お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

あいこ  年齢:30代前半 お仕置き経験:8人 彼氏:無し パートナー:無し

2020年1月24日掲載
お仕置き感想提出人数:通算214人目 


京介さん今日はありがとうございました。
とても反省できました。

駅での第一印象は怖いお兄さん
移動中は少し緊張してましたがお部屋に着くといつのまにかリラックスしてました。
かすかに癒しの音楽流れてましたよね?
ソファに座ってお話ししてる時もリラックスしてました。

正座させられて怒られてる時は本当に反省していましたが本当の反省はここからでした。
この後は膝の上で容赦ないお仕置きが待ってました。
下着の上から叩かれてた時痛かったのに下着を下ろされたらすごく痛かったです。

定規やブラシなどいろんな道具で叩かれて痛かった。
でもこの後はそれどころじゃないくらい痛い思いをしました。
膝の上のお仕置きがマックスの痛さだと思ってたら大間違いでした。

まだまだお仕置きは続き
立って机に手をおいてお尻を出したまま靴べらと布団叩きでたくさん叩かれた時もぉ無理ーって思いました。
いつ終わるのかもわからないし。
すでにお尻はかなり痛かったです。

でも本当に反省させられた痛いお仕置きはここからでした。
丸イスにのって平手で何回も何回も叩かれた後ベッドに手をついて靴べらと布団叩きで10回ずつ叩かれました。
この10回がもう痛すぎて痛すぎて、、、

もう無理って目で訴えてましたが少しも意味なくどんどんお尻は痛くなるばかり。
今まで経験したことのないくらい痛かったです。
本当に一回一回が痛すぎました。

これで終わると思ったら最後に平手100回。
逃げるに逃げられず。
止まってもくれず。
本当に鬼でした。

でもそのおかげでとーっても反省できました。
道具も要求した通り家庭的な道具でお仕置きしてくれましたが、、、
どの道具でも痛いのは痛い!!てことが身にしみてわかりました。

今日はお仕置きを受けて心がスッキリして帰れました。
ありがとうございます。
でもお尻はまだまだかなり痛いです。
しっかり反省したい時はとてもおススメです。






京介コメント

あいこさんはお仕置きに憧れがあるキーさんではありません。
小さい頃から母親にお尻ペンペンのお仕置きをされ、それは小学校低学年くらいまで続いたそうで、痛いし怖いし、お仕置きに憧れなんてとんでもないことで、とてもとても苦痛で嫌なものだったそうです。

小学校高学年になるころには家庭でのお仕置きがなくなったのですが、小学校の担任の先生がお尻を叩く人だったそうで、何か叱られるとお尻を叩かれていたそうです。
中学校に上がっても体罰でお尻を叩く先生がいて、高校生になると部活で監督にお尻を叩かれ、それは大学生になっても続いたそうです^^;

社会人になるとその苦痛であったお仕置きから解放されたのですが、今度は自分が悪いことをしてしまったり、自制ができないことがあるとそれに対してなにも罰を受けない自分にこのままでいいのかと自問自答するようになっていったそうです。

結局罪悪感だけが残り、そういうのを払しょくできないかとネットで調べたらすぐにお尻叩きのお仕置きが出てきたのですぐに連絡を取り、6,7年前に初めてネットで会ってのお仕置きを受けたそうです。
それから掲示板で探すようになり、1年に1,2回お仕置きを受けているとのことでした。

これまでパートナーを作ったことはなく、反省しなければならないことがあった時にその都度相手を探すというスタンスということでした。
そして今回は過去にしてしまった万引きについて反省したく、たまたま見つけた私のサイトに依頼をしてきました。

お仕置きレベルは厳しめで、8人の経験があり、痛いお仕置きも経験済みということだったので、私とは初めてでしたが、要望通り厳しめでお仕置きすることいにしました。
ですが、かなり痛みに弱かったみたいでしたね(笑)
また道具は家庭にあるような道具のみ希望で、スキンシップは無しという依頼でした。

お説教の後、膝の上に乗るように言い、まずは服の上から平手でお尻をペンペンしていきました。
その次にスカートをめくってペンペンすると小声ながらに「痛い、痛い」と声が聞こえてきました…。

その後下着を下ろして叩くと痛い痛いと普通に訴えてきました^^;
厳しめなので、まだまだ痛くなるのに大丈夫かな?と思いつつお尻を叩いていきます。

次に道具を目の前に並べてまずは竹の物差しで叩いてみるともう無理とばかりに「痛い!」と反応してきます…。
何度か叩いた後に、大き目の定規。
その後、木ブラシ、小さめの靴ベラ、しゃもじを使い、連打で叩いていきましたが、あいこさんはかなり痛がっていましたね^^;

次に立たせてテーブルに手をつかせて長めの靴ベラで叩くと飛び跳ねるように痛がります^^;
ゆっくりと時間をかけて何度か叩き、その次に布団叩きでビシッ!っと一発叩くと、これもかなり痛かったようで、お尻をよけてしまいます。

目は「もう無理」と訴えているようでしたが、厳しめとの要望だったのでまだまだ終わりません。
そのまま布団叩きで連打をしていきました。

場所を変え、丸椅子の上に腹ばいにさせ、平手でしばらくお尻を叩いていきました。
次にベッドに手をつかせて、靴ベラ10回、布団叩き10回、平手を100回で終わりにすると告知。

まずは靴ベラで強めに叩いていくと、一回ごとにお尻をさすり、時間をかけて姿勢を戻し、かなり痛がっていましたが耐えて、最後の一回はかなり強めに叩きました。
次に布団叩きも強めに叩き、途中「もう無理です」といっていましたが、ここで終わらすわけにもいかず、あいこさんが姿勢を戻すまで待ち、何とか9回を叩き、最後の一回はかなり強めに叩きました。

やはりお仕置きに憧れがなく、恐怖しかないのでそういう意味でも嫌だったんでしょうね^^;
そして最後は膝の上に乗せて平手で100回です。
ペンペンと叩いていったのですが、最後の一回で姿勢を崩して叩けなかったので、残り一回プラス追加20回をすることにしました。

今度は手も出さずにしっかりと我慢し、強めの連打でお尻を叩いていき、最後にごめんなさいが言えたので、今回のお仕置きを終了しました。

かなり痛がっていましたが、これまで痛いお仕置きを受けたというのはかなり軽かったみたいですね^^;
経験8人というのでかなりの痛みに耐えられると判断したのもありましたが、経験人数も8人だったのである程度厳しくはしましたが、そもそも愛子さんはかなり痛みに弱いタイプだったようです。

しかし結果このくらいの痛みで本人もすっきりしたようなので結果オーライです(笑)
喉元過ぎれば熱さを忘れるということわざがありますが、お尻ペンの痛みも終わってみればスッキリするものなんでしょうね^^





            戻る          Top