お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

ことこ   年齢:20代前半 お仕置き経験:無し 彼氏:無し パートナー:無し

2018年8月17日掲載
お仕置き感想提出人数:通算158人目


今日はありがとうございました!
初めはそこまで緊張していなかったんですけど、あと2〜3分で着くよと連絡をもらってから急に緊張しきてどうしたいいか分からず、携帯で動画を見続けてました(笑)

移動中でも凄ーく緊張していたんですけど、色々お話し振って下さってありがとうございました。
仕事の事や将来やりたい事、色々聞いてもらって今までの生き方は正しかったんだと思えました。
幸せを自分で引き寄せてるって言って頂けたのが嬉しかったです。
これからも自分の信じた道を自分なりに進んで行こうと思いました!

あと両親との関係を聞かれた時、母の事はいーっぱい話せたんですけど、父の事をどうやって説明すればいいのか分からなくて、ゴニョゴニョしてしまってすみません(笑)
それでも言いたい事を汲み取ってくれたので、すごく助かりました。

今日、何回か言ってたと思うんですけど、私は母の事が大好きで尊敬しているから、京介さんに母の事を話した時に「すごいねぇ」って言ってくれた事がとても嬉しかった です。
母が苦労してきた事とか色々知ってるから、ちょっと泣いちゃいそうになりました。私のお母さん凄いでしょ(笑)

お説教の時は、「たしかにそうやなぁ」って思うことばかりでした。
厳しい中にも優しさがあって素直に受け止められました。心に京介さんの言葉がグサグサ刺さって「はい」しか言えなかったです。

ちゃんと目を見て聞かな!って思ってずっと見てたんですけど、目がバッキバキで怖過ぎです。
これ目線外されへんって思いました(笑)
正座の時に膝のこと気にしてくれてありがとうございました🙇‍♂️

お仕置きはもう痛すぎです。笑
ちょっとでも声出したら、我慢出来ひんって思って必死に耐えてたんですけど、耐え過ぎて「痛い」すら言えなかったです。笑

途中で「何にも言わないから分からない」って言われて初めて「痛い」と言えた気がします。
痛いって言ったらなんかあるんかなって思ったのに、何にも返してくれへんくて「何もないんかーい」って今になって思います。笑

その時は痛すぎて、心の中でさえツッコミいれられませんで した!笑
ソファーからベッドに移って「あと100回ね」って言われた時はホンマに耐えられるか分かりませんでした。
ホンマに無理って思ったけど、ちゃんと自分の中でのケジメって意味でもちゃんと受けなって思って頑張りました。

ただ、100回ってこんなに多いの!?ってなりました。京介さん気づいてたか分かんないけど、私、普通に涙出てましたからね(笑)
ホンマにめーっちゃ痛くて、何にも考えられなかったです!!

100回終わってから、「ごめんなさい言えないの?」って言われて「えっ!?うわぁー、私ごめんなさいゆーてへん!ヤバい!」って思ってすぐごめんなさいって言ったけど、「遅い、あと20回」って増やされ…

そこからただただ必死にごめんな さい言ってた気がし ます。言い訳じゃないけど、反省してなかった訳じゃないんですよ😖
ちゃんと反省してたんですけど、痛みに耐えて言うのを忘れてたと言うか…
あー、言い訳ですねコレ(笑)
ごめんなさい。

それが終わってから「しばらく立って反省しなさい」って言われて立って色々考えてたけど、その間に京介さんは片づけをしたりしてて、目も合わせてくれへんし、これで許してもらえへんかったらどうしたらええんやろって、めっちゃ不安になりました。

ちょっとしてたら「こっちおいで」って言われて、まだ叩かれるんかなって思ったけど、ぎゅーってしてくれたから、許してもらえたんやって安心出来ました。
でも、お尻出したまんまやったから、いつ服直せるの?って恥ずかしかったです。笑

手も出さず頑張ったねって褒めてくれて、ちゃんと見てくれてたんやって思って嬉しかったです。
仕事についても、身体壊すまで頑張らんでも大丈夫って言ってくれて、ウチのお父さんよりお父さんやんって思いました。
分からんけど、京介さんがお父さんやったら、もっとお父さんって存在が変わっていたんだろうなぁって感じました。

今の仕事もあと半年。
京介さんに「もっと追い詰めてやってみな?きっと出来るよ」と言ってもらったので、自分らしく楽しく頑張ってみます!外見だけじゃなくて、中身もしっかりした人になれるように頑張ります!
お仕置きはもうされない様に頑張るので、また会ってお話し聞いて欲しいなって思いました!
今日は本当にありがとうございました!







