お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

さえ  年齢:20代半ば お仕置き経験:無し 彼氏:有り パートナー:無し

2019年12月20日掲載
お仕置き感想提出人数:通算211人目 


昨日は本当にありがとうございました!!
初対面の人に心開くのなんか無理じゃない?って思ってたけど、誰かに頼らないとマジで直せないかもって勇気出して依頼メールしてみましたが正解でした(о´∀`о)

私は時間通りに動くのが苦手なので当日は遅刻しないように必死で待ち合わせ場所に着くまで緊張はほとんどしなかったです。
着いてから急に緊張してきて。笑
で、割りと直ぐに声をかけられて、「心の準備がまだなのにー!(*_*)」って思ってました。

第一印象は靴が尖っててこわい。けど目は優しそうって思いました。
でも念のためすぐ逃げれるように、わざと死角に入り少しだけ距離を取って歩きました。笑

お部屋に着いて、小学生から今に至るまでの話やお仕置きに興味を持ったきっかけの話をしました。
お仕置きのきっかけの話をするのはめちゃくちゃ恥ずかしかったです(*_*)
「お仕置きって言えないの?笑」とか「具体的にどういうの?」とか言ってくるし。
恥ずかしいの分かっててわざと言ってるでしょ?(>д<)って感じでした。笑

ある程度お話ししてから、道具を見せてくれました。
種類多すぎだし、ヒュンヒュン振りだすし、「え?マジで無理!絶対痛いじゃん!あんなんで叩かれたら終わる( ;゚Д゚)」って思いました。笑
綺麗なものはジャンル問わず好きなんですが、あの布団叩きの美しさには共感できませんでした笑

「正座できる?」と言われお説教が始まりました。
諭すように叱られるお説教は生まれて初めてだったので、こんなにも頭にも心にも言葉が入ってくるのか!と思いました。
突きつけられてると言うか、ストレートに入りすぎて精神的に逃げ場がなくて泣きそうでした。
態度は悪かったと思いますがちゃんと聞いてましたよ。

「膝の上に来なさい」って言われてから、なんか叩かれるのがめっっっちゃ怖くなってだいぶぐずぐずしてすみません(>_<)
もう反省したし、ちゃんと約束も守るからお仕置きは嫌だって思ったけど、今まで自分の体に負担かけてたことに対して罰を受けないとだめ的なことを言われ確かにって思いました。
でも本当に恐くてなかなか勇気がでなかったです。
でも怒鳴らないで待ってくれてありがとうございました。

で、いざお仕置きが始まって、やっぱり嫌だ!って気持ちと頑張れば逃げれるかも?って気持ちで終始暴れまくって本当に本当にすみませんでした。
1ミリも我慢しないで1週間分の体力を使って全力で抵抗しました。笑
いっぱい抵抗させてくれたのが嬉しくて最後の方、少し笑ってしまいました。でもちゃんと反省もしたので!

自分でもあんなに暴れると思ってなかったです。
今まで怒られたら、嫌われないようにとか顔色とか気にしてて。
そうすると自分の感情とか意見を全部無くさないといけなくて。

多分、そう言うの一切考えずに反抗ってのをしてみたかったのかもしれないです。
でも、もし次回お仕置きされることがあったら少しは暴れないで我慢します。

お仕置き後すぐに甘えさせてくれて、幸せがどんどん満たされていくのが新感覚で不思議でした!
「本当はそんなに痛くなかったんじゃない?笑」って言われたけど、あんなに何回も叩かれたら普通に痛いです!
なんか時々強く叩いてくるし。(>д<)
でも道具使われないでマジで助かったって思いました!

「夜中知らない内になんか食べてるんじゃない?笑」って言われ、気になって彼氏に聞いてみましたが、食べてないそうです。
気付かない内に食べてたらめちゃくちゃ楽でいいのにって思ってしまいました。笑

彼氏と一緒に食べるっていうのを提案してもらったときは「うーん」とかって否定してしまったけど、帰り道に色々考えてたら、実践する前に否定するのは違うかなって思って、やっぱりとりあえずやってみようと思いました。

昨日の夜はシーフードリゾットを作って彼氏と一緒に食べました。
ご飯食べるのめんどくさいなって思っても彼氏が帰ってきたら強制的にご飯食べるって流れになるので効果的だなって思いました。
途中めんどくさくなってもういらないって思ったけど、頑張って最後までちゃんと食べました。
サプリメントも買って飲みます。

咀嚼をめんどくさがり続けたらどうなるのか、栄養不足が続いたらどうなるのかをちゃんと調べなさいって言われたけど、一旦調べないでおきます。
「は?」って思わないで!笑
調べるのがめんどくさい訳ではなく、今はお仕置きされたばっかりでちゃんと約束守んなきゃって想いが強いから大丈夫だけど、それを保つのがしんどくなってくるはず。で、そのタイミングで調べようと思います。

