お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

るりこ  年齢:20代前半 お仕置き経験:無し 彼氏:無し パートナー:無し

2020年9月4日掲載
お仕置き感想提出人数:通算226人目 


今日はありがとうございました。

待ち合わせ場所に行くまでは、自分が何乗っているかわからないくらいに、凄く緊張していました。
着いてからは、黒で特徴のありそうな人を探していました。
多分この人なのかなと思っていたらそうでした。

第一印象は、全然怖くなかったです。
雰囲気や服装は、会社に居そうな感じでした。

部屋に着いてからは、緊張が増しました。
なので、緊張が少し解けるまでの記憶が曖昧になっています。
過去の話を聞かれたときは、緊張より自分の隠していた部分を知られてしまうという恐怖や不安、更にキチンと言葉に出来ているのか、その言葉が合っているかという事が気になりました。
私の中では、期待や望まないと決めたと思っていましたが、実は出来てないと気づけました。

暫くして、コップをしまいだしたので始まるとわかりました。
実は、最初の何発かは痛かったはずなんですが、それを痛みと認識するのに時間を要しました。
まあ、認識しても言うのが怖くて言葉に出来ませんでしたけどね。

どんどん叩かれて、感覚的に威力も上がっている感じで、勇気出して痛いと言った後に、頭撫でながら話されている途中から涙が出てきて驚きました。

机に肘ついて叩かれたのは苦手かもと思いました。
最後30回宣言の後で痛くすると言われました。
その時に、100回にする?と言われました。お断りしましたけども実は少し叩かれてみたいなと思っていました。
手でかばったらやり直しと言われたときからの痛みは、今までが嘘みたいに滅茶苦茶痛かったです。

お仕置きが終わった後に、抱きしめや、ポンポンされたのが嬉しかったです。
話しているときに、また来てもいいことや居場所にしても良いと言って貰えたことで救われました。
少しずつでもいろいろなこと言えるように頑張ります。





京介コメント

るりこさんがお仕置きに興味を持ったきっかけは小学4年生くらいの頃、アニメ「メジャー」でのお仕置きシーンだったそうで、とても衝撃を受けてあんな感じで叱られてみたいなぁと思ったそうです、他には「ドラゴンボール」でもそういうシーンを見かけてドキドキした思い出があるそうです。

中学校に上がってからは自分でパソコンを持つようになり、「お仕置き」というワードで検索しはじめ、中学1年生の秋くらいに私のサイトを発見したとのことですが、それは私がサイトを開設した2011年の事でした^^;
小説なども見ていたそうですが、高校に入った頃から部活にバイトに忙しくなったのと、お仕置きにはまってしまっている自分が嫌になり、お仕置きのことはたまに脳裏に浮かんでもあえて考えないようにしていたそうです。

大学4年の秋くらいになって環境が落ち着いてきて、その頃にまたお仕置き欲が再燃。
今年就職したのですが、体の不調がきっかけで、今のうちにやりたいことはしておこうという気持ちになり、お仕置き依頼をしたようです。

今回の反省内容は自分では気にしていることですが、それは過去のいろいろな養育環境からしてしょうがないことでもあったので、悪い事認定はできず、自分の中の罪悪感の払拭と、これから自分を変えていくという意味でのお仕置きとなりました。

今回のお仕置きレベルはお任せで、道具のNGはなかったのですが、養育環境から考えて道具を使用すると逆効果になることも考えられたので、今回は平手のみにすることにしました。

お説教の後、膝の上に乗るようにいうと戸惑った感じで固まっていたので、手を引っ張り誘導し、膝の上に乗せました。
ズボンの上から平手でペンペンと叩き、念のため「痛い?」ときくと「痛いです」と返答してきました。

その後ズボンを下ろして下着の上から叩くと、やっと「痛い」と声を出して言うようになりました。
しばらく叩いた後に下着を下ろし、お尻を丸出しにしてお尻ペンペンしていきました。

次に床の上に私が正座をしてその上に乗らせてお尻を叩いていきました。
今回は感情の問題でなかなか直すのは難しい部分だったので厳しめで叩いていきました。

強めに叩いていくと痛いのか、お尻にキュッと力を入れて必死に我慢しているようでした。
お尻の真ん中あたりを叩くと更に痛いようで、時折「痛い!」と声が漏れてきます^^;

次に立たせて机の上に肘をつかせてお尻を突き出させた姿勢でお尻ペンペン。
お説教をしながら叩いていると鼻をすする音がし、泣いているようでした^^;
涙も流せなくなったといっていたので、これまで麻痺させていた感情がお仕置きによって少し戻ってきたのかもしれません・・・。

そして場所を移動し、丸椅子の上に腹ばいにさせて四つん這いのような姿勢にさせてお尻を叩いていきます。
90度になって少しお尻が張った状態なので余計に痛いのか、シクシクと泣きながらも痛みを必死に我慢している感じでした。
そして涙が出ていたのでティッシュを渡して涙を拭かせてから、しばらくその格好で反省するようにと指示しました。

しばらくして「あと100回で終わりにするからこっちにきなさい」とベッドの上に正座をしている私の膝の上に来るように言うのですが、「え?まだ???」というような感じの苦笑いで固まってしまいました…。
3回くらい同じセリフを言うと、るりこさんは渋々私の膝の上に乗ってきます、相当痛かったんでしょうね^^;

そして再度お説教をして強めにお尻を叩いていき、残り30回になった時に、「今からメチャクチャ痛くするから覚悟してお仕置きを受けるように」と警告をしてお尻を叩き始めると、体をひねって避けるような感じのこれまでにない反応をし「痛い!」「痛い!」とメチャクチャ痛がります^^;

それでも容赦せず、しっかりと気持ちが切り替われるようにと相手に伝えながら、バチン!バチン!と30回を叩き終わりました。
が、最後にごめんなさいが言えず…。

「サイトの感想は全て見ているという話だったのになんでごめんなさいが言えないんだ?」と指摘し、追加10回することに^^;
これまた思いっきりの平手をベシッ!ベシッ!ベシッ!と10回叩き、最後にごめんなさいが言えたので、今回のお仕置きは終了としました^^




            戻る          Top