お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

かなみ   年齢:30代前半 お仕置き経験:5人 彼氏:無し パートナー:無し

2018年10月5日掲載
お仕置き感想提出人数:通算163人目


先日はありがとうございました^^

初めにご連絡してからお会いするまであっという間で、サイトの中を隅々まで読めてなくてあまり予備知識のないまま当日を迎えました。
ちょこっとみた感想に「優しそうな人」って書いてあった記憶があったので、会うまであまり緊張せず待ってたのですが、駅に現れた黒ずくめの人がバリバリ怖い雰囲気出していたので、一度は別人かと思いスルーしてしまいました。
残念ながらその怖い人が京介さんご本人でした。笑

私の想像してた京介さんとかけ離れていたこともあり、移動中は正直緊張しっぱなしでした。
お部屋についてから、 おしおきに興味をもったきっかけや昔のことなどいろいろ聞かれる中、特に嫌な記憶や思い出は消し去ってしまっていて、なかなか思い出せずうまく話せなかったのですが、京介さんが根気よく私のペースに合わせて話してくれたので、すこしづつ緊張がほぐれていろんなお話をすることができました。

会っていた時間のほとんどが、お話の時間でしたよね?
もともとお仕置きされる明確な理由がなかったのと、長い間お話する中で、なんとなく自分とおしおきの関係も見えて気持ちも落ち着いてきて、お仕置きなしで終わりって気持ちになっていたので、突然京介さんが机の上に道具を並べ始めたときはかなり焦りました。

怖そうなお道具を目の前にして、お仕置きの理由は? って聞かれて、でも理由がないのは確かだったので、自信をもって「ない!」って答えたのですが、私の主張は完全スルーされてすぐさま2つ理由を言われ、しかも一つは全く予期していなかった理由だったので、だいぶ腑に落ちない顔してたと思います。(ごめんなさい)

丁寧にわかりやすく、なんでおしおきなのかを説明してくれて、頭では京介さんの言ってることが正しいってわかるんだけど、でも、心の準備ができていなかったので全然素直に受け止められず。
そしたら、反省できない子は厳しくしないと、って言われて。
さらに、おもむろにスマホ手に取ってメールを見ながら、「あ、レベルお任せじゃん。厳しくできるね。」って。
あれはずるいです反則です!!!>_< 笑

依頼をしたときは深く考えずにお任せを選んだのですが、それからお仕置き当日まで一切希望とか聞かれることなかったので、お仕置きなしなのかなって思ってたのです。
「ふつう」を選ばなかったことを心底後悔しました。

でも、お話の中で「過去の経験のときどうしても嫌だったお道具は?」って聞かれたときにこたえたやつは一切使われなかったので、そこは京介さんのやさしさであり、信頼できるところだなって思いました。

お膝に乗せられてからのことは、正直あんまり覚えてないです^^;
おしおきこんなに痛いっけ?!ってのと同時に、恥ずかしいという気持ちが強くて訳わかんなくなってしまい。
ひたすら早くおわって !って思いながらイタイって言葉を繰り返してた気がします。

いったんお膝から降ろされた時も、思わず顔が笑ってしまい怒られたのですが、あれは反省してなかったわけじゃないです>_<
恥ずかしいのが限界に達してたんです。
それからもいっぱいペンされましたが、プチパニック気味??な私を見て、だいぶ加減してくてれたんじゃないかなーと思ってます。

もともとスキンシップが得意なほうじゃなかったので、おしおき終わったあと「おいで」って言われたとき、なかなか素直に動けなかったのですが、手を引かれてゴロンさせてもらって頭を撫でてもらっているときに気持ちいーなって思って、初めてそこで全身の力が抜けました。

さいごに、 またおいでって言われたときはとてもあったかい気持ちになりました。
おしおきされた理由、それから教えてもらったこと、忘れないようしっかり考えて、これからもっと人の気持ちに寄り添えるような人になりたいなって思います。

