お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

しほ   年齢:20代前半 お仕置き経験:20人超 彼氏:有り パートナー:無し

2018年11月16日掲載
お仕置き感想提出人数:通算166人目


先日はありがとうございました。

何回か会えそうかな?というチャンスはあったのですが、なかなか時間が合わず…。
このまま自分の心残りを残したくないなぁという思いから今回お願いしました。

私は最初、京介さんのメールにちょっと違和感のような、不信感のような感覚を持っていました。笑
今までお会いしたカーさんは、まずは私自身がした悪いことを聞いてきたし、どういう風にお仕置きされたいかもよく聞いてきました。
メールの中でお説教が始まって、実際に会ってホテルに行ったら、お説教はメールでしたから、もう、すぐお仕置きしちゃおうって感じでした。

京介さんは、会う時間と日にちが決まったら「不安なことはなんでも聞い ていいよ 」って言うだけで特に何も聞いてこず…。
心の中で「え、どうするんだろう…笑」って思ってました。会ったら聞かれるのかなぁと思って、頭の中で悪いことはあれかなぁとか考えながら会ってました。

実際会ってみたら、お仕置きなくなるんじゃないかなって、こっちが心配になるくらい、長時間、たくさんの話を聞いてくれました。カウンセリングも一緒にしてもらったようで本当に嬉しかったです。
あと、ほぼ泣いていてすいませんでした。。。

泣くような話でも無かったと思うけど、普段から自分の話をあまりうまく周囲に出来ないのと、どちらかというと贅沢な悩みかなぁと考えて、あまり相談出来ていませんでした。なので、なんかいっぱいいっぱいで、ちゃんと話を したかったけど泣いてしまいました。。

泣いてて頭回らなかったので、自分が何を言ったのかあんまり覚えてないし、せっかく教えてくれたことも半分くらいしか理解できなかったかもしれません…(^^;;
それでも優しく聴いてくれて、数日経った今は少しスッキリしてます。

彼氏の事とか、家族の事とか、いっぱい話を聴いてもらったけど、一番びっくりしたのが、スパに対する自分の態度がなあなあになってたというか、意識を変えないといけないと見抜かれたこと。
多くのカーさんと会って来て、妥協してしまって何の為にしてるのか分からなくなってしまっている事。自分ではSMのような事はしてないし、最低限の嫌な事は伝えていたし、間違ってないと 思ってたけど、そう言われれば本来お仕置きってそういうものだよなぁって思い出しました(^^;;

「だから会うことやホテルに行くことに罪悪感を感じるんじゃないか」って言われて、「たしかにそうかもなぁ」ってすごい納得しました。。。
そしてその話を聞いてる間は、軽い気持ちで自分がここに来てしまって、場違いだったんじゃないかなぁとか、どうしょうって考えていました、、、

お仕置きされた事は頭の中で考えてた悪い事じゃなかったけど、今後考え方を直さないといけないなって部分で自分では気づけないところだったと思います。
何回かお仕置きの流れになりそうな予感がして、わざと話題変えてみたり、試してみたけど結局引き戻された…笑

私の今後の予定により、アザがあまり残らないスパにしてもらいました。
わざとゆるく叩いてもらってるのはわかってたんですが、ちょっと冒険したくなって(笑)
「道具の方が痛いなぁ」と言ってみたら、「じゃあ痛くしようか?」と今までより鋭い痛みの平手が…(´・ω・)
あれは素のごめんなさいがでました。。
冒険危険…。。

あと、ゆるめだったからか、痛い場所と痛い叩き方わかってるなぁってお仕置きだったと思う。
「意地悪な叩き方する…」って思いながら耐えてました。笑
絶対アザにはなってないと思って安心しつつ(ちょっと残念だったけど…)
家帰ってみたらアザが出来てて、抜かりないなぁとも思いました。笑

お仕置き中は口調が優しくて、本当に子どもに言うみたいでした。
でも、痛いのは子どもにする感じじゃなかった。笑
私は子どもにするみたいな家庭的なお仕置きが理想だったので、そこはすごい安心しました。

皆さんの感想読んでたら、お仕置きの時はすごい厳しいのかなっと思ってたんですが、ちゃんと私の意見も聞いて合わせてくれてありがとうございました。
今までのカーさんに道具とか、お仕置き受ける体制とか、嫌だからこそ我慢してお仕置きになると言われたことがあり、そこに妙に納得してしまっていて…(^^;;
ちゃんと自分が受けたいお仕置きでもお仕置きになるんだなぁと感じました。
我慢することなかったなぁって。

