後の5発目はちょっと強めにビシッ!と叩きました。
もう一種類のケインも同じように叩き、最後の一発はビシッ!と叩き、同じくものすごく痛がっていましたね^^;

その後ボックスの椅子の上に腹ばいにさせて平手でしばらく叩き、そしてベッドの上に乗るように言い、膝の上に乗せて平手でペンペン。
お説教を交えながらしばらく叩いた後に100回を宣告して叩き続け、最後の20回は強めに叩くよといいながら力を入れて叩きました。

最後はしっかりとごめんなさいが言えたので今回のお仕置きは終了。
本来このような反省内容は厳しくしているのですが、軽めという要望がある限りそれもできませんでした^^;
なので次に同じようなことをしたら厳しくお仕置きだよ!と言い残しておきました。
厳しいお仕置きとならないように、しっかりと合格できたらいいですね^^





            戻る          Top