お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

えりこ   年齢:20代前半 お仕置き経験:無し 彼氏:有り パートナー:無し

2017年11月17日掲載
お仕置き感想提出人数:通算132人目



まず初めに、今日は本当にありがとうございました。
地元を出る時間を間違えて相当早く着いてしまいましたが
初めて降りた駅、初めて歩く街
ウキウキしてて結構気分は高まってました。
目的地に着くとすぐに声をかけてくださいました。

第一印象はもっとヤバそうな(ヤ○ザみたいな)のかと思ってたら、思ってたより普通で目線同じくらいで(私がデカイだけか)
高校の頃の担任に似てるなあなんて思いながらあっさりとついていってしまいました。
ヤバい奴きたら直前まで逃げる気でいましたから。
ただ、メールでよく使う^^ とか^^;は似合わない感じの人です。

移動中はちょっと素っ気ないというか
口調がキツイ感じで
(私早速なんか怒らせたか?)なんて考えてました。
でも全然普通に話してくれたので、あ、こういう人なんだってすぐわかりました。

お部屋についてから少しずつこれまでの事を振り返りながら
どんな子だったのかとか親との関係とか
丁寧に言葉1つ1つを拾ってくれました。
絶対あり得ないって思ったけど
割と早い段階で泣いてしまったりもして。
言葉にすると泣いちゃうから自分のことを話すのは苦手だったのですが
話せなくなる時も横で見守っていてくれたのは嬉しかったです。

これまでのこと話して
自分の中 に留めておこうと思っていたことも
全部話した上で
京介さんに言っていただけた言葉は
全てねじまがる事なく噛み合いました。

なんだかんだ2時間くらいは話したのでしょうか。
私はこのまま帰れる気で居ました。
泣いてスッキリ、自信持ちなって言われて
よし、頑張ろって思いながら。

そしたらもうあんまり覚えてもいない二週間くらい前のメールに書いた反省内容のお話になり…
根っからの意地っ張りで負けず嫌い。
これまで謝るということをしてこなかったことを反省することになりました。

そもそもなんでメールしたかを思い出してみたら
自分には罪悪感というものが欠落しているのではないか?と感じたからで。
話してスッキリしたことで目的を忘れていまし た。

正座できる?って言われた時も
あんまり実感がなくて。
納得できるお話をいただき
直さないといけないところ
諭すように教えてくれました。

だけど、膝の上来てってなったとき
中々立てなかった。
気まずさもありました。
こんなにボロボロ泣いてるとこ見られたし。
まあでも許してもらえるわけもなく手を引っ張られて乗せられました。

重くないかな?って気になって体重掛けないようにしてましたが
服の上から一回叩かれただけでそんな余裕無くなりました。
思ってたより、痛い。
まだ冷静に状況を把握する余裕はありました。
これは欠落してるものを組み込むための施術だって。

それでも一発ごとに痛さは増しててスカート捲られて
"残念系パ ンツ"(見せパン)取られて
下着の上から叩かれ始めた時既にもうこれはヤバイと悟りました。終わる気配ないし。

終わりの見えない恐怖と痛みと
自分がしてきたこと重ね合わせてみて
反省というか懺悔というか
そんな気持ちでいっぱいでした。

その後椅子みたいなところに
四つん這いにされて
下着も下ろされた時はなんかもう
この世の終わりだって思うくらい
痛くて頭真っ白になりました。

それだけでも辛かったのに
ソファに移動して定規、布団叩きなどいろんな道具がでてきて
手足震えるくらい痛くて
特にケイン?本当に泣きそうなくらい痛かったです。
今まで痛みには強いと思ってきたけど
全然そんなことはなかったみたいです。
お任せにした自分を悔やみました。

それでも終わらず
最後はベッドの上でラスト100回って言われた時は
いやいやいや、無理無理無理破裂する!!!!って思いました。
と、同時にこれだけのことをしたんだ なあなんて自分が情けなくなりました。

手を引かれて膝に乗せられて叩かれて。
ごめんなさいが言えてないね、って言われたけど
最後10回くらい?本当に想像を絶する痛みで
ごめんなさいが止まりませんでした。
あんなに謝れなかったのに
あっさり謝りまくってます。
それくらい容赦のない厳しさと優しさを
掛けてくれました。

初めて会った人なのに
こんなに胸の痛みに触れてくれて
棘を抜いてくれて
優しさを埋めてくれる人を
私は見たことがありません。

耐え難い痛みの中で
来てよかったなと心から思ってました。

一通り終わったらしばらく立たされました。
自分の中で、他に懺悔したいことが幾つかあったのですが
さすがにあの痛みを味わってしまうと
言葉は喉につかえてしまいます。

ちょっと時間が経って許されて
甘えさせてもらってる中で
懺悔内容を悩みつつも打ち明けました。

10年前くらいにした万引き。
ずっと、バレなかったこと
罰されなかった事がもやもやしてたのですが
この件について最後本当に痛い
10発を受けました。
万引きって言葉がいけない、窃盗なんだ、って
叩かれながら言われた言葉がキツくて
お尻も死にそうなくらい痛くて
ごめんなさいしか言えませんでした。

「悪い顔してるもんな、まだありそうだよな」ってニコニコしながら聞いてきます。
相当な意地悪です、、
悪い顔っていうのは偏見です、、笑

ポロっと白状してしまった件については
また次回に持ち越しになりまし た。
今まで目を背けてきたことから
逃げたくないって思いました。


明日から頑張れそうです。
この痛みは一生忘れないだろうし
本気で向き合ってくれたこと
心を解いてくれたこと
生きてて良かったって素直に思いました。

悩んでる人とか迷っている人がいたら
京介さんに会ってみた方がいいと思います。
人に対して逆ギレしたり謝らなかったり
あまのじゃくに生きてきた私が
こんなに素直に誰かの言葉を受け入れられたので。
回しもんみたいだけど(笑)

心を解放したい人は
行くべきです。

長く書いてって言われたから
長く書きました

以上です!






