お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

みつき   年齢:30代前半 お仕置き経験:3人 彼氏:無し パートナー:無し

2018年12月7日掲載
お仕置き感想提出人数:通算168人目


京介さん。
昨日は、お忙しい中、お仕置きをしてくれてありがとう!
m(_ _)m。

お会いする前は、お尻ペンが、すっごくこわくて、何度も『もう帰りたいなぁ…!!』
電車も途中で、パニック発作になりそうで、『もう、降りて帰ろうかなぁ?』『なんで、向かっているんだろうか?』『依頼しなければよかったなぁ!』『いや、それじゃあダメだ!!』って思い、すっごく葛藤していました。(*_*)

いざ、ご対面した時は、『優しい感じだなぁ。こんな方が、本当にお仕置きするの?(゜o゜)』って思った。(笑)
でも、サングラスかけると、『怖そうだなぁ…!!』に変わりました。(ーー;)考え、甘かった!

移動中も、お部屋でも、お仕置き前の長〜い振り返りや、いろんな、アドバイスをしてくれてありがとうございます!
病気のお話もアドバイスくれてありがとう!「慣れていけば、大丈夫だから。」って。知らなかった事が、沢山知れて、よかったです。

私、人生、波乱万丈すぎて、お仕置きが、遅くなってしまい、ごめんなさい‼ m(_ _;)m
「それは、○○って、言わないと、伝わらない。」「○○は、聞く相手が違うよ。」って、教えてくれてありがとう!
病気の事も調べるね!

私の、飛びとびになる話を、じっくり聞いてくれてありがとうございます!
何度も、「正直だな!」って言ってくれてありがとう!!

そして、「じゃ、お仕置きするか!」って、いよいよお説教タイムに。。(¯―¯٥)
「正座!」と言われ、いざ、お説教が始まって、緊張MAXで…。
京介さんも、真剣な表情だったので、(普段は、相手の目なんて見れないから、怒られるけど)なぜか?目を見て、真剣に聞けて、素直に心に入ってきました。

「悪い事(万引き)をしたら、先は、○○になる。必ず、絶対に、バレるし、捕まる。お店の人達も、多大な影響を受ける。お店もつぶれる。警察署に行ったのは、それだけで、逮捕なんだよ。」と、わかりやすく、静かに、お説教され、身の引き締まる思いでした。この時点では、反省していました。

そして、お仕置きタイムへ。。
「ズボンのチャックを自分でおろしなさい!」(ホントは、ボタン外され、チャックもおろされてみたかった)と言われて、罰としてのお尻ペンになり、京介さんに手を引かれて、若干、私が引き返してフリーズしてしまいました。
でも、また手を引っばられ、とうとう、お膝へ乗せられましたね。ペンペンの時、京介さんの足、手で叩き返したくなっていました。我慢したけどね!

しばらく、平手でペンペン!されていましたが、『耐えられるな。』と思っていました。
それから、お膝からおろされて、しゃもじでペンペン! 
私は、『これじゃ反省出来ない…!!』と、思い、変な、焦りを感じました。
なので、何も言いませんでした!

「ちゃんと反省してる??!」の問いかけに、首を振る私。
そんな悪い子のお仕置きは当然、お道具のペンペンになりましたね!
机に手をついて、細い棒でペンペンの連打、布団叩きへと、目の前で、どんどん、お道具が変わっていくのが、怖かった!!

その間も何も言わなかった私。
でも、ようやく、『痛い!』と思い、少し、お尻が逃げましたね。
すると、「ごめんなさいは?言えないのか!」で、言えたかなぁ? 覚えていないな…。

続いて、ベッドに手を引かれて行き、また、お膝へ。
「最後!100回ペンするよ!」
しかし、手で庇おうとするも、その手をつかまれて、ペンペン。。
なかなか、ごめんなさいが言えなくて、追加の、20回が、何度も続きましたね。

20回、終わる度に、「はい!20回!ごめんなさいは?!」「はい!最後!ごめんなさいは?!」って言われても、言えず…。
「ごめんなさいは?!悪い事したら、なんて言うの??」「なんで、ごめんなさいが出来ないか?聞いてる!!」
と厳しい京介さん。

私は、足をバタバタしながら「イヤだぁ!」と子どもになっていましたね。(-_-;)
で、京介さんのカミナリが静かに落ちました。

「万引きが悪いことと認識していないなら、もう知らない!終わり!もう手に負えない。直すかどうかは、自分次第だから。でも、留置場にも、刑務所にも行って欲しくないから叱っているんだぞ! もう膝から降りなさい。」京介さんの言葉は重かった。

急に突き放された感が襲い、「ごめんなさい…。」と言えました。
本当に、心に響いて、厳しいけど、優しい。

ウチも、こんなパパがよかったなぁ。と思ったよ。
「子どもみたいに、わがままするんじゃない!」って言われたけど、(でも、子どもみたいに相手して欲しかったんだよ?)静かに、怒られることほど、コワイものは、ありませんでした。怖いと思ったって意味ね。