いろんなキーさんが京介さんを頼って会いに行く理由が判りました。
またいっぱいいっぱいになってパンクしそうになったら、お話聞いてもらえればうれしいな、と思います。






京介コメント

かなみさんは小学校5年生くらいの時にクラスの子が先生にお尻ペンをされているところを覗き見てしまったことをきっかけにお仕置きされたいと思うようになったとのことでした。
いい子で叱れれることがなかったので余計に そういう思いをしてみたいと思ったそうです。

それから中学高校とお仕置きのことを頻繁に妄想していて、高校3年生の時にネット環境ができ、そこでお仕置きを検索してみたとのことでした。
初め自分はMだと思っていたようですが、スパの世界を知りこんな世界があるんだと嬉しくなったそうです。

大学1年生になり、その勢いのまま、怖いもの知らずでネットで会ったカーさんに初お仕置きをしてもらい、そのまま雰囲気に流されて、その日にエッチまでされてしまい、しかもそれが初体験・・・。
その後もう一回会ったものの、性行為があることに嫌悪感を覚えそのまま音信不通にしたそうです。

何も知らないでスパの世界に飛び込み、そのまま流されてそのような体験をしてしまっ たキーさんは多いですが、やっぱりそういう危険性込みで考えないといけませんね。

そんなかなみさんですが、今回反省内容は会社での他の社員に配慮しきれなかったことと、過去に妹に意地悪をしてしまったことに対してです。
妹の件に関しては雑談の時に湧いて出た話ですが、罪悪感を殆ど感じてなかったことから厳しめを宣告しました。

ちなみに今回のお仕置きレベルはお任せだったのですが、本人はお任せにしてしまったことをとても後悔していたようです(笑)
また会社の件については本人は悪いこととは思ってなく、むしろ頑張ってる思いが強かったので寝耳に水だったようですが、しっかりと説明して本人も納得したようでした。

そして正座をさせてお説教をしてお仕置きです 。
まずは膝の上に乗せて服の上から平手でお尻を叩きます。

その後スカートをめくり、下着の上からペンペンしているとすぐに「痛い、痛い」と声を出してきます^^;
しばらく叩いたあと、下着を下ろして、生尻を叩くとすぐに赤くなり、かなり皮膚が弱いことが判明。
お尻にはうっすらと汗をかいているし、これはかなり痛くて我慢しているんだなぁと叩きながらに思いました・・・・。

そのまま今度は竹の物差しで叩くと、「痛い、痛い、もう終わり」と手を出してきます。
その後、しゃもじで叩くとすぐに音を上げて、またまた手を出してきます。

今度は丸椅子の上に腹ばいにしてさらに叩いていきました、かなり痛がっているし、大量の汗をかいているし、かなりダメージが出ているのを見て 道具でのお仕置きを終了。
最後はベッドに移動して膝の上に乗るようにうながし、100回を宣告しました。

かなみさんは「半分にして」と要求してくるので、私が「それじゃ200回!」というと観念したのか素直に膝に乗りました^^;
平手90回は軽めに叩いているつもりでもお尻を左右に動かしたり、手を出して来たりしますが、お構いなしにペンペンしました。

最後の10回は厳しく叩くよ!と宣言して力を入れて、「ベシッ!ベシッ!ベシッ!」と叩いていくと体中力が入って必死に我慢していますが、お構いなしに続けて叩き、最後に強烈な一発をお尻にお見舞いし、今回のお仕置きを終了としました。

お仕置き後はかなみさんは汗だく、、
かなり力が入っていたんでしょうね^^;
滝のよ うに流れる汗に本人もびっくりでした(笑)

ちなみにかなみさんの感想では「怖そうな人」と表現してますが、そんなことはないです^^;
たしかにたまにそういった表現をする人がいますが逆に「優しそう」とか「普通の人」と言う人も多いのでそちらを参考にしてください^ ^

多分服装が黒系なので錯覚してるんでしょう(笑)





            戻る          Top