お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

あおい   年齢:10代後半 お仕置き経験:無し 彼氏:無し パートナー:無し

2018年8月24日掲載
お仕置き感想提出人数:通算159人目


今日はありがとうございました。
全然話ができなくてすみませんでした。

感想です。
京介さんは全身真っ黒で最初に会ったときからすごく怖かったです。
京介さんが履いてた靴が真っ黒で先が尖ってて何でかわからないけど、とても怖く感じました。

部屋に着いてから、お茶を出してもらって色々話を振ってくれたけど、怖くて上手く話せなくて、そしたら京介さんは怒ってるみたいだしどうすればいいのか分からなくてすごく帰りたかったです。
そのあと、京介さんが少し考える時間をくれて、けどもう話してくれないのかと思ってとても焦りました。

それで、また話を聞いてくれた時はちゃんと聞いてもらえるように頑張って話しました。
京介さんが話を聞いてくれて、色々教えてくれて納得することも多くて、少し気持ちが楽になりました。
その頃には、お仕置き無しにしてもらおうかどうかで悩んでたから、お仕置きするっていう流れになった時はどうすればいいのか分からなくて泣きたくなりました。

それで黙ってたら、最初は京介さんは怖かったけど、しばらくしたら優しくギュっとしてくれて、頭とか撫でてくれました。
ギュってされるのはすごい久しぶりでどうしていればいいのか分からなくて固まってしまったけど、されてる時はすごく安心できて居心地が良かったです。
だから、今日はこれでいいやって思ってたら、話がお仕置きの内容に戻ってて、お尻を叩かれました。

その時は急にまた怖くなって、痛いとか分からないけどとにかく怖いっていう感じでした。
だから、ギュってされてた時の雰囲気に戻って欲しくて叩かれないように必死でした。
お仕置き終わった後はまたギュってしてくれて、お父さんみたいで嬉しかったです。

また来ていいよって話をしてくれて、全然話せなくて怒らせたと思ってたから、安心しました。
またギュってして欲しいのでもう一度会いに行かせてください。
今度はちゃんと話せるようにします。

今日は行ってみて本当に良かったです。
ありがとうございました。








京介コメント

あおいさんは会った瞬間からかなりの緊張に加え、なにやら怯えているようでした^^;
優しく優しく言葉をかけても小声で何とか話を返してくる感じで、私としてはとても気を使ってしまいました・・・。

いろいろと話を聞いてみると、あおいさんはお仕置きに憧れたり興味を持ったことは無く、なぜだかわからないけど叱られたいという願望を持ってしまって、そういった相談もかねてのお仕置き依頼でした。

幼少期からの話を聞いてみると、やはり愛情不足の面や、相当ショックなことを抱えながら生きてきたのが伝わってきたのと、中学生の頃母親の再婚相手に小学生の連れ子がいて、そのころから全く叱られなくなっていたとのこと。
更にその連れ子はいつも叱られていて、そういうのを見ていいて自分も叱られたいと思うようになったそうです。

その深層心理は、「自分も構って欲しい」「愛情がほしい」というところで、そこからおそらく「お仕置き」となっていったのでしょう。
といってもお仕置きよりも叱ってほしい、甘えさせてほしいという事の方が大きいようでした。

今回の反省内容は中学時代に仮病での休みが5,6回ほど、高校では親に休みと嘘をついてズル休みをしてしまったことでした。
あおいさんはかなりの優等生なのですが、寂しさや虚しさというものが心にまとわりつき、時折どうにでもなれと投げやりになってしまう事があるようです。

早速お説教をしようと正座をさせようとすると、もじもじと鞄をいじっているので、鞄をどけて何度も正座と促すのですが、一向に正座をしようとしません…

手を引っ張ろうとすると力づくで抵抗して、その顔は恐怖の顔でしかありません(汗)
とりあえず、そのままの姿勢でお説教をしていき、スキを見て早わざで膝の上に乗せてしまいました^^;

今回あおいさんは服の上からのお仕置き希望だったのと、あまりにも恐怖心が強かったので、平手で100回だけにし、宣告しました。

まずは平手で普通の力で叩いていき、50回過ぎたあたりから服の上からということもあり強めに叩いていると、ものすごい力で抵抗してきました^^;

かなり必死で抵抗してくるので、私も力を弱めると、そのすきに逃げてしまいました…。
普段は逃がさないし、逃げても追いかけて強引にお仕置きするのですが、あおいさんは恐怖心満々だったのでそこまではできず、やんわりと捕まえ、力強くベッドに誘導し、そしてやっとのことで膝の上に乗せました。^^;

残り20回だけだから我慢しなさいと言い聞かせて叩き始め、多少の抵抗はしたものの、しっかりとお尻ペン100回を終えました。
今回はキーさんでもない、依頼でもない女の子を無理矢理お仕置きをしたような感じがして、かなりのリアルお仕置き観がありました(笑)

あおいさんが帰った後の心境をかなり心配をしていたのですが、その後に来たあおいさんの感想を見て一安心です^^





            戻る          Top