お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

うみ   年齢:30代前半 お仕置き経験:無し 彼氏:有り パートナー:無し

2017年10月20日掲載
お仕置き感想提出人数:通算129人目



京介さん、今日はありがとうございました。
人生で初のお仕置き・・・
今お尻めっちゃ痛いですよ。
歩いててもズキズキします。

待ち合わせの時、改札前って約束だったのに、怖くなって、少し離れたところから、京介さんを待ってたのに、まさかの京介さんにすぐ気づかれたっていう(汗)
第一印象は、皆さん書いてらっしゃるように、ちょっと怖く感じました(p_-)そして、黒い!(服装が)

お部屋に入って、ソファーに腰掛けるも、緊張MAXで、京介さんが話しかけてくれる事に、答えるのに精一杯でした。
でも、京介さんが色々聞いてくれて、いつの間にか緊張は、無くなってました。
京介さんは、聞き上手ですね。

近しい人に裏切られた事を話してる時、京介さんが『辛いね。』って言ってくれて、泣きそうになりました。
仕事の人間関係の話も、根気よく聞いてくれて、自分の中で整理できました。
京介さんに、『頑固だよね』って言われて、自分では、そんなつもりなかったけど、思い返せば思い当たる節があり・・・

『いつお仕置き始まるのかしら?』ってドキドキしてたけど、お話ししてるうちにリラックスしてきちゃって、(緊張で寝不足だったので、ウトウトしそうに)『あれ?今日はお仕置きなしかしら?なしなら、それでいいや。』と甘い考えでいました。

途中、仕事のメールやり取りしてる間に、京介さんが、お道具をテーブルに置き始めて、一瞬固まりました。
『え?お仕置き未経験者には、手加減してくれるん だよね?』って思ってプチパニック!
ケイン触らせてくれたけど、結構軽くて、ビックリ。

京介さんから『正座しなさい。正座できる?』って言われて、『あぁ。お仕置きですよね笑』と諦めの境地に。
緊張し過ぎて、ソファーに座ってる京介さんに向かって正座をしなかったら、『ちゃんと、こっち向きなさい!』と叱られ・・・

お説教も、怖過ぎてずーっと下を向いてました。京介さんは、怒鳴るでもなく、諭すように話してくれました。
でも、怖い事には変わりはなく、床の木目を凝視。
『お仕置きだね。こっち来なさい。』
って言われても、お尻ペン初体験の私が素直に行けるわけもなく・・・
京介さん暫く待ってくれたけど、私が頑なに動かなかったから、ソファーを立って、手を引かれました。

膝に乗せられるっていう、憧れの体勢なのに、もう恥ずかしくて仕方なかったです(;_;)
いよいよ、お尻ペンが始まって、最初は服の上なんだけど、痛くて『あれ?まだ服の上だよね?』って、これから始まるペンに絶望しましたΣ(゚д゚lll)


ワンピースをめくられ、タイツの上からのペンで、思わず『嫌!』が出ましたが、京介さんは、御構いなしに、ペンしてきました(p_-)
タイツも脱がされて、下着の上からのペンが痛くて、手で庇おうとしましたが、あっさり手を掴まれて、何回もペンされました。
もう痛くて、『お仕置きってこんなんなの?!』って、思ってました。
『痛い!痛い!』って騒いでたら、『痛いって、こういう事!』ととてつもなく痛いのが降ってきました。息止まるかと思った。
途中、頭に手を置かれてお話しして下さった 時、本当に反省しなきゃ。ってなりました。

移動して、ソファーの肘掛にお腹をつけて叩かれたのですが、まさかのケイン登場!!
『えー?!』って、猛抗議したかったです。
(怖くて出来ませんでしたけどね。)
ケイン、痛かったー泣 もうね、両手でお尻覆っちゃいましたよ。

その後、丸い椅子に腹這いになって、道具のオンパレード。お尻も丸出しにされて・・・
京介さん、ご丁寧に叩く道具1つ1つ横に置いて、見せてくれたんだけど、思わずペンされたくないから、『やだ!』って、道具掴んじゃいましたよ。(怒られましたけどね。)
ケイン、定規2つ、布団叩き。
布団叩き、半端なく痛かった。
『ごめんなさい!もうおしまい!』って言ってるのに、聞いてくれないし泣 足バタバタして、抗議!!
もうこの辺りから、お尻丸出しで恥ずかしいとか考える余裕なかったです。

手を引かれ立たされて、『ケイン10回ね』と言われた時には、泣きそうになりました。
しかも、こっそり下着履き直してたの、怒られたし・・・
一回一回が痛過ぎて、座り込んで嫌だ!してお仕置き拒否するのに、全然許してくれず、無理やり立たされ、10回叩かれました。