今までのカーさんと比べてばっかりで申し訳ないですが、やっぱり最初は心のどこかで今までのカーさんと一緒かなぁ、ちょっと話長く聴いてくれるくらいかなぁって考えてました。
でも、それは違って、私の悩みに対して何個も案を出してくれたり、共感してくれたり、考えることがいっぱいになった私にたくさんの道を示してくれたと思います^ - ^

本当にありがとうございました。
また来ていいよって言ってもらえたので、また頭がいっぱいになった時、反省したいことができた時、会いに行きます。






京介コメント

しほさんに会ったのは初めての連絡から2年4ヶ月後でした^^;
遠方なのもあったりタイミングが合わなかったりでしたが、今回はお互いの都合があい、お会いすることとなりました。

しほさんは幼稚園くらいからお仕置きシーンを見てドキドキしたり見入ったりしていて、高校生になってスマホを持つようになってから、小説や画像を見るようになったとのことでした。
そして高校を卒業した4年前に初めて掲示板で会った人にお仕置きを受け、それからはなんと20人を超える人と会ったそう です^^;

しほさん は初めて私に連絡をした時からずっと、彼氏との関係、そしてキーであることを悩み、そんなことを抱えながら2年4ヶ月が過ぎ、いまだに引きずっていました。
キーである自分が嫌で、キーをやめたい、そして彼氏との関係もうまくいっていないけど別れることができない、そんなジレンマを長い間抱えていました。

お話しは反省内容ではなく、そういったことの話がメインになり、ほとんどの時間が過ぎてしまいました^^;
それに、しほさんは途中からずっと泣いていて、お仕置きをする雰囲気ではなくなってしまっていて、しんみりとした空気が流れていたのですが、まぁお仕置き依頼できているので、話が一段楽したところで私が「反省内容はなにかあるの?」と聞くと、あっさりと「何もない」と、そんな気分じゃないというようなオーラで返答してきました^^;

とはいっても、それまでに話してきた内容から、これまでのカーさんとの付き合い方や、スパとの向き合い方に問題があったり、たくさんの人に会いすぎて初心の感覚が麻痺しているところもあったので、まだシクシクと泣いていたのですが、そのことについて指摘しお仕置きすることとしました。

今回は10日後にエステの予約が入っているとのことで、3日で消えるような感じでという依頼でした。
また家庭的なお仕置きで家庭にあるような道具でのお仕置きを希望とのことだったので、道具は竹の物差し、プラスチックの定規、大きめのしゃもじを試用することとしました。

いまだにシクシクしているしほさんをひざの上に乗せてお仕置きです。
まずは平手でお尻ペンを始 めました。

3日で消えるという指摘だったので軽めに叩き、スカートをまくって下着の上からペンを続けました。
その後パンツを下ろしてお尻ペンを続けていると、あまりお尻のダメージがなく、「お尻強いの?」と聞くと「強いと思う」と、さっきまでシクシクしていた子が普通な感じで返答してきました^^;
もう気持ちがキーモードの切り替わったかのようでしたね(笑)

その後、竹の物差しで軽めの連打をすると、連打が苦手なようで、手を出してきたり、足を曲げて阻止しようとしたりしてきたので、足を物差しでぺチンとしたり、手を押さえつけながら叩いていったのですが、お尻にはほとんどダメージがなく、これならある程度強めでもいけそうだなという感覚になりました。

その後 、プラスチックの定規、そしてしゃもじを使い、そのまま叩き続けると、「痛い、痛い」と声を出し、体をよじって抵抗してきます。
そしてお尻が結構丈夫なのを確認できたので、「これなら平手で強めに叩いても平気だな」といいながらお尻を叩くと、しほさんは「道具の方が全然痛い」なんて、ふざけたことを発言してきました^^;
人見知りでおとなしい印象だったのですが、こんなからかうような発言をして悪い子です!

これはいけないなと思い、平手で思いっきりお尻を何発か叩くと「痛い!痛い!無理無理」と、すぐに白旗(笑)
その後、ベッドに移動してひざの上に乗せ、さらに平手で叩きました。
しばらく叩いた後、最後100回叩いてお仕置きを終わらすからと宣言し、最後の40回 は強く叩くからといつもより多めに宣言すると「強いやつは無理」というので、何でか聞くと、なにやら「苦手な痛みと良い痛みがある」とふざけたことを言っているので、聞く耳を持たず最後の40回は思いっきり叩きました^^;

しかし最後叩いてもしほさんはごめんなさいがいえなかったので、そこを指摘して20回を追加することとしました。
これも力をこめて「ベシッ!ベシッ!ベシッ!」と20回叩き、最後はかなりの小声ながらもごめんなさいが言えたので今回のお仕置きは終了としました。






            戻る          Top