お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

れな  年齢:20代前半 お仕置き経験:無し 彼氏:無し パートナー:無し

2019年10月4日掲載
お仕置き感想提出人数:通算200人目


京介さん、昨日はありがとうございました!

初対面の人と話すことに私が慣れているせいか、ただ実感が湧かなかったせいか、全く緊張することもなく当日を迎えました。

第一印象を楽しみにしていたのですが、確かに黒いけど普通の人だなぁと思っていました。
話してみると、意外にも口数が多い人じゃないことにびっくりしました!話は振ってくれるけど、基本聞き役でいてくれるので好きなだけ話してました笑

話していくうちにスパの話になり、なんとなく恥ずかしくなって話をそらしてました笑
そうしているうちに、だんだん反省内容の話になり、気づいたら指輪が外されていたり、道具を見せてもらったりすると、嫌だなぁって思い始めてきてたら顔にでてたようですね笑

今回は私がお酒を飲みすぎて、すぐどこでも寝て、だらしないこと、人に迷惑をかけてしまっていることを叱って頂きました。
お説教に移り、正座できる?って言われた時も、膝に痣があるからって言って逃れようとしたけどそこ座っても痛くならない場所ってバレて結局しました笑
でも痛いならいいよとも言ってくれて優しい人だなぁとも思いました!

お仕置きするよってなっても、膝にどう乗ればいいかよく分からず、怖いというよりも、困惑していたような気がします!

スカートの上から叩かれているうちは、痛い?って聞かれても痛くなくて、でもだんだんお尻まで行くと痛いなーってなってました。
道具を使ったお仕置きはケインが一番痛かったです。
やめてほしいって目で伝えたのに、普通に使われて、軽めだけど甘くはないなぁって感じてました!

強さを軽めから普通にしてもらっていたのに、お尻の皮膚が弱かったようで、痛みも自分的には我慢できるくらいだった割には鏡で見た時、酷くてビックリしました。

最後の甘々タイムはなんか幸せで、安心してしまい、寝ようとしてました笑
話しかけられてなかったら寝れてました笑

ベッドでリラックスしていたのに、話していたら反省内容がドンドン増えていって、焦りました!
自分では悪いことだと思っていなかったのに、話の流れがお仕置きの方向に進んでいって、なんでー?って思ってました!
あんなに頑張って言い訳したのは久しぶりでした笑 結局次の日は朝が早いということで、追加は次回にしてもらいました!

結構自分の体感的にはお仕置きがすぐ終わってしまい、痛みが意外と酷くなかったことを思うと、あれほど人に迷惑をかけたのにこれで良かったのかな?とも実は思っていました。

でも、ベッドにいるとき、京介さんにあそこに布団叩きとかもあるよって言われて、もういい〜って言ったら、じゃあいい子にしてなさいって言われて、次同じことしたら絶対これ使うんだろうなって思ったり、今日の痛みじゃ済まないなって思ったりしたのでしばらくいい子でいようかなって思えました笑がんばります!笑

この感想も書くのがめんどくさいって言ってたけど、書かなかったらやばいかなぁって思って頑張って長く書きました!
次会うとしたら、多分またお仕置きの時になると思うので、なるべく悪い事しないようにがんばりますね笑笑 ありがとうございました!






京介コメント

れなさんがお仕置きに興味を持ったのはちょっと変わった経緯でした。
高校一年生の時の友達がエッチな動画を見るのが好きで、勧められて一緒に見たそうです。
それからは自分一人でも家で見るようになり、たまたまその中にSM動画も入っていて、それからはSM動画を見るようになったとのことでした。

ただSM動画の好きなところはお尻叩きのお仕置きシーンで、その他の行為については嫌悪感や気持ち悪さがあったので、そのうち違うワードでいろいろと検索していたらスパのお仕置きと出会い、これが自分が求めているものだと気づいたそうです。

ただ、それまではお仕置きを意識することがなかったため、お仕置きに目覚めたきっかけというのが全く思い当たりませんでした。
なのできっかけは高校一年生の時にたまたま見つけたSMのお尻叩きのお仕置きシーンということになりますね。
それをもっと探求していったら求めているものがSMではなくスパのお仕置きだったということです。

そんなれなさんですが、今回の反省内容はサークルの飲み会で酔いつぶれてしまう事でした。
何度も酔いつぶれることがあり、目を覚ますとカラオケボックスだったり、友達の家だったり、ついこの間は意識を失って路上に寝てしまったそうで、さすがにこれではまずいとなって、今回依頼すると決めたそうです。

お仕置きレベルは最初は「お任せ」の「超厳しめは無し」とのことでしたが、実際お会いしてみると、怖くなったのかお仕置き自体を躊躇しはじめ、モゾモゾとしていました^^;
まぁ結局は普通から軽めの範囲内でお仕置きということで話は落ち着き、れなさんを正座させ、お説教し、そしてお仕置きとなりました。

まずは正座から立たせて膝の上に乗せて服の上からお尻ペンペンです。
痛いかどうか聞いてみると「痛くない」と返答してきます。
次にスカートをめくり下着の上から叩くと無言なのですが、痛いかどうか聞いてみると「痛いです」と返答
なにやられなさんは痛くても「痛い!」と言えないタイプのようです^^;

次に下着を下ろし、お尻を丸出しにして平手でペンペンしていっても無言で微動だにしません・・・。
もう一度「痛い?」と聞くと「痛いです!」と痛そうに返答してきます、これで本当に痛いのに痛いと言えないタイプと判明しました。
そして小さめの定規と、竹の物差し、大き目のしゃもじを使い叩いていきました。

しばらく叩いた後に立たせてテーブルの上に手をつかせ極細のケインで叩くと飛び上がるようにお尻をよけます。
強さは軽めなのですが、初めての痛みに反応したみたいです。
また、お尻の皮膚が弱いので軽めに叩いていてもお尻はかなり真っ赤っかでした。

極細のケインは皮膚にダメージがないのですが、連打で叩くとチクチクと地味な痛みがくるようです。
そして次に細めのケインを使うと、先ほどとは違う痛みのようでかなり痛そうに反応します。
何発か叩いた後にケインは残り10発として叩きました。

次に場所を移動して、丸椅子の上に腹ばいにさせて平手でペンペンです。
ケインの痛みをしっかりと耐えたので、軽めにお尻を叩いていきましたが、それでも結構痛いようでした。
その後に丸椅子の上に私が座り、その膝の上にれなさんを乗せて更に平手でペンペンしていきました。

そして最後はベッドの上に行き、膝の上に乗せて100回を宣告。
れなさんは「無理」という表情を見せるも、そこまで厳しくしないからというと渋々膝の上に。
軽めに80回叩いたあと、最後の20回は強く叩くぞ?と聞くと首を振り断固拒否。

お尻も痛そうだし、初めてということもあって「じゃあ軽めに20回にしとくか?」というと、しばらく考えた後それも首を振り、結局は強めに20回を叩くことを選択しました。
最後20回は力いっぱい叩き、最後の一発ではれなさんはしっかりとごめんなさいが言えたので今回のお仕置きは終了としました^^





            戻る          Top