お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

みき  年齢:30代前半 お仕置き経験:無し 彼氏:有り パートナー:無し

2019年11月15日掲載
お仕置き感想提出人数:通算206人目 
前回カウンセリングで来たみきさん(感想203人目)の初お仕置きです


京介さんへ

今日はありがとうございました!
感想、忘れないうちにお送りしますね!

前回、カウンセリングの時に卒業するには経験をした方が良いと言うことで今回はお仕置きを受けることになり初!お仕置きとなりました。

集合場所に着き、最初はカウンセリングのような会話からスタートでした。
緊張してる?と聞いて頂き「はい」と答えてしまったのですが、どちらかと言うと初お仕置きにいつ始まるのかビクビクしてしまっていたと言う方があってるかもしれないです。

カウンセリングの時からサイドテーブルいきなり外すので、メールで少し話していたのでえ?もう?みたいな感じでビクビクでした。
そして、皆さんの感想にあるように正座からスタートかなぁ、、、と思っていたのですがそれはなかったですね?

多分、事前のカウンセリングで叱られながらのお仕置きに憧れがある!と言うことを言っていたので悪い事の確認のみで、要望通りのお説教の仕方でした。

しっかりと悪い事の整理をして頂き、なぜ悪いのかも説明して頂いてから、お仕置きとなりました。
まず、ソファーの上で服の上からお説教を頂きながら叩いて頂きました。
何回か叩かれた後、下着の上からも叩かれましたが、あれは本当に下着の上からでしたか?
連続で叩かれた時は、下着から出ている肌の部分を叩かれたようなヒリヒリした感じがしました。

そして最終的に下着もいらないなみたいなことを言われ取られてしまいまた連打で叩かれました。
この時か曖昧なのですが、お尻の真ん中を叩かれることに憧れがあったのですが、ドキドキしてる余裕がなかったです。
ずっと「イヤ」と「痛い」ばかり言っていて一回「嫌じゃない!」と言われてしまいました。

膝の上でも、二回程体勢が変わり、手を塞がれて支えるものがなくなった時はどうしよう、、、と言う混乱が少しありましたが、声で分かって下さったのかあまり長い姿勢ではなかったです。

そして、ソファーから降りて正座の上から叩かれました。
そのまま叩かれないで、そのままで反省しなさいとお尻出したままのときは恥ずかしくて顔をカーペットに疼くめていました。
あの恥ずかしい時間が一番怖いし嫌です!

ずっとイヤイヤ言っていて、正座からも解放されおわりかな?と思っていたら、まだ終わりじゃないと告げられ机に手を突いてのお仕置きでした。
足を何回も崩してしまい直されて、叩かれてを繰り返し、またそのままお尻出したまま何もされない体勢に、、、。
反省する時間として頂いていたのですが、余計に頭真っ白でした。

その後に担がれてのお仕置きもありました、、、。
ですがなんだか、あまりお仕置きに感じなかったのは今まで見たことない体勢だったからかもしれないです。
ちょっと高くて違う意味で怖かったです、、、。

次にベッドに連れて行かれ、何についてお説教受けたのかを自分の口で言うように言われました。
なかなか言えず、その度にぺん!を頂きました。
お仕置き体勢から冷静に改善策を言える余裕ないですよ、、、泣

そして、最後ベッドで100回と告げられました。
「え?100!?」と言ってしまったのですが、以外に絶望的に終わらないと言う感じはなかったです。
ただ、連続で叩かれ、ごめんなさいが言えなくて追加になってしまい涙がでてきてしまいました。
涙がでた理由を聞かれた時に、怖かったと答えましたが、怖かっただけじゃなかったと思います。

今まで、しっかり叱られることに自分が向き合っていなかったので愛情を持って叱られることへの安心感とそれに痛みがあったことで感情的になり涙がでたみたいな感じだと思います。
あの涙が何か、自分でもあんまりよく分かってないですが、京介さんのお仕置きもお説教も理不尽の怖さは一切なかったです。

また、超軽め?軽め?でやって頂いたのでこんなことを言ってしまって良いのか分からないのですが、痛さは後からはそれほどありませんでした。帰りのバスも電車も普通に座ってましたね。お尻は真っ赤なんですけどね笑

どちらかと言うとお尻熱い!って思いました。経験だけでもって方は軽めがおススメです笑
そして、その後はスキンシップして頂きました。
私は、ただ、痛いだけでなく愛情あるお説教、お仕置き、アフターフォローのあるお仕置きが好きなんだなと実感しました。