京介さんが、ベッドに呼んでくれたので、もうおしまいなんだ!って喜んで行ったのに、
正座させられて、『何をもうしないの?』って確認のお説教。
そのまま、お尻出したまま、コーナータイム。
ワンピース捲られて、『お尻出して反省してなさい。』って、ペンされた。
お尻出してることが、恥ずかしくて、手でお尻隠してたら、また京介さんの手が飛んできた・・・『きをつけしなさい!』って言われたけど、もう早くおしまいにして!って思ってました。

今度こそ、もうおしまい!ってベッドに行ったのに、まさかの、平手でのお尻ペンペン。
回数言われたけど、もう頭真っ白でした。
半端なく痛かった。もう、『やだ!やだ!おしまい』って、言いまくった。
やっと終わったと思ったら、ごめんなさい言えなかったからって、追加。
鬼なの?ってなった。

甘々タイムは、皆さんが書い てるよ うに幸せでした。
痛い痛いって、ブーブー言ってたら、『痛い以外言えないの?』と叱られ(p_-)
でも、痛いものは痛いんですよ。
お尻ペン初心者だから、もっと甘くしてもらえると思ってました(/ _ ; )

途中、会社をズル休みした事が、胸につかえてて、告白してお尻ペン追加。
コーナータイムで、自分でワンピース下げた事を自白して、お尻ペン追加。
そして、マナー違反(人と話してるのに、勝手にスマホ弄った)のお尻ペン追加。

お尻は大変な事になりました。
京介さん曰く、『未経験者だから、手加減したよ。』との事でしたが、全然手加減してくれてません笑

でも、お仕置きは自分が悪かったから仕方ないと思います。
会社の人間関係、京介さんがアドバイスくれた通り、頑張ってみます。

会うまでは、性的な事されたらどうしよう。部屋に知らない男性いて、連れ去られたらどうしよう。って思ってたけど、本当に親が子にするお尻ペンでした。
勇気を出して 、京介さんにメールして良かったです。

またお尻ペンされたいけど、今度はお手柔らかにしてほしいです٩( 'ω' )و






京介コメント

うみさんは私がサイトを始める前のブログを書いている時からの読者さんだったそうで、当日それを聞いた時にとても親近感がわいてしまいました^^;
6年以上の歳月は大きいですからね、お互いに6歳若かったわけですから・・・。

そんなうみさんですが、お仕置きに興味を持ったのは幼稚園くらいからで、それはアニメのクレヨンしんちゃんやドラえもんなどの影響だそうです。
四人兄弟の末っ子で上は男だけという環境もあり、父親には超甘々に、母親からもそこまで叱られることなく、叩かれることなく育ってきたわけですが、お兄さんが怒られているのにうらやましく思ったり、アニメのお仕置きシーンを見てドキドキしている自分に幼稚園生ながらに自分は変なんだと思っていたそうです。

中学生になるとパソコンを触れるようになり、そこからお仕置き関連を検索しだし、小説などを読み漁っていたそうです。
大学生になった時に彼氏に酔った勢いで〇ッチしているときに「悪い子だから叩いて」とお願いして叩いてもらったそうなんですが、やはり自分の思い描いていたお仕置きとは違っていて以降、頼むことはしなかったそうです。

掲示板で探すのは怖く、私のサイトに申し込むのも勇気がいり、ずっと連絡ができなかったようですが、今回ようやくコンタクトをとることを決断したそうです。
理由としてはお仕置き欲を無くしてキーを卒業したいから何とかしたいという切実なものが背中を押したようです^^

今回は会社の意地悪な先輩に対して、意地悪で返してしまう子供っぽいところについて反省したいとのことでした。
話の節々に頑固そうなところ、冷めきっているところ、人を信用できずにガードしているところ、負けたくないという気持ちが見受けられ、そういう部分が意地を張る要因なのかなと感じました。
そこらへんのところをお説教し、お仕置きとなりました。

しかしおいでと言っても正座したまま動こうとしません、何度か促して、しばらく待ったのち、私が立ち上がり、手を引っ張って膝の上に乗せました。
まずは服の上から平手で一発叩くと、それだけで「ビクン」と体ごと反応して何やら声をあげています^^;
一発目からこんなに痛がる人は初めてだし、ワンピースの下には厚めのタイツをはいているし、私的には???な感じでした(笑)

しばらく服の上から叩いてみましたが、叩くたびにビクンビクンと反応してきます^^;
そしてワンピースをまくって、厚めのタイツの上から叩き、しばらく叩いた後、タイツを下ろし下着の上から叩きました。
叩くと今までより反応が変わり、痛い痛いと声を出し始めました。

ある程度叩いた後、ソファーