お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

えり  年齢:20代半ば お仕置き経験:無し 彼氏:無し パートナー:無し

2019年8月16日掲載
お仕置き感想提出人数:通算192人目


京介さん昨日は本当にありがとう(o^^o)

京介さんとは初めましてで、サイトを見ていたとはいえ実際どんな人か分からなかったし、お仕置きされるの初めてだったからされる前はすごく怖かったけど、たくさん話をきいてくれて、優しく論してくれて、お仕置きもお説教も私の様子をちゃんと見ながらにしてくれてるのがすごく伝わってきて、それがとても嬉しかったし、私がきかんぼだったから最後の方は結構痛くされたけど(笑)変な怖さは全くなくなってました。

私は、私生活ではみんなから素直だねって言われたり、ごめんなさいって言葉もなんのためらいもなく言えるのに、京介さんがお仕置きの合間合間に「頑張っていこうな?」って何度も優しく論してくれてる時、それに対しては全然返事も出来なくて、素直になれなくて、あんなに自分が「いや!」を連発して反抗したり意地張ったりするとは思ってもみなくてびっくりした。

なんというか、京介さんに言われたことを直すのが本当に嫌で「いや!」と言ってたというより(それに対しては嫌という感情より出来るかどうか不安という感じだった)、なんとなく「いや!」って言葉を今すごく言いたい、反抗したいって感じで。

今思えば、今まで自分の意思を貫いたり思うままに生きる事をさせてもらえなかった環境にいて、今はその環境から解放されたんだけど、まだ自分の意思や選択を自由にして良いとか、そういう事で人の顔色みなくてもいいという癖がついていないし、未知の世界で怖くて。。

そんな事を考えると、まるで昨日の自分は、大人になった時に嫌な事には「NO」と言えるようになる練習中の、イヤイヤ期の二歳児みたいだったなぁ、、と(笑)。

それとイヤイヤしたり素直にならなかったもう一つの理由は、初めて味わう、お仕置きされてる間の、自分の事だけをみてもらってる、その間だけは独占できている安心感や、叱られてでも構ってもらって満たされている感じが終わって欲しくなくて、痛くされてもわざとイヤイヤしてたのも正直ありました。。
京介さんの手も痛いはずなのにいっぱい駄々こねてごめんね。

今回、お話しからお仕置きやアフターケアなど含めすごくあっという間に経ってしまって…。
それが寂しかったんだと思う。
痛いのとは裏腹に「終わらないで」って心の中で思ってしまってる自分にちょっと混乱したりもしてた。。

結局最後までずーっと素直になれなかったしごめんなさいも出来なかったけど、初めてだったのもあってか、「今日はいいよ」って寄り添ってくれたのも愛情を感じて嬉しかったよ(^^)
次はごめんなさいするまで許してもらえなそうな予感がするけど…(笑)

ちなみに、京介さんの第一印象は、、、なんだろう、たまにテレビでやってる、家出不良少女&不良少年とかを更生させる専門の人(昔自分も暴走族とかに入っててヤンチャしてたけど、大人になってそういう子を救ってあげる立場になった人)みたいな感じにも見えた(笑)。

あとクラッチバックとか靴とか服装とか、全体的にちょっと黒っぽかったり高価そうだったりで、イメージ的にちょっと危ない人?怖い人?にも見えなくもなくて(笑)、最初はすごい人見知り&警戒しちゃってた(笑)

変なことされたり売り飛ばされたらどうしよう…なんて恐怖も微かによぎったけど(笑)、本当に全然まったく変なことはされないし(笑)、愛情深くて思慮深い男性だったので、初めてさんは安心して大丈夫だと思います(o^^o)(笑)

わたしも、半ば捨て身の覚悟で勇気出してお願いしたけど、結果京介さんにお願いして本当によかったと思っています(^^)
またすぐに会いたくてさっそく次もお願いしちゃったけど(笑)、またよろしくお願いします(o^^o)





京介コメント

えりさんは幼稚園の時に同じ園児が先生に服の上からお尻を叩かれているのを目撃した時にとてもドキドキしたという印象が残っており、おそらくそれがお仕置きに目覚めたきっかけじゃないかということでした。

また、小学校低学年くらいの時にはセーラームーンを家族で見ていたときに、ちびうさちゃんがいたずらで”眠り薬”をお茶に入れてしまったことで、うさぎちゃんにお尻ペンペンのお仕置きををされたシーンをみて、すごく恥ずかしくて動揺を家族に見られたくなくてそのままコタツにもぐって隠れてしまった記憶が鮮明にあるそうです^^;

その後もお仕置きシーンを見るたびにドキドキしたり、たまにお仕置きを妄想したりしていたそうですが、そんな変なことを考えるのは自分だけだととても悩んでいたそうです。
大学生になってスマホを持ってからはお仕置きについて検索するようになり、画像や動画、小説などを読むようになったのですが、ネットで誰かにあってお仕置きを受けるなんてことは自分の中ではありえないことだと思っていたそうです。

