お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

にいな  年齢:20代後半 お仕置き経験:3人 彼氏:無し パートナー:有り

京介さんと会った時は初対面で緊張してたのもあるけど、メールしてる間に昔のこと思い出しすぎて、気持ちがすごい不安定になって、今のカーさんと会うより前の本当に自分に自信が無くて自分が嫌いで、怖くて、そういう弱い部分も見せたくなくて、
無愛想な感じで、みたいなモードに入っちゃって、朝寝坊して余計、本当に最悪だったから今の自分に上手く切り替えられなかったんですよね(-_-;)
自信が無いから、分かんないって言うし、自分の気持ちもあやふやで、言葉に詰まっちゃうし(^_^;)
遅刻してしまってごめんなさい。

あときちんとした感じの大人を前にするとビクビクしたようになるからダメなんです(^-^;
「ごちそうさまは?」とか聞かれたけど、叔母がそういう感じでしかもキツくて、そういう相手だから余計怖くてちゃんとご挨拶が出来なかったりしてなかなかトラウマです(^_^;)
今も苦手だし…。
京介さん、怖かったもん(^-^;
もっと言うと、注意される度にこの子は何しても無駄って見放されるんじゃないかなって怯えてるんですがf(^^;

ごめんとかありがとうとか先週意識してみてたら、言えてる時もあるし、言えてない時もありました(^_^;)
京介さんにぎゅぅってされるのも、全然嫌じゃなかったし、嬉しかったですよ(^^)
抱っこされるのも撫でてもらえるのも好きです。
素直じゃないからそっぽ向いたりするけどf(^^;
自分がいてもいいって許されてるような、本当にそのままで愛してもらえてるような、「そう、これが欲しかったの」って感じです。

あのね(^-^;
抱っこは座ってる抱っこの方が好き(^^;
二回目に好きな方でいいよって言われたけど、恥ずかしくて寝っころがる方選んじゃった(^^;
あとお尻出してて、恥ずかしいって思ってる時もあるけど、恥ずかしいって思ってる自分を悟られたくなくて、どうしようかな…って思ってるくらい(^-^;
お仕置きされてて痛い時と、終わってお尻がまだ熱を持ってる間はそんなに意識しないんだけど、京介さんに抱っこされてる時にふと我に返ると恥ずかしいんですよ(^^;
声が小さすぎて京介さんには「お尻痛い」って聞こえたみたいだけど、本当は「お尻しまいたい」って言ったんです(^_^;)

京介さんのお仕置きも全然違った(^o^)とりあえず手で叩かれても痛かったし(^^)
今のカーさんのお仕置きは我慢があって、多少は抵抗してもいいんだろうけど、悪いことをした罰を頑張って、極力動かないように耐える…感じです。
耐えようと思うと、声も出しにくいし、叩かれる瞬間にお尻に力入れちゃうのも条件反射というか、癖になってる気がするf(^^;

手のひらだと手の温かみを感じて、好きなんです(^^)
今のカーさんに定規で叩かれたことはないけど、小学生の時のセルフスパもどき(笑)で学校の竹の定規を使ったりしてたし(^_^;)
むしろムチ系は見るのも怖いです(^-^;興味はあるけど(^-^;
でも、言った通り傷付かないから不思議な感じ。
すっごく痛いのに(^-^;
お尻から血が出ないの嬉しいです(^_^;)
血が出るのは嫌なんだけど、限られた時間の中で、私の意地が解けるにはこれだけ厳しくされないとダメなのかなって思ったりする。
ごめんなさいをいつも言えなくて自己嫌悪してたのかも(^-^;

声を出して抵抗してた分、耐えようとしてないから、いつもより解放感がありましたよ(^-^)
でも、心を開いてるようでそうでもなかったですね(^-^;
泣きそうになることは話すの止めちゃってるし、好きなものとか嫌いなものとかも自信が無くて言えなくなったりするから…(^_^;)

お仕置きはずっと憧れてたことそのままだったから(^-^)
私、父親のこと、小2の終わりかその辺くらいに嫌いになったから、ほぼ会話もしてないし、変なことで怒られることはあったけど、私が悪かったわけじゃないし。
京介さんにお説教されてるとき、お父さんに怒られるってこんな感じかなぁって思ってた。(^-^)
正座、下手なのかすぐ痛くなっちゃうからお説教長いと足痛いし嫌なんですよね(^-^;
素直に言うこと聞いて正座するのも嫌だけど(^_^;)

お仕置きされてる時にここでごめんなさいを言えば許してもらえるって思っても、そう思った時点で許してもらうためにごめんなさいを言うみたいで自分が嫌なんです(^-^;
意地が出すぎて、絶対言わないみたく思ってるし(^^;
でも結局、痛くてごめんなさいって言ってる時もあるから微妙なんだけど。。
我慢しないでお仕置き受けるのって痛いんですね(^_^;)
万引きのお仕置きは…痛みでごめんなさいした気もするけど(-_-;)
うーん…(^-^;

