お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

みはる  年齢:30代半ば お仕置き経験:無し 彼氏:無し パートナー:無し

2019年4月19日掲載
お仕置き感想提出人数:通算183人目 カウンセリングのみ


今日はお時間いただきありがとうございました。
とても緊張してたのですが、途中からまったく緊張なくなりました。ただ人見知り爆裂しててすみません汗
うまく話すのも説明するのも下手なのですが、私の話を聞いてくださって嬉しかったです。

アドバイスしていただいたこと、目からウロコでした。
女医と同じ事をしてたんだと思うと恥ずかしいです。
環境が変わるとまたやめそうと言われて、確かにと思いました。仲良くやる事にも重きを置いて仕事してたので…
メンタルも年齢に追いつけるように、視野を広げて頑張ります!

京介さんが指輪を外した時、ちょっと警戒しちゃいました笑
でもどこかでほんの少しだけ期待しちゃった自分もいましたし、お仕置きされなくてホッとした自分もいました。
次回は、普通寄りの軽めでお願いします!!︎笑
ありがとうございました!





京介コメント

みはるさんはお仕置き未経験で、お仕置きを受けたい気持ちが強いものの、やはり実際に会ってのお仕置きは怖くて、これまで私との1年6か月間にわたるメールのやり取りでは、依頼しようと思ってもやっぱりやめたりと、そのようなことを何度か繰り返していましたが、今回はとりあえずいきなりお仕置きではなく、カウンセリングならと心に決めての依頼でした。

よく聞くのがこの不安感や恐怖感ですが、やっぱりお仕置き未経験で、ネットで顔の知らない人に会うっていうのは普通に考えても怖いものですから当然のことで、同じように思って行動に起こせないでいるキーさんはたくさんいるでしょう。
それでも衝動が収まらないキーさんが”勢いで”というのが現実なんでしょうね^^

みはるさんがお仕置きに目覚めたきっかけは、幼稚園の時に公園でお尻ペンペンされている男の子と目撃してからとのこと。
それからは小さいながらもお仕置きされたいなぁと思うようになり、高校生になってパソコンを触れるようになってからお仕置きというワードを検索し、小説や動画をよく見るようになったとのことです。

スパの掲示板の存在は20代半ばくらいに知ったものの、お仕置きされたい欲求はあっても連絡する勇気もなく、スパは自分とは別の世界なんだと思い込んでいたのですが、お仕置き欲求が収まらないでいたそうです。
そんな中、サイトの人なら大丈夫かもと私に何度かお仕置き依頼をしてきましたが、その都度依頼を取りやめたりしていました。
今回は年齢制限のリミットが迫ったこともあり、カウンセリングならと依頼をしてきました。
カウンセリングだとしても自分がこういう行動を起こすとは思ってもなかったといっていましたね^^;

カウンセリングではみはるさんのお仕置き欲求の事や幼少期からの生い立ちや家族との関係、職場のことなどを話し、その中で職場での考え方が学生気分的なところがあり、仕事の在り方や考え方、捉え方などを指摘し、アドバイス的な話をしていきました。

当然その中にはお説教もあったのですが、仕事でストレスフルだったみはるさんは、話をしたことにより精神的な部分を吐き出せたり、アドバイスを聞いてもうちょっと頑張ってみようという新たな気持ちになったようでした。

今回は様子見でカウンセリングの依頼をしてきましたが、次回はお仕置きを受けたいと言っていました。
しかし要望が”普通よりの軽め”ですからね^^;
痛いのは怖くて躊躇するけど、お仕置き欲求を満たしたいというキーさんあるあるですが、ちゃんと要望通り軽めにしますからまずは体験ですね^^



            戻る          Top