お仕置きに興味を持ったもう一つの要因は、両親から感情的に怒られたり母親の理想どおりの人生を押し付けられて育ったこともあり、欠落していた温かい愛情を欲し、そういう精神状態であった時にアニメのお仕置きを見て憧れを持ったようです。
自分をしっかり見てもらって、自分のために親身に叱られる、その上で温かみのあるお仕置きをされ、許された後にはアフターフォローがあるという形が理想ということでした。

幼少期のことはトラウマ的に今現在も悩んでいて、ちょうどこの時期に精神的にいっぱいいっぱいになってしまって、その勢いで私に連絡を取ったそうです。
その時はやけになっていて、もうどうなってもいいや!という投げやりな感情だったとのことでした^^;

そんなえりさんですが、今回の反省内容は特に持ち合わせてなく、話を聞いてみると、自分的には自分を否定してしまうこと、やってもできないんじゃないかと弱気になってしまうこと、そういう精神的な部分について叱ってほしいとのことでした。

今回のお仕置きレベルは「超軽め」とのことでした。
また、正座は無し、下着を下ろすのは無し、道具無し、コーナータイム無しで、お仕置きは体が密着しているような体勢でという要望でした。

「超軽めで下着の上からだとお遊びみたいになって余計恥ずかしいと思うよ」とアドバイスすると、それもそうだとなり、様子を見ながら軽めに平手で叩くということで話がつきました。
まぁとにかくお仕置きがどれだけ痛いのか経験がないので執拗に怖がっていましたけど、「軽めに叩くんだから」と私が言っても「叩く側と叩かれる側の感覚は違うかもしれないし」と、恐怖は拭えないようでした^^;

今回は正座NGとのことだったので、ソファーに座ったままのお説教となりました。
精神的な部分でのトラウマがあって、それが原因で今のマイナス志向ができあがってしまったようなので、そこら辺を考慮しつつお話をしましたが、お仕置きをしようとするといつまでたっても納得しようとせず「嫌だ嫌だ」とお仕置きを受けようとしません^^;

何度説得しても納得するそぶりもなく、これはお仕置き逃れの「嫌だ嫌だ」か、、と判断し、しょうがないのでそのまま腰を持ってお仕置きの体勢にしようとすると「やだやだ」と抵抗をしてきます。
そのままひざの上に乗せて納得するようにお説教をするも、また「やだやだ」です・・・。

もうここまで聞き分けのない子は有無を言わせずお仕置きです(笑)
腰をぐっと抱え、まずは服の上から平手でお尻ペンペンを始めました。
しばらく叩き、スカートをめくり、ストッキングの上からお尻を叩き、その後ストッキングもずらし下着の上からお尻ペンペンをしていきました。
軽めにそのまま叩いていき、下着のお尻の部分をTバックのようにして生尻を叩くと「痛い、痛い」と痛がるようになりました。

その後、ソファーの上から頭を下ろして、”くの字体勢”でぺんぺんし、その後、丸椅子の上に腹ばいにしてペンぺん、ベッドに行って私が正座をしてひざの上に乗せて平手でのお尻ペンペンを続けました。

お尻を叩きながらちゃんと話した通りに努力できるかを何度聞いても言い訳ばかりなので、お仕置きの終わりの目途が立ちません・・・。
最後100回ペンするからしっかりと努力しなさいといっても「無理、できない、、だって、、」ばかり・・・。
下着を下ろすのがNGなので、それを利用して「納得できないなら下着を下ろすよ!」と脅しを入れても納得しません^^;
普段なら有言実行するのですが、えりさんは今回初お仕置きで、結局は下着を下ろすことはしませんでしたけど(汗)

聞き分けがないのでそのまま尻を叩き続けるのですが、いい加減正座している私の足がしびれてきました(汗)
なんとかして「はい」と言わせなければといろいろな言葉をいうのですが、わかってはいるのに意地を張って返事をしません。
少し力を入れてぺんぺんしても一向に「うん」と頷きもしません^^;

しょうがないので「納得しているのはわかっているから最後100回ペンして終わりにするから」というと、「え?100回?」と、それが多いと言わんばかりにわがままをいってきます^^;
そんな言葉には耳を貸さずに平手でお尻をぺんぺんと叩いていき、最後の10回は強めに叩くよ、と確認を取ると今度はコクンと頷き、力を入れて「ぺチン!!ぺチン!!」と叩くととても痛がっていました^^

その調子で残りを連打で叩いていくのですが、なかなかの痛がりよう。
こんなわがままな子はこのくらい痛がるのがちょうどいいですね^^
そのまま叩き続け最後の1発までしっかりと手を出さずに我慢できたので、少し不本意ながらも今回のお仕置きは終了としました。




            戻る          Top