お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

りさ  年齢:20代半ば お仕置き経験:5人 彼氏:有り パートナー:無し

2020年9月18日掲載
お仕置き感想提出人数:通算227人目 


京介さん

今日はありがとうございました(*´艸`*)
久しぶりのお仕置きはお尻が痛かったですし、
京介さんのお叱りもちゃんと心に響きましたよ!

感想などを事前に読んでいたので、黒ずくめの強面の方が来るのかな?と思っていましたが
実際は俳優の〇〇〇〇さんを若くした感じのイケオジが来ました!!笑
(会った時は〇〇〇〇さんの名前が出てこなくて、帰りながら検索しました。笑最近〇〇の再放送見たせいかも?)

冗談はさておき、京介さんも、案内して頂いたお部屋もとても清潔感があり落ち着いてお話しを聞いていただくことができました!
自分の人生を振り返るようなカウンセリングを受けて、話しながら自分でも昔を思い出して楽しかったです。
私の倫理観や刺激的な人生も、一人の人にここまで深く話したことがなかったので、京介さんは聞き上手だな〜と終わった今は思っています。

沢山話した分、リラックスできたのでお仕置きモードに切り替えるのが自分の中で大変でした。ニヤニヤしちゃてすみません(・ε・`*)
でも手を引かれてお尻を叩かれはじめたらそんな気持ちも飛んでって、お道具でペンペンされるまではちょっと痛い〜やだ〜って感じで甘えモードに入ってました。

お道具を目の前に並べられて、恥ずかしいけどこれからこれで叩かれるんだドキドキみたいなちょっと楽しみな気持ちだったのが、竹の物差しの痛さに全て持っていかれました笑笑
まじで痛くてこれは私我慢できないかも…と

痕を残したくないので、かなり手加減してもらっているのでしょうが、やっぱりお道具は痛くて心から反省できました。
やっぱり痛みが限界値までこないと私は心から反省できないのかもしれません(((( ;゚Д゚)))
ケインも初めて使われましたが、痛くて何回か座り込んでしまいました。最初から10回づつと回数を決めてもらっていたので、なんとか深呼吸しながら耐えられました。

途中で丸椅子に乗って平手でペンペンされたのですが、体が椅子に乗っているので逃げ場がなくて辛かったです(>_< )( >_<)
逃げれない分お尻に響くいたーい平手を受けてちょっとはいい子になれたと思います♪

今回は彼にバレないように痕を最小限にしてほしいという希望を出したので、かなり手加減して頂いたのかな?と思います。
(お仕置きの内容的にはこんなもんじゃ済まないのはよくわかってます、、、笑)
終わってみて、お仕置き中は痛くてもう無理ーって感じでしたが今は帰りの電車の椅子に座るのがちょっと痛いかな( ;∀;) くらいで少し寂しく思っています。

お仕置きを受けて今回反省できたのはまだまだ一部で、これからもっと自分の好奇心や万引き癖とちゃんと向き合って自制できるようにならなきゃなと思いました。
そのためにまずは1日1日の積み重ね!ですよね(*´∀`)?

また受けたいなと思えるお仕置きでした!
ありがとうございました。





京介コメント

りささんがお仕置きを始めて意識したのは小学5年生の時にディズニーランドに行った時だそうです。
一緒に行った友達がお父さんに怒られてお尻を平手でペンペンと叩いているのをみて、その時にドキドキして自分もされてみたいと思ってしまったそうです^^;
それまでアニメや絵本などでもお仕置きシーンを見た覚えがなかったそうなのですが、いきなり目撃して叩かれたいと思うとはすごいですね・・・。

それからは中学生になってからで少女漫画にお仕置きというセリフや描写がたまに出てきていたそうですがだいたいはそこからエッチな流れになり、思春期もあってかそういうとこから興味を持つようになってネットで調べるようになったそうです。
初めはSMっぽいエッチなお仕置きしか知らなかったのですが、そこから自分の好みの物を追及していった結果スパのお仕置きの世界を知り、家庭的なお仕置きを好むようになったそうです。

また、お仕置き経験は5人ほどいたそうですが、最後にお仕置きを受けたのは5年前ということでした。
最近どうしても直したいことがあった矢先に私のサイトを見つけ数日で依頼のメールを送ったそうです。