京介コメント

ことこさんが私に最初連絡を取ってきたのはちょうど2年前の専門学生の時でした、お会いする約束をしていたのですが、ちょうど約束に日に都合が悪くなってしまい、その後もバタバタしてしまい会わず仕舞い。
結局先月に突然連絡があり、急きょお会いすることとなりました。

今年就職をし、いろいろと追い込まれていたこともあり、前回も追い込まれた時期があって、そういう時にお仕置き欲があがって連絡をしたくなってしまうとのことでした。
この2年間の間にお仕置き経験はしたのかなと思って聞いてみたのですが、まだ経験はないとのことでした^^

ことこさんがお仕置きに目覚めたのは小学校低学年くらいの時に見たアニメの影響とのことでした。
お尻を出して、お尻ペンペンされているシーンを見てドキドキしていて、それが頭から離れなくて、たまに思い出してみたり、そういうシーンを見るたびにキュンとしていたそうです。

高校生になってからスマホを持ち、そこで「お仕置き」というワードで検索をして、その時にスパの世界や、キーやカーというようなワードやお仕置き小説を目にして、そこから更にお仕置きの世界にのめりこんでいったようです。

ただ、掲示板での出会いを見ても怖くてリアルにお仕置きを受けたいという気持ちにはなれずにずっと心で抱えていたところ、私のブログを見つけて、高校卒業して専門学校に入ったころで連絡をしようと思ったそうです。

今回の反省内容は部屋の片づけ。
仕事はしっかりとやっているのですが、疲れて私生活がだらけすぎていてそんな自分を何とかしたいとのことでした。

将来やりたいことも明確なのですが、その道はかなり難しいこともあり、今の生活くらいで音を上げているようでは到底無理だ、ということで喝を入れ、更に生活の中で自分をを追い詰めて将来の土台にするようにとお説教をし、お仕置きとなりました。

今回は道具無しの平手のみという事だったので、道具の使用は無しにして、その代わり、しっかりと自制できるようにと平手は厳しめにしました。

正座の姿勢から立たせ、ことこさんに膝の上に乗るようにいうと、素直に乗ってきました。
そのままズボンの上から、平手でお尻ペンをしていきました。
体を硬直させ、足もピンと張っている状態で、かなり筋肉を固くさせて叩かれていました^^;

その後、ズボンを下ろして下着の上からペンペンしていったのですが、ことこさんは仕事柄結構な筋肉質で、その上全身を硬直させてくるので私の足にグリグリと筋肉の塊が押し付けられてきます^^;

まぁ痛いから体を硬直させているのでしょうが、声は一切上げず、手も一切出さずにただ淡々と叩かれているだけだったので、私が「痛い?」と聞くと「痛いです!」と返答。
そりゃそうだよな(笑)と思いつつ、下着もおろして、生尻を平手でペンペン、というよりもピシッ!ピシッ!ピシッ!と力強く叩いていき、ことこさんの体は硬直する一方でした^^;

その後、もう一度正座させ、これからどうしていくか、自分の口から言わせて約束をし、今度はベッドの上に移動して、膝の上に乗るように指示すると素直に乗ってきました。
そのまま最後にお説教をして、最後100回を宣告。

50回あたりまでは普通の力で叩いていたのですが、それを過ぎてからは更に力を入れて、ペンペンペン!
残り20回は、今後の生活はもちろん、自分のしたいことの目標を達成できるためという気持ちで力を込めて叩きました。

最後叩き終わると、そのまま何も言わずにぐったりしているので、「ごめんなさいは?」と言葉を促すと、ヤバいと気づいたようで、必死に謝るも、それは後の祭り・・・。

20回追加!というと、愕然としたようでしたが、またまた強めのペンでピシピシ叩き、最後はしっかりとごめんなさいが言えたのでお尻叩きのお仕置きは終了としました。





            戻る          Top