京介さんのお仕置きはいつも感じてた一定の寂しさは無かったです(^-^)
立たされてる時は寂しかったけど(^_^;)
お仕事してるのつまんない(^^;
京介さんがいいって言うまでって長いし。
ちゃんと立ってても、いつまで立ってないといけないのか分かんないし、とりあえず言うこと聞かなければ、お仕事しないで構ってくれるでしょ。
だから、この時点では反省しようって思ってないんですがf(^^;
最後の方、お尻叩かれそうになったときに「本当は叩きたくないんだよ」って言われたから、ちゃんと立ってようと思ったんです。
でも結局座ったり、ベッドに戻って来ちゃったけど(^-^;
でも、玄関のところのカギ閉められるところに入れられたら、完全に拗ねてごめんなさいしなさそうです(^^;
そういえば、幼稚園くらいのときはお母さんに怒られると、玄関閉められて、外に出されてましたよ(^_^;)
謝らないから…f(^^;
一度だけ父親に裸にされて、庭に出されたこともあります(^_^;)
最終的にお母さんが入れてくれましたけどね。

無償の愛なんて求めても仕方ないって諦めようとしてた部分もあって、今は友達もいて、ちゃんと笑えて、暗くて弱くて何もできない子どもじゃなくなったのに、怖くて、泣いてる気がして、そういう私は見せたらダメって思ってて、京介さんのブログ読むんで、それなら弱さを見せても怖くないかなって思って。
でも、本当に悩んでることを本気で誰かに相談したことは 無いから、それならお仕置きしてもらって、心をほどいてもらえたらいいなって思ったの。

自分からありがとうって言えなくてごめんなさい。
次はもっとお話出来るようにがんばりますf(^^;

最後に、万引きのことを今のカーさんに言わなかった理由が分かりましたよ(^_^;)
万引きについてはお仕置きの後に親としての甘えを要求しちゃうと思ったから。
今のカーさんでも、そばにいてくれたり、ぎゅぅってしてくれたり甘えさせてくれるとは思うけど、どこまでも他人って立ち位置は変わらなくて、寂しさは絶対に残るからって言う自分勝手な理由なんだけど(^-^;
昔の弱くてダメな自分は今のカーさんにはお仕置きされたがってないんです(^-^;
冷たさとか突き放される感じとか垣間見える時もあって今のカーさんとはその距離が必要で、寂しくてもそれでもいいって思ってる自分もいるんだけど、でもその距離がいいって言ってる自分は万引きをお仕置きされたい自分じゃないというか…
よく分かんないですよねf(^^;

まぁ、初めて会った頃も親的なものを心の奥の方で求めてはいたけど、家族でも見放されることはあるし、血がつながってる分、たちが悪いとか思ってたこともあるので、私が良い子じゃなくても見放さないで、意地っ張りに最後まで付き合ってくれるカーさんなら良かったんです(^^)
まだあんまり踏み込まれたくもなかったですしね(^^;
距離があるから怖がらずに済んでたところもあるし。
私が勝手に線引いてるところもあって、今のカーさん(基本、自分以外の人)にここまでしか見せないとか、イロイロ決めてることがあるので(^_^;)
分かりやすく、踏み込まないでっていうサインも出してたしf(^^;
でも満たされる部分はあるけど、常に寂しさはつきまとう…みたいなf(^^;

でも京介さんに万引きのことでお仕置きしてもらってすっきりしました、小5から高1までしていてずっと罪悪感に悩まされていましたからf(^^;
今回は本当にありがとうございました^^



京介コメント

にいなさんは今のパートナーさんと1年以上続いていますが、どうしても万引きについては今のカーさんに言うことができずにいて今回私のところにくることになりました。
毎回毎回同じような理由でかなり厳しいお仕置きも受けているとの事ですが、「ごめんなさい」ということは負けることのように思えて意地で耐え抜いてしまうようで、カーさんも時間の関係で諦めて「ごめんなさい」無しで終わることも多いそうです。
ただ、そのカーさんも叩くのが半端はなくてお尻から流血するのはいつものことで、そこまでなっても「ごめんなさい」をいえない意地っ張りな女性です。
痛みに屈服するのがいやなんでしょうね。
私は血が出てしまうのはお仕置きを超えた虐待のような、SMのような感覚になるのでそれはできませんと伝えました。
ただ、にいなさんには血を出さなくても痛いお仕置きはあることを伝え、今回初めて会うとしても私のパートナー的な最も厳しいお仕置きにはなるということを伝えて会いました。
お仕置き理由は万引きです、小学校5年生から高校1年生まで繰り返していて、それがずっと心に残っているとの事でした。
まずは平手で叩きました、そしてラタンケイン、バンブーケインと使いお尻も流血手前まで痕が残ってたので、私がにいなさんに「血を出さなくても痛いお仕置きはある」と告げた道具を取り出しました。
それはちょっとだけ特殊な「ムチ」です。
それで叩き始めると次第に苦しいような耐えているようななんとも不気味なうなり声を上げ、お尻をくねってよけるようにしながらも私が姿勢をただし何度も叩き、そして連打で𠮟りつけました。
そうするとしばらくしてにいなさんの口から「ごめんなさい」という言葉が出ました。
その言葉3度は聞きたかったのでさらに続けてお仕置きをし、かなりハードなお仕置きを終えました。
お仕置きを終えちゃんと理解できたか話をしていると黙り込んで話をしなくなり、どうしようもないのでコーナータイムをすることにしました。
普段はコーナータイムなどしないのですが、やってみたところ、にいなさんはほっておかれるのがとてもいやみたいでそれはそれでとても効果がありました。
かなり人見知りで最後までしっかりと話しができず、黙り込む癖が強く話を聞きだしたり話させたりするのにとても苦労しました、帰る頃には喉がカラカラになってしまいました^^;
とにかく、子供の頃から抱えていた罪悪感を開放できてよかったなって思いました。





            戻る          Top