お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

あすか   年齢:20代半ば お仕置き経験:無し 彼氏:無し パートナー:無し

2018年7月20日掲載
お仕置き感想提出人数:通算154人目


昨日は有難う御座いました。
昔やってしまった悪い事を清算するため今回京介さんに会いに行ったけど、まあー、緊張やばいし人見知り激しい私だから会ったとき、まともに顔見れなかった。笑

んで、目的地に到着。ソファーに座ってから飲み物出してくれたけど飲める状況じゃないぐらい緊張ほぐれず。
話してる時もやっぱり相手の目は見れないし手も落ち着かない。てか、このソファー座り心地良いなとか考えてた。

お説教のときも相変わらず手が落ち着かなかったけど、ちゃんと話聞いてたし、京介さんの言葉は一つ一つが心に響きました。
そしてお仕置きは最初平手で叩かれてるときは((別に大丈夫かも))とか思ってたけど痛みが積み重なってから((いやちょっと、無理))と思ってました。

道具何使ってたかは知らないけど痛すぎな。何回体勢崩したことか。本当すみません。
最終ベッドへ誘導され、ベッドに手をつかされて立ったまま。そこでも道具使われるしで特に連打が痛かったです。
ずっとベッドのシーツ握り締めてた。

道具での最後の1発受けて((やだ。もう出来ない))と。(記憶あいまい→)ベッドから手を放し顔を上げれば京介さんはすでにベッドの上に正座してるし、あとは平手だけとか言うけど私は私で((キツイ。もういい。行きたくない))と負の三拍子が揃って素直に行けず。

まぁ手掴まれて膝上行ったけど、やっぱり叩かれるうちに体勢崩しちゃって「もう出来ない」と京介さんの膝(たまたま近くにあったから)に顔を乗せて拒否。
私の頭に手を乗せて「出来るよ」と言われ、これはやらなきゃいけないなと思って体勢を戻す。

で、平手での最後の20発強めに叩かれて、ごめんなさいは?って言われるけど口から出てこなかった。
反省してるし悪いとは思ってるけど、ごめんなさいって言葉は1番嫌いな言葉で普段からもあんま使わず別の言葉で謝ったりしてたのもあってか言えず。
でも言わないと終わらない。反省してるけどその言葉嫌いだな。と自分の中で変に葛藤してました。
まぁ追加で叩かれましたけど、次は ちゃんと 言えました。

お仕置きが終わってからの京介さんはめっちゃ優しく心地良かった!聞き間違えかもだけど子供みたいって言われたような。
それに対して何故だ⁉︎とは思った。
とりあえずスキンシップが凄い落ち着いた。何でこんな安心出来んだろ?本当なんだろうこの人、凄いなとも思ってました。

あとはカウンセリングでもいいからいつでも来ていいよ的なこと言ってくれたので機会あったら、また行こうかなって思ってます☺︎!
本当に有難う御座いました!






京介コメント

あすかさんはキーさんというわけでもなく、お仕置きには憧れも興味もないとのことでした^^;
少し前にたまたま読んだ小説がお仕置き小説で、その時に自分がずっと引きずっていた過去の過ちを思い出し、その罪悪感をどうにかしたいと検索していたら私のサイトに行きついたとのことでした。

依頼メールの内容は一行だけで「昔の過ちを罰則を受けることで軽くしたいです」^^;
その後2通ほど簡単なやり取りをしただけでお会 いするこ とになりました・・・。
本人いわく、「サイトにある感想が無かったら依頼してなかった」とのことでした。

また、実際会ってみたら超のつくほどの人見知りで、顔も見れないし、話していても逆側を向いているし、ソファーに座っていても隅っこの方に逃げているように感じるし、私のこと生理的に受け付けないのかなぁとか帰りたいのかなぁという感じがして、とても気を遣ってしまいしました^^;

今回の反省内容は、小学校から高校生にかけてやってしまった様々な悪事。
細かいことはここでは書けませんが、まぁいたずらにしても少し度が過ぎていることが多々ありました^^;

これらのことに対してお説教をしてお仕置きとなりました。
今回のお仕置きレベルは「普通」だった のですが、反省内容はずっと引きずっていたこともあり、本人了承の上、少し厳しめにすることにしました。

また正座ができないという事だったので、ソファーに座ったままのお説教でした。
お説教が終わり、まずは膝の上に乗せて服の上から平手でお尻ペンを始めました。

最初は痛くなさそうで、無表情、無反応だったのですが、スカートをめくり、ストッキングを下ろしたくらいから体に力が入ってきているようでした。
下着を下ろし、生尻を叩いていても体に力が入っていて、しかし無反応^^;

痛い?と聞くとやっと「痛いー」と大きい声で返答してきました^^
そして平手のつぎに、竹の物差しを使い連打でペンペンしているとすかさず手が出てきて「もう無理!」と声を出しま す^^;
その後、道具をプラスチックの定規に変え、今度は間隔をあけてペンペンしました。

お尻の皮膚はかなり弱く、すでにお尻は真っ赤です^^;
これは痛みも相当だろうと思い、次に長めのしゃもじをつかいペンペン!
すると「ほんともう無理!」といって、膝から降りてしまいました^^;

そのまま手を引っ張りソファーのひじ掛けに、くの字にさせて、しゃもじでペンペンすると、手を出して来たりうずくまったりして限界アピールをしてきます。
威力的には軽めなんですけどね^^;

次にベッドに移動し、ベッドに手をつかせてケインでのお仕置き。
2,3発叩くと「もう無理もう無理!」と拒否しようとするのですが、これまでの悪いことを償う為には必要なことと説得をすると、自らベッドに手をついてお仕置きを受ける体勢になります。

そのまま軽めに叩くのですが、ケインでの連打には耐えられないのか、幾度となく手を出してきます^^;
そして私がベッドの上に乗り、膝に来るようにいうと「もう無理」と拒否。

私が手を伸ばしてあすかさんの手を握ろうとすると手をよけて捕まらないようにしてきます^^;
もう一度手を伸ばし、捕まえると、諦めたのかそのまま膝の上にのったので、軽めにペンペンしました。

すでにお尻は真っ赤で、少し腫れあがっていました。
軽めに叩き続け、その後残り100回を宣告。

残り20回は強く叩くといい、叩いていると手を出してきたり、お尻をよけようとしますが、そうはさせじとしっかりと20回お尻を叩きました。
しかしごめんなさいが言えなかったので、 追加の20回を宣言し叩くのですが、それでもごめんなさいが言えません。

私はそこで、「ごめんなさいが言えるまで叩き続けるから」といい、平手でペンの連打をしていると、10回を過ぎたくらいにやっとごめんなさいが言え、今回のお仕置きを終了としました^^;





            戻る          Top