今回のお仕置きは万引きがやめられないこと。
お仕置きレベルは厳しめですが、彼氏と週末に会うのでそれまでに痕が目立たないようにということでした・・・。
つまり厳しめと依頼しつつ厳しめは無理って事になります^^;
まぁそういう理由であれば5日ほどで目立たなくなるような形でお仕置きをするしかありません・・・。

万引きについてはしっかりとお説教をしていったのですが、目が合うたびにりささんはニヤニヤ^^;
本気で直す気あるのかどうか・・・。
キーさんには珍しいタイプで、見た目は真面目には見えずイケイケギャル的な雰囲気で、その上でこの態度・・・。
こういう生意気そうな子にはガツン!と痛い目に合わせなきゃとつい思ってしまいました^^;

しかし膝の上に乗るように言ってもニヤニヤとしながら乗ってくる始末・・・。
まずはスカートの上から平手で叩くとすぐに「痛い、痛い」と反応を見せてきます。
いままで勢いよくおしゃべりしていたのが、お仕置きに入るとしおらしい態度になっていました^^;

しばらくその体勢でお尻を叩いた後に、スカートをまくって下着の上から更に叩くと、すでにお尻がうっすら赤くなっており、叩くたびに声を漏らし痛そうに訴えるのですが平手の力は結構軽めです^^;

そして下着をゆっくり下ろそうとすると下ろされまいと手で下着を上げてしまいます。
手を元に戻したのでもう一度下着を下ろすと今度は手が出て来ず、覚悟が決まったようです^^;
そのまま生尻に平手でペンペンと叩くとだいぶ痛かったようで、「痛い、痛い、やだやだー」と声が出てきてお尻もすぐに真っ赤になってきました。

そして今度は私が床の上に正座をして、その上にりささんを乗せてのお仕置きです。
まずは竹の物差しで一発ピシッ!っと叩くと「痛い~やだ~」と声が漏れ、そんなに強く叩いているわけではないのですが、本人はとても痛いような反応を見せてきます。
そのまましばらく叩いた後に、プラスチックの定規と大き目のしゃもじ、木製パドルを使って軽めですが数発ずつ叩いていきました。

その後立たせてテーブルの上に肘をつかせてお尻を突き出させた状態にさせて少し反省するように時間を与え、その後に極細のケインを使用。
軽めに一発叩いただけなのに「痛い!」といって大騒ぎ^^;
10回を宣告して叩くのですが、2,3発目でしゃがみ込んでしまい、立たせてまたピシッ!っと叩くのですがまた座り込み、その繰り返しでなんとか10回を叩き終えました。

次に細めのケインを出してこれも10回を宣告。
軽めに叩くのですが、時折しゃがみ、それを立たせ、最後の一回は多少強めにピシッ!!っと叩くと「痛い!!」と大声を出してしゃがみ込んでしまいました・・・。

その手を引っ張り今度は丸椅子の上に腹ばいにさせて今度は平手でペンペンとしていきました。
手が出てきてお尻をかばうので、その手をつかみながらペンペン。
痛いとか嫌だはたくさんいうのですが、ごめんなさいは一言も出てきません^^;

最後にベッドの上に来るようにいいお説教をしながら叩き、最後に100回を宣告すると、「ヤダ」
そんなわがままには耳を貸さずに手を引っ張り膝の上に乗せて平手で叩いていきました。
最後の20回は強めに叩いていったのですが、最後のごめんさいが言えず、更に20回追加です。

その20回もごめんなさいが言えずに、更に20回を追加・・・。
最後の20回は強めに叩いていたのですが、いつまでもごめんなさいが言えないので更に強力に平手で叩いていくと、今度はしっかりとごめんなさいが言え、今回のお仕置きを終了としました。

ちなみにりささんの感想で俳優の誰かに似ているという部分は省きました^^;
人によって見た目は違いますし、私のことを怖いという人もいれば優しいという人もいて、普通のおじさんなんていう人もいますから、固定観念を持たないようにあえて省きました。”会ってがっかり”なんてことにならないようにです(笑)






            戻る          Top