お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

みう  年齢:20代後半 お仕置き経験:1人 彼氏:有り パートナー:有り

2019年8月4日掲載
お仕置き感想提出人数:通算191人目


京介さんお仕置きしてくれてありがとうございました!

会うまでとても緊張したけど京介さんがいろいろ話しかけてくれてとても話しやすかったです。
最初は就職活動を頑張るためにお仕置きをお願いしたけど、いろいろ話していくうちに違うことでの反省点が見つかって京介さんのお説教が心に突き刺さって涙が出ました。

いざお仕置きされたらすごく痛かったです。(2日前にパートナーにお仕置きされた痕が残っていたのもあるかもだけど・・・)
平手はなんとか耐えたけど道具になったら1本1本目の前に並べられるだけで怖かったです。

特にケインが痛すぎてすぐにギブアップする私を京介さんが忍耐力をつけるために5回我慢と言って叩いてくれたのは痛かったけど励みになりました。

途中机に伏せたまま待ってなさいと言われたけど待てずに姿勢を崩してたら案の定怒られ、でも寂しくて待てないことをわかってくれて頭を撫でてくれたのは嬉しかったです。
その後のお仕置きは痛かったけど・・・

ベッドでも平手で叩かれ痛くて恥ずかしいとか思う余裕もなく、ケインでもお仕置きされて我慢できず拘束され、すごく痛かったけどまた忍耐力をつけるため5回ずつ叩いてくれて、ただ痛くされるだけじゃなく私の事を思って叩いてくれてる感じがしてすごく嬉しかったです。

そして鞭はほんとに痛くて、たった5回だったけどつらかったです。
最後に200回平手で叩かれ痛くて反省したけどごめんなさいが言えず、追加されてやっと、ごめんなさいできました。
すごく痛かったけど愛あるお仕置きでしっかり反省することができました。

お仕置きのあとはいっぱい甘やかしてくれてほっとする時間でした。途中顔を触ってお仕置きされたけど触りたくなる顔だから触らせてほしかったです笑
今回のお仕置きを忘れずに自分の反省点と就活頑張ります!






京介コメント

みうさんは小学校低学年くらいに、アニメの影響でお仕置きにドキドキするようになり、覚えているのがちびまる子ちゃんのお仕置きシーンだそうです。
それからはそういったシーンを見るたびに反応していたそうですが、高校生になってからスマホを持つようになってからお仕置きについて検索してみて、そこでスパの世界を知ったそうです。

欲求の波によって画像や動画、小説などを見るときと、しばらく見ない時とあるそうで、社会人になる事から自分も誰かにお仕置きされたいと思うようになったそうです。

しかし初めてのお仕置きはそれから6,7年後のつい最近の事。
ここまで時間がかかったのはネットでカーさんと会うのは怖くて躊躇していたそうで、私に依頼したくても会社もあるし遠方なのでそれもできずとモヤモヤしていた中、欲求の高まりには勝てず思い切って掲示板のカーさんに連絡を取ってみてお仕置き経験をしたとのことでした。

今回の反省内容はみうさん自身が一つ持ってきたのですが、話をしている中で、それよりももっと重要で直さなければならない悪いことがあり、そっちの方をメインにお仕置きをすることとしました。

依頼時のお仕置きレベルはお任せですが、本人は家庭的で厳しめ、また、手でかばった時にはその手を拘束してほしいとの要望でした。
また、お仕置きのパートナーもいて、そのカーさんには結構厳しめのお仕置きをされているとのことでした。

ということでお説教をしたのですが、お説教の最中に涙がぽろぽろと流れ出て、やはり本人も気になっていた部分らしく、そうとう心に響いたようです。
ただ、今後のみうさんのためにも直さなければならないことだったのでそこはしっかりとお説教をし、お仕置きとなりました。

まずは正座の姿勢から立たせて膝の上に乗るように言い、服の上からお尻ペンペンです。
お説教の時に泣いていたので、少ししんみりした雰囲気になりましたが、お仕置きはお仕置き。
そのまま平手で叩いていきました。

その後、スカートをめくり下着の上からお尻を叩き、しばらく叩いた後に下着を下ろしてお尻丸出しでお尻ペンペンしました。
何も反応しなかったのですが、徐々に「痛い、痛い」と声を出し始め、私も少しずつ平手のペンを厳しくしていきました。

続いて私が床の上に正座をして、その膝の上にみうさんを乗せてのペンペンです。
顔の方にはみうさんが見えるように道具を数種類おいてあります。

まずはプラスチックの定規、そして次々に、竹の物差し、木製パドル、木製ブラシ、布団叩き、大き目のしゃもじと叩いていったのですが、だんだんとみうさんの声が大きくなり、手でお尻をかばうので、その手を背中に回し、構わずビシ!ビシ!と叩いていきました。

次に場所を移動して、机の上に手をつかせてお尻を突き出させた状態で長めの木製靴ベラでビシ!ビシ!
そして更に太目のケイン、中くらいのケインで叩いていきました。
しかし一発叩くごとにみうさんはしゃがみ込んでしまいます・・・。

そして最後に細めのケインを手に取って一発叩くと、すぐにしゃがみ込んでしまいます…。
それほど強く叩いてないんですが、初めてのケインということもあってか、すごく痛がっています。
軽めに5回叩くから我慢するようにといって、軽めに5連打するもしばらくしゃがみ込みます^^;
そして「痛い!」の声も大きくなっていきます。

今度は場所を移動して、丸椅子の上に腹ばいにして平手で叩いていきました。
そしてそのまま立たせて再度お説教。
その後今度は私が丸椅子の上に座り、その膝の上に乗せて平手でペンペンしていきました。
平手の力も厳しめに叩いていくと、それだけでみうさんは痛みを訴えてきます。

次にベッドにうつぶせにさせて、先ほどの細めのケインで叩きました。
先ほどよりも力を入れて叩くと、何度も手を出してくるので手を縛り、そのまま叩きづつけました。
とても悪い子だったので、鞭も必要だからというと、コクンと頷いたので、鞭を5発。
一発ずつみうさんは痛そうに反応していました^^;

続けてケインを最後10発を宣言し
「手を出したりよけたら一からやり直しだよ」といい、これもかなり力を入れて5発、そして残り5発は連打で叩き、みうさんは警告が効いたのか一度も手を出さず耐えたのですが、「痛い!痛い!」と大きな声を出してきます^^;

拘束を解き、最後は膝の上に乗せて確認のお説教をし、200回を宣告。
厳しめということだったので、最初から8割ほどの力で叩いていき、最後の20回はフルで叩いていきました。
しかし最後にごめんなさいがいえません…。

ということで追加で20回を宣告し、今度はしっかりとごめんなさいが言えたので、今回のお仕置きは終了としました。







            戻る          Top