お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

りな   年齢:30代前半 お仕置き経験:無し 彼氏:無し パートナー:無し

2019年3月8日掲載
お仕置き感想提出人数:通算178人目


京介さん、今日はありがとうございます。
お尻が青だったり、黒くなってきていて
何だか笑えてくる(苦笑いかな!?)今日この頃です。

お仕置きに興味を持って
京介さんのサイトを知ってから
1ヶ月もたたずに依頼し(経験したい欲に勝てず)
あっという間に前日、
それまではずっとお仕置きされたい思いの方が強く
ワクワクした期待いっぱいの感情でした。

前日の夜、お友だちと飲んでいる時
「明日は何してる」という話題から
(お仕置きされに行くんだ♫なんて)言えるわけもなく
なんか急に漠然と不安になり始め
緊張で段々とお酒が喉を通らず・・
帰宅してからも不安と緊張であまり寝れず汗
当日の朝を迎えました。

電車で移動してる間も緊張でお腹が痛くて
行きたくないのに向かってる不思議な時間でした。

これはあたしの性格的にかもしれませんが
勢いって大切ですね。
怖がり、痛がりなので、時間がたってたからだったら依頼してないかもしれないし
依頼してから約束の日まで間が空いてたらお断りしてたかもしれないです(笑)
なのでトントン拍子に話が進んで
最後の最後に緊張から胃痛が起きてるぐらいで
ちょうど良かったのかと思います!

約束の場所で待ってる間とか胃痛もピークです。
そんな時声をかけられちゃんとご挨拶も出来ず
顔も見れず。。後から挨拶さえちゃんと出来ないとか
大人としてどうよ!と、思い申し訳ない気持ちがありました。
が!それぐらい余裕が無かったんですよ!
そんな思いだったので、あまり最初の印象が無いのですが汗
京介さんから好きな香水のにおいがして少し安心しました!

お部屋に着いてからはゆっくり色んな話をしました。
普段人の話の聞き手になることが多いのですが
色々と質問を投げかけてくれたので
初対面なのに良く喋った方です。ただ変なことを言って
ボロが出ないようかなり気を付けて話していたので
逆に話し方が不自然だったりしたのでは!?と、
今思います。

話をする中でお仕置きの話や道具の話が徐々に出てきて
いつお仕置きと言われるか内心ビクビクでした。
そして、いよいよ正座できるって声をかけられ
あー、もぉ逃げられないなと感じましたね(笑)

ハッキリと物を言う方なのでお話の中で
「プロとして失格」と、言われプロ意識高い方だと
思っていたのでちょっとショックをうけつつ
でも、確かに今回の件はそうだよなと納得する部分もあり、
素直に正座しようと思えました。

こここら先のこと、あまりしっかり覚えてないんですよ。
だって怖いし、痛いし!(笑)

基本的に人と会話をする時は意識的に相手の顔を見て
話してきましたが、今回は無理でした。
怖くて顔をあげれず。これも失礼な話ですよね、
ただちゃんと言葉に耳を傾けてましたからねっ!!

洋服の上から叩かれてる時は
大丈夫かもとか思いどちらかと言うと
恥ずかしさの方が勝っていたのですが
下着も下げられてからはただただ痛かったです。

痛い時は痛いと言うよう言われていたのですが
痛くて痛いと言いたいのに何故か声がだせず、
(声がでなかった理由は今でも謎です汗)
ただただ痛みに耐える感じでした。

途中、なんでお仕置きをうけているのか
言うよう言われたのですが
頭がうまく働かず言わなきゃと思うのですが
声がだせず
そしたら、そこは軽くですが言うよう促すように
お尻を叩かれ。。ふと意識が話さなきゃと
思えて話せました。

最後ベットの上でお尻を叩かれてる時、
ごめんなさいしないと!と、思ってたのですが
ちゃんと言えずごめんなさい。
痛い平手で促してくれました(笑)

終わってみるとあっという間だったのかな!?
と、思います。
その後は優しくされ、ふと涙がでそうになりました!
とても温かい方で、甘え慣れてない私でも
自然と甘えられた方です。

最後は(背が)小さいことをイヂられ
(嫌いじゃないいぢり方でした(笑))
またおいで!と言ってくれたので
きっと近々行ってしまうのだろうなと感じた
お仕置き体験でした。





京介コメント

りなさんがお仕置きに興味を持ったのはなんと半年前ほどだそうです。
なんとなく、こういう世界もあることはいつからか理解していたようですが、まさか自分が依頼をするほど興味や欲求を持つとは思わなかったとのこと。

このように急にお仕置き欲求が芽生えたきっかけは、りなさんの友達からの話からでした。
その友達は子供と関わる仕事をしていて、ある子供から「パパにお尻ペンペンされた」と聞き、また別の子は構ってほしいからわざと叱られることをするそうで、そういう子供の心理って何なんだろうと自分で調べていく過程で、まずはスパの世界を知ったそうです。