ちょっと恥ずかしかったですが、スキンシップは頭を撫でられたりして下さいましたが、いやらしさはなく本当に愛情あるものでした。
でも、お仕置きは終わりって言われたからって油断しちゃダメですね!
痛み強いかも?とほかの話で(決してお尻の話じゃないです)言うと「そう?」みたいな流れで自然にお尻叩かれそうになったのは全力で阻止しました。
余計な一言なんか言っちゃダメです!笑

今回、ただ叱られたりする理不尽さはなくちゃんとお尻や精神面も気にしながらお仕置きをして下さりありがとうございました!
ちゃんと約束したこと!守っていけるようにちゃんとした大人になりたいなと思いました。

意地っ張りな私なので、すぐに約束破ってしまうかもしれないのでまたお世話になるかと思いますがその時はまた、よろしくお願い致しますね!
そして、今回イヤイヤいっぱい言い過ぎてしまいごめんなさいでした。
でも次があったらまたたくさん言っちゃうと思いますけど。笑





京介コメント

お仕置き感想203人目のみきさんです。
前回はカウンセリングのみだったのですが、今回は初お仕置きなのでその感想です。
お仕置きに目覚めたきっかけやこれまでの経緯については過去の感想を参照してください^^

今回の反省内容は仕事で納得できないことがあると顔に出てしまったり、わからないのに理解したふりをするところ、レポートの提出期限を守れないことということでした。

また、お仕置きレベルは「超軽め」で、平手のみ、四つん這いの体勢はNGという要望でした。
それとみきさんはキー卒業を目指しているとのことなので、欲を薄めていくように、いろいろと模索していくようなお仕置きを今後していくこととしました。

今回はみきさんの理想でお説教は正座ではなく、膝の上でお尻ペンペンされながらされたいとの事前の話があったので、反省事項についていろいろと話を聞いた後、膝の上に乗せお尻ペンペンの体勢でお説教を始めました^^;

お説教をしている時にみきさんが言い訳をすると服の上からお尻をぺチンと叩き、返事の反応が遅かったりしたらお尻をぺチン!
こんな感じでお説教をしていきましたが、みきさんは服の上から軽くぺチン!と叩くだけで「痛い!嫌!」と過剰反応^^;
その後もうだうだとしてはっきりと返答しないので、スカートをまくり下着の上からお説教しながらペンペンをしていきました。

叩きながらのお説教を終え、下着を下ろそうとすると、恥ずかしいのか、必死で下着を上げようとしてきます^^;
それをまた私が下着を下ろし、また手がかかり、、、の末、しっかりと下着を下ろし、生尻をペンペン。
軽めに叩いているのに「いたい!いや!いたい!あ」と叩くたびに過剰に反応して痛そうに反応してきます。

今回は道具無しで平手のみだったので、その体勢のまま手を後ろに固定してペンペンしたり、立たせて机に手をつかせてペンペンしたりし、そのままのお尻を出させたままの姿勢でしばらく反省をさせたりしました。

そしてベッドに来るように言い、その場で今回の反省内容と今後どうしていくかをみきさんの口で言わせ、その後平手で100回を宣告。
膝に乗せようと腕を引っ張るとすると「にゃん」だか「やん」だか猫のような声を出してきます・・・。

そのまま平手で軽めに叩き続けるも、すでにみきさんのお尻はピンク色に染まり、「痛い、やだ」をずっと言い続けながら100回を叩いたのですが、最後にごめんなさいがありません。
当然追加です^^;

20回を追加し、少し強めに叩いていき、今度は最後にごめんなさいが言えたので、お尻ペンのお仕置きは終了。
最後は立たせて反省させたのですが、鼻をすする音が・・・。
あんなに超軽めに叩いたのに泣くことはないだろうと思い、顔を見ながら「泣いてるの?」と聞くと、顔を背けて首を振ります^^;

その仕草から泣いていることが分かり、痛みで泣いていることはないだろうと「怖くて泣いちゃったの?」と聞くとコクンと頷きます。
「んーー、これで怖いとか言っているなんて精神的には小学生レベルか!」という感じで少し笑ってしまいましたが、みきさんの感想を見るとそれだけでもなかったようで(笑)

ま、お子ちゃまというより、感受性豊かということにしておきましょう^^




            戻る          Top