そして、コーナータイム。
「これからどうやっていくのか?しっかり考えて、反省しなさい!わかった?」うなずいた私。
感想を読んで、役に立ったのは、気をつけの姿勢のまま居られたこと。
もちろん、お尻は、丸出しのまま。
姿見で、「お尻自分で見てごらん、これ以上はペン出来ないから。」と京介さんに促され、見たら、想像以上の状態でした。

ごめんなさい。したら、「言えたじゃん。」頭、ポンポンしてくれてうれしかったよ。今まで、されたこと無いからさ。
私←( T_T)\(^-^ )→京介さん

許してもらえたあとは、甘えん坊タイム。あったかかったよ。そこで、ちょっと泣いた私。
そして、京介さんに言いました。「今まで、何をしていたんだろう?と思った。お店をつぶしてしまった(2店舗)」そこで、また、フォローしながら、諭してくれて、「実際、マークもされていた」って、伝えた。

要望も応えてくれて、ありがとう!手のひらに平手のペン!「この悪さする手にか!」って、イタかった!げんこつも、ゴチン!としてくれて、指切りもしてくれた。
約束したから、自分勝手とかしないで、甘えずに、直すね!!

「また、おいで。まだ反省点あるみたいだし。」って、うれしいヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。って表現が合わないかな?まだいっぱい、わがまま、自分勝手、頑固、へそ曲がりで、出来ないことあるから、また、行こうかな?
次は、もうちょっと痛いの希望します。昨日は、手加減してくれたかなぁと思うから。
帰る前、スリッパ揃えたら「おっ!えらいな!」って、頭、ポンポンしてくれた!

電車で座るとイタタ!となり、ちと、お外歩くの、恥ずかしかった。
夕食中も、イタい!となり、寝る時、一番イタイ!!今日も、まだ、イタいョ!(-_-;)
自業自得ですね!!
京介パパ、また、宜しくお願いします!!





京介コメント

みつきさんがお仕置きに目覚めたのは3年前ほどだそうで、小さい頃にお母さんから数回お尻ペンをされたのを懐かしく思い、そこからお仕置きについて調べて、ネットであった人に初お仕置きを受けたそうです。

家ではお母さんからは感情的に怒られたり、度を超えた虐待のようなことをされたりする環境だったので、とても精神的に辛く、いまだにトラウマとして引きずっているようですが、幼少期にされたお尻ペンには手加減もあり愛情を感じた部分があって、それでなにか温かみのある懐かしい感覚が脳裏に残っているとのことでした。

また、今回のお仕置きレベルは厳しめという事でしたが、途中から怖くなったのか、要望を変え、様子を見ながら叩くことになりました^^;

みつきさんは一度警察にお世話になっていることもあり(始末書のみで釈放)、次捕まったら刑罰が下されることは確実なので、その点を厳しく指摘し、周りの迷惑になっていることなども併せてお説教し、お仕置きとなりました。

まずはズボンを履いていたので、自分でボタンとチャックを下ろした状態にさせ、そのまま膝の上に乗せて平手でお尻ペンを始めました。
叩いている最中はうんともすんとも言わず、そのままズボンを下ろし、下着の上からペンペンするもこれも無反応。
次に下着を下ろして生尻にペンペンするも声は何も発しません^^;

痛い?と聞いても返事は無し・・・。
なのでもう少し力を入れてお尻を叩いてみるのですが、無反応でいます。

これでは効き目がないと思い、今度は大き目のしゃもじを使いペンペンしますが、これも声を発しず・・・。
しゃもじはかなり痛いはずなんですけど効き目がないみたいなのですが、お尻は結構ボコボコになっていて、痛いけど声が出ないのか、それとも痛くないのか、ちょっと判断がつかなくなってしまいました^^;

なので、次は机に手をつかせてケインで叩いてみることにしました。
試しに1発叩いても無反応、それを繰り返し、そして今度は連打で10発。
ここでようやく体に反応が出て、声が漏れ、体勢が崩れ、それでも痛いとは発しません^^;

続いて布団叩きで連打をしていると、お尻がかなりボコボコの状態で、これ以上力を入れてしまうと確実に血が出てくる気配だったので強くは叩けず、それなりの厳しさで連打のお仕置きをしました。
確かに痛みは感じているようですが、頑なに「痛い!」とは言いませんでした^^;

今度は場所を移動し、平手でのペンをし、最後100回を宣告。
最後の一回を叩き終わるも「ごめんなさい」が言えなかったので、平手のペンを20回追加。
それでもまだごめんなさいが言えずまた追加、それでも言えずと、そんなことを4,5回繰り返しこちらもお手上げ・・・^^;

いつまでもごめんなさいの言葉が言えないので私が「悪いことしたとは思っているよな?」と聞くと首を振る始末…。
これだけお説教や説明をしたにもかかわらず、本気で悪いことと認識していないとしたらもう何もできません…。

なのでその事も含めて再度お説教して、きつーく厳しいお説教をすると、ようやくごめんなさいという言葉を発しました。
なのでもう一度追加のペン20回をし、最後にはしっかりとごめんなさいが言えたので今回のお仕置きを終了としました^^:

結局は悪いことと認識しているし直さなきゃいけないことは分かっていたので、単なるかまってちゃんだったんですね^^;
ま、私の場合は過度なかまってちゃんは私流の制裁をしますからね!




            戻る          Top