多分恐ろしい内容が書いてあるんでしょう。笑
そしたらまた「ヤバイ!ちゃんとしなきゃって!」って思い直せるかな?って。
新鮮な情報の方が精神的にインパクトあると思うので。なので敢えてまだ調べません!笑

お部屋出るとき、自分ではちゃんと靴揃えてたつもりなのに少しずれてて、「今度から、こういうのもお仕置きだからな」って言われ、「マジか!(*_*)」って思いました。
でもそう言う細かいこともちゃんとできるようになりたいと思いました。

最後の最後に、「ちゃんと約束守るんだぞ」って言われて改めて、頑張ろうって思うことができました!
「感想は長く書いて」って言われて、めんどくさいって思ったけど、まあまあ書けたかと。






京介コメント

さえさんは2か月前まではお仕置きに全く興味ない普通の子でした。
お仕置きに興味を持ったきっかけは、さえさんの好きなバンドであるサカナクションの人がやってるラジオで放送されたバイノーラル音源というものをどんなものかとYouTubeで検索していたところ、そこにサカナクションとは別の音源が出てきて、それがお仕置きの一人芝居のようなバイノーラル録音というものだったとのこと。

そしてそれを聞いてしまい、聞いていくうちに影響されていったそうです。
これまでは感情的にしか怒られたことはなかったので、このお仕置きの一人芝居に感銘するところがあり、更に自分も直さなければならないことがあり、そう思っていたら急激にお仕置きに興味を持ち始めたという異例のキーさんでした^^;

ちなみにバイノーラルとは特殊な音響効果の一つで、その音源をイヤホンやヘッドホンで聴くと、その場に居るような臨場感を味わえるものだそうです。
それを検索していたらお仕置きの音声にたどり着き、そこからいろいろと検索をして私のサイトを見つけたそうですから、面白いものですね^^

今回の反省内容は、食事をほとんどとらない為に不健康になり、様々な症状がでてきており、そのことで周りにも心配をかけてしまっている事でした。

お仕置きレベルはお任せとのことでした。。
まずはお説教をして膝の上に呼ぶとさえさんは後ずさります^^;
手を伸ばすと更逃げていき、「お仕置きするから来なさい」と何度も言っていると、「反省したからもういい」「お仕置きはいらない」と何度も言い、挙句の果てには泣いてしまいました(汗)

今回は初めてだし、もともと幼少期からお仕置きに憧れていたわけでもないので、さすがの私も戸惑ってしまい、この「嫌!」は本気中の本気なのかな?という思いがどんどんと強くなり、お手上げ状態・・・。
初めてなので、もし本気であればお仕置きはしないことにしようと思ったのですが、そこは相手の腹を探らなければなりません。

なので優しく諭すようにお仕置きの必要性を説いたり、逃げていた場所からまずはソファーに座るように促したり、やんわりと説得をし続け、ようやくお仕置きを受ける気持ちになったようでした^^;

そして膝の上に乗せてズボンの上から平手でお尻を叩いていきました。
しばらく軽めに叩いた後にズボンを下ろし、下着の上からペンペンしていると、とても痛がってきます・・・。
そして下着に手をかけようとすると急に暴れだしてきました^^;

NGはなかったので、なんとか下着を太ももまで下ろしてお尻を叩いたのですが、生尻を叩いてからはもう暴れて暴れて大変でした^^;
初めてじゃなければ力ずくで押さえつけることもできるのですが、初めての子はどういう心境かが計り知れませんから私も大変なんです(笑)

とりあえず軽めにペンペンするも、「もうやだ、もう終わり」と足をバタバタさせ、体勢をひねり、叩けないように大暴れです…。
そしてとりあえずソファーから床の上に私が正座をし、さえさんもそのまま膝に乗せて叩くのですが、今度はファイティングポーズをとって私にパンチをしてきます^^;

少し落ち着かせた後にベッドの方に連れて行き、なんとか膝の上に乗せて100回を宣告しました。
「やだ、もう終わり!」しか言わないのですが、最後100回はお決まりなのでそこを許すわけにもいきません。

抵抗をし続けるのですが、なんとか50回叩き、残り50回がもう暴れて暴れて大変でした^^;
なんせ初めての子なので、そこまで強引にできず、それでも残りの50回を叩かなければならず、大変な苦労です・・・。
時間をかけながらもなんとか最後までペンしたのですが、最後にごめんなさいが言えず、10回追加を言い渡しました。

もちろん嫌がりましたが、それでも10回叩き、最後にはごめんなさいが言えたので、今回のお仕置きを終了としました。
しかし初めての子が本気で抵抗すると私的には非常に困りますね^^;
ま、2回目からはこういうことがあっても容赦しませんからね^^




            戻る          Top