それからはキーやカーなどのスパ用語を覚え、そこからお仕置き小説を自然に読むようになり、文章ではよくわからない部分もあるので、実際のお仕置き動画を見たりしていくうちに、どんどんとお仕置きをされたい欲求が上がってきたそうで、いつの間にか「自分お仕置きされたらどんな感じだろう」→「お仕置きさされてみたい」に心境が変わっていったそうです^^;

そして2019年に入ってから私のブログを見つけ、衝動的にお仕置き依頼のメールをし、しかもお会いしたのは初めてのメールの日からなんと3日後^^;
本人いわく、「勢いじゃないといけないと思った」だそうです^^

そんなりなさんの反省内容は夜更かしをしてしまうことでした。
しかしお話をしていくと、仕事柄予防接種を受けることが推奨されているにも関わらず、注射が怖いという理由だけで、予防接種を受けていないことなどが出てきて、そちらのほうが重要だということになり、追加してお説教、お仕置きとなりました。

今回のお仕置きレベルは「軽め」での依頼でした。
厳しくお仕置きを受けたい気持ちはあっても、痛いのは嫌いとのことでこの選択だそうです^^;
そして道具は家庭にあるような道具ということでしたが、これも軽めとなっては軽くぺちぺち程度しかできませんが本人は興味あるようだったので、道具も軽い感じでということでお仕置きを始めました。

初めに正座の姿勢から立たせて、膝の上に乗るように言うと、素直に乗ってきて服の上から平手でのお尻ペンです。
スカートの下にタイツを履いていたので、叩いていても感触が鈍く、しかも軽めに叩いているので少しお遊びのようなお尻ペンペンというように感じてしまいました^^;

その後、スカートをまくってタイツの上からお尻を叩き、その後タイツを下ろし、下着の上から叩くと、ようやく「ぺチン!ぺチン!」とそれらしい平手打ちの音が聞こえてきました。
そしてその下着も下ろし、生のお尻を叩くと、少しピクンと反応するものの、これくらいの力では痛くないだろうなぁという気持ちで平手でのお尻ペンを連打でしていましたが、実際はそれでも痛かったようです^^;

その後竹の物差しで軽めにお尻を叩き、10回の連打を数回に分けて叩くと、声には出さなくても痛そうにしています。
次にプラスチックの大きめの定規を使い、同じように叩くのですが、とても軽めに叩いているにもかかわらず、声には出ずもお尻は痛そうにピクピクとしていました^^;

今度は立たせてテーブルの方に連れていき、その机に肘をつかせ、お尻を突き出させた状態で、ケインを使用しました。
軽めに一回叩くと、お尻を引っ込めて、今まででかなり痛そうな反応を示します、本当に本当に軽く、「ペチッ」っとしているだけなんですけどね^^;
そしてそのくらいの弱さで10連打してみると、お尻が引きながらよけるのと同時につま先立ちになって軽く飛び跳ねるような感じになり、その反応をみているとかわいくほのぼのと感じてしまい、その反応を見るために同じような連打を数回繰り返してしまいました^^;

本人はとても痛いようで、お尻をよじったり、足がくの字になってしゃがみ込みそうになったり、飛び跳ねるような感じをしながら必死に我慢しているのがよくわかるのですが、「痛い」という言葉は全く出ません。
後から聞くと「痛い」という言葉を発すると涙が出そうで、それで我慢していたそうです^^;

まぁそうはいっても「痛い」という声もききたいので、「痛くないならもう少し強めに叩こうか」といいながら連打しているとやっと「痛い、痛い」と言い出しました^^
皮膚がかなり弱いようで、軽めにもかかわらずかなり痛がっていました、さすがにお尻の見た目はそれほどダメージが見られなかったのですが、かなりかなり痛みに弱いタイプのこでした^^;

その後もう一度正座をさせて、なんで叱られているのか、これからはどうしていくのかを本人の口から言わせたのち、ベッドに移動。
私が正座の状態で膝の上に乗るように促し、りなさんは素直に膝の上に乗ってきたので、最後に「平手で100回」と宣告しました。

もちろん軽めという事だったので、力は軽めで叩いていきました。
残り20回くらいの時に「最後にはごめんなさいを言いなさい」と指示したのですが、最後叩き終わった後、ごめんなさいが言えずでした。
そこで平手で連打をしながら「ごめんなさいを言いなさい!」と叩き続けると、その最中必死に「ごめんなさい!」といってきました。
私は「追加で20回ペンするから最後にしっかりとごめんなさいを言いなさい」といい、お尻を叩き、最後にごめんなさいが言えたので、今回のお仕置きは終了としました。

お仕置き後も「お尻が痛い」「ひりひりする」「終わってからジンジンと痛くなってきた」とずっとお尻の事を気にしていて、私もあんなに軽く叩いたのにこれまでの痛みを感じる子もいるんだなぁと改めて個々の皮膚の強弱を学びました^^;
こういう子なら軽めのペンでも十分ですね^^




            戻る          Top