京介コメント

待ち合わせをしての移動中、えりこさんとお仕置きに対していろいろと聞いていてもなにやら話がかみ合いません^^;
実はえりこさんは、お仕置き願望というものが特に無く、キーさんでもなく、珍しい理由で私のところに来たようです^^;

昔から両親や先生など、理由も言わずに頭ごなしに怒られるということを繰り替えされ、そういう感情的になって怒る人を、えりこさんは冷静に心の中で見下しているようになったそうです。
なので、向き合って叱ってくれる存在、諭すように叱られたいという願望はずっと持ち続けていたとのこと。

そしてつい最近に、とある好きなバンドを検索していると、そのネーミングから「お仕置き」というワードのたどり着き、そこでスパの世界を知り、私のブログにたどり着いて、すぐさま連絡をしたそうです^^;

お仕置きというよりもカウンセリングで話を聞いてほしい、そして過去の罪悪を叱ってほしいという感覚の方が強かったそうです。
ただ、えりこさん自身は過去を振り返り、小中学校の時に延々とお説教されるより立たされたりする方が気持ち的にこたえるなと感じ、それでお仕置きを受けてみようと思ったそうです。

今回は、今まで一度も謝ることをしなかったこと、謝ったとしても気持ちが入っていない謝罪だったことについて反省し、今後直していきたいという事だったので、その事についてお説教をし、お仕置きとなりました。

「こっちにきなさい」といっても動けず…、私が手を引っ張り膝の上に乗せました。
初めは服の上から平手でお尻ペン。
なんと、一発目からいきなり「痛い」と反応してきます^^;

ある程度叩いた後にスカートをめくると下着の上に見せパンのようなトランクスのようなものをはいていました…。
すぐさまそれを下ろし、下着の上からペン、痛い痛いと声を出しますが、まだまだ甘々のペンです^^;

場所を移動し、丸椅子に腹ばいにさせてお尻を平手で叩きますが、手が出て来るし、もう無理というような顔をこっちに向けて来るし、痛みに弱すぎです^^;

その後に下着を下ろし、お尻を直接平手で叩くと、更に痛かったようで「嫌だ、痛い」と訴えてきます。
叩いていると手が出てきてお尻をかばい、それをどけてさらに叩き、その繰り返しが続きました^^;
すでにお尻は赤くなっていたので、かなり皮膚が弱いタイプの子でした。

その後、ソファーのひじ掛けに腹ばいにさせ、平手でさらに叩き、しょっちゅう出てくる手を抑えつつ更に叩き続けました。

次に道具を出したのですが、それを見た瞬間首を振り、道具は嫌だと拒否の姿勢・・・。
道具NGとも聞いていなかったのですが、お尻の皮膚が弱いので、そこまで強くはしないからというと、納得してお仕置きを受ける体勢に。
まぁお仕置きのレベルに「お任せ」と選択していましたからそこは我慢でしょう(笑)

初めは竹の物差しで叩くと今までとは違う種類の痛みに体を固くして耐えていました。
連打をするとすぐに手が出てきてお尻をかばいます。

次にプラスチックの定規で叩くのですが、本当に無理だからとしゃがみ込む始末・・・。
「これまでの悪さに対してしっかりと罰を受けなさい」と言うと頷き、お仕置きを受ける姿勢に。

次に細めのケインで一発叩くとかなり痛かったようで、飛び上がるような反応を…。
数回叩き、もう無理と言うので、それではあと3回叩くと言い、細めのケインは終了。

次に、太めのケインで10回を宣告して叩くことにしたのですが、「嫌だ嫌だ」と口と目で訴え懇願してきます。
まぁそれも説得させ、覚悟を決めさせてケインで10回を叩きました。
その後もう一度正座をさせてお説教、そしてベッドの上に来るように言い、膝の上に乗せて平手でペンをしました。

散々叩いた後の平手だったのでそれがさらに痛く感じたようで、痛い痛いを連発し、急にごめんなさいといってくるようになりました。
しかも平手の連打に合わせて、ごめんなさいの連発(笑)

残り100回を宣告してお尻を叩き、最後の20回は力を入れて叩きお尻叩きは終了。
最後は立たせて反省させた後、お仕置きを終了としました。

しかし、その後に反省内容が出てきました。
過去の万引きについて、白状したので、力いっぱいで10回叩くといい、追加のお仕置き。
まだまだ反省材料が出てきたのですが、それは次回に持ち越しにし、今回のお仕置きは終了としました^^


PS.
えりこさんの感想は私をかなり持ち上げた感じですが、人によって感じ方は様々なのでそこは理解の上、それぞれ解釈してくださいね^^;
私は文章をそのまま載せているだけなので・・・。






              戻る          Top