お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

ゆかり   年齢:10代後半 お仕置き経験:無し 彼氏:無し パートナー:無し

昨日はありがとう。
会って沢山お話できて嬉しかった^^

会う前日は緊張でご飯は食べれないし、一睡もできないくらい不安で、正直逃げたい気持ちで一杯だったよ^^;
ネットで知り合った人と会って大丈夫なのか、変な人だったらどうしようって…。
一人で遠出するのも初めてだったから余計に不安だったの。
会う直前まで逃げる方法とか理由ばっかり考えてたし^^;

京介さんの第一印象はね…緊張しすぎててよく覚えてないけど、意外と普通の人だなーって感じ(笑)
私の中で作ってたイメージが怖すぎたっていう部分もあるだろうけど、とにかく見た目的に無理なタイプじゃなくて良かったー!っていうのが率直な感想だったかな(笑)

ホテル入って色々お話してくれたけど、緊張で殆ど耳に入ってこなかった^^;

いよいよお仕置きってなって正座させられて…こんな風に叱られるのって、一応優等生を演じてきた私にとっては憧れだったから凄いドキドキしちゃった( ´ ` *)

一回目のお仕置きはね、痛いけどまだ耐えられる程度の痛みで、どっちかっていうと恥ずかしさの方が大きかったかな。初めてだから甘くしてくれた?
まだ普通に座れる感じだったし、この時はまだ「やっぱキーちゃんのブログとか小説って大袈裟に書いてる部分もあるんだろうな~」なんて思ってたの。

でも二回目のお仕置きは…(>_<)
もう一発目の平手から重みが全然違くて…堪らず「イッ…!!」って声が出ちゃった(汗) 一回目のが7割の力とか絶対嘘じゃんかー!!って心の中で叫んでたよ^^; 本当に痛すぎて、恥ずかしさとか色んなものが吹き飛んじゃって、もう只々「ごめんなさい!!!」って感じ(汗)

なのに…靴べら ピタピタッ ってされて…orz「もう無理!」って思っても容赦無く降ってくるんだもん。しかも連打…(泣) めっちゃ痛かったよ(T T)

でもお仕置き終わったあとの ギュー は凄く幸せだった( ´ `* ) 距離が近すぎると怖いって言ってごめんね。本当は嬉しかったけど…やっぱりまだちょっとトラウマ引きずってて^^; そのことも話せてよかった。聞いてくれてありがとうね。

お仕置き終わったあとは、もう全然緊張感とか無くなってて、安心したせいか眠気が襲ってくるレベルにまで…(笑) (京介さんはまだ警戒してるのかなって思ったみたいだけど、本当は眠くて口数が減ってただけなの 笑)

こうして思い返してみると私って本当に可愛げが無いね…(笑) 何でも直ぐに「ヤダ!」って言うし^^; (多分これ口癖なんだろうね;; )
その内「キモい」とか「バカ」とか平気で口から出てきそうでヤバイなぁ、と思ってる(笑)
(これ実際に思ってるわけじゃないんだけど、つい口から出ちゃうんだよね、反射的に^^;)

ぶっちゃけ「全然萌えないでしょ?」って聞かれた時「そうだね」って答えたけど、実は結構萌えてたからw (今でも萌えr…←)
やっぱ私キーちゃんだ( ´ω` )笑

京介さんのお説教は筋が通ってるし、ちゃんと私のことも考えてくれてるのが伝わってきて嬉しかったよ^^

何かね…今回のお仕置き両方に共通する事だと思うんだけど、やっぱり私は周りに対する感謝の気持ちが全然足りてなかったんだなって気付いたの。

毎日朝は早い時間に出勤して、夜は残業して私の時間に合わせて送り迎えしてくれてること、お弁当作ってもらえること、掃除も洗濯も私の身の回りのこと全部やってくれてるってこと…全部"当たり前"のことだと思ってた。

こんなワガママな私を受け入れてくれる友達の存在のありがたさにも気付いてなかった。

そんな人達に対して、私がどれだけ酷いことをしてきたのか…考えたら凄く辛くなった(>_<)

これからはちょっとづつでも変わっていけたらいいなぁ。

今日の朝、久々にお母さんに「おはよ」って言ったらね、「朝からゆかりちゃんが笑ってる…こ、怖い…!!」って言われたww
でも嬉しそうだったよ^^

友達とも朝ニコニコできたの^^
やっぱ私って単純だな…(汗)

あ、お尻の状態はね結構まだ痛々しい感じ(汗) 全体的に黒ずんでる…^^;
靴べらの痕もくっきり…orz
これは旅行に間に合いそうにないかも\(^o^)/ 2、3日でどうにかなると思ってた私が馬鹿だった…orz

まぁ、とにかく会う前はすっごく不安だったけど、勇気を出して会いに行って良かった^^

私、素直になるのって本当に苦手で、天邪鬼な事ばっかり言ってるから結構誤解されることも多いんだけど、本当に京介さんに会えて良かったって思ってるよ^^

本当にありがとうね!



京介コメント

ゆかりさんは基本的に良い子なので普段は叱られることはないようです。
しかし、本人は友達や親に対する接し方に嫌悪することが多く、その点についてお仕置きをしました。
まぁ親に対してはわがままになってしまうことは誰にでもあるしまだ若いので許容範囲だと思います。
また、友達に対しても朝が弱い事も有り不機嫌になってしまいますが、それは友達も理解していることなのでまだ軽い罪だとは思います。
ただ、本人はとっても罪悪感が強くそんな自分を直したい、迷惑をかけたことに対してバツを受けたいという気持ちが強く、私はコミュニケーションの大切さ、周りの人たちの思いや本人がどれだけ自分本位な考え方だったのかということを中心にお説教をしました。
初めてのお仕置きとなるので平手である程度の力でお尻ペンをしたのですが、ゆかりさんは何も声を発しずこらえていました。
こういう子はとっても頑固であることが多く、2回に分けてお仕置きをすることを決めていたので(本人には告知せず)油断させておきました(笑)

最初のお仕置きは親に対することなので若いし甘える時期だしそういう意味で軽めにしました。
二回目は友達に対する態度のお仕置きです、これは他人に不快な思いをさせてしまう行為ということと、ゆかりさんは遠方なのでお仕置き自体なかなかできないということもあり、強めに平手でのペンをしました。
先程は何も声を発せず頑固なところを見せていたのが、二回目は4、5回程しか叩いていないのにいきなり「ごめんささい」といってきてました^^;
先ほどの勢いはどうしたの?みたいな感じで私があっけにとられてしまいました(笑)
まぁせっかくだからそのままお尻を叩き続け、一回目のお仕置きでは平然としていたので、ホテルにあった靴べらも使用してみました。
だんだん羞恥心が取れてきたのか痛みでそれどころではなかったのか、ごめんなさいの声が大きくなり本当に反省し、十分にそれ相応の罰を受けたのでお仕置きを終わらせました。

お仕置き後、お尻を出させているととても恥ずかしそうに隠そうとするので「そのまま出していなさい!」と叱り、しばらくはそうしていましたが、私の隙を見て服を直してしまっていました^^;
またそんな中、自分のお尻の痣を見て何度もびっくりしながら3日後に友達と行く温泉旅行の心配ばかりする姿を見ていて可愛いなぁと心ながらに感じていました(笑)
初めてのお仕置きということで終始緊張をしていましたが、お仕置き後は少しは緊張も解けて調子に乗る場面もありました(笑)

今回当たり前のことのありがたさというものを理解してくれたようなのでとても良かったと思います。
聞く耳を持つ人は必ず心が安定します、そしてそれを繰り返してしまってもそれはそれでまた反省をすればいいことだと思います。
ゆかりさんには今後のコミュニケーションが円滑に行くように楽しい毎日を送ってもらいたいと願います。
またダメな自分になりそうになった時には会いに来てもいいですからね






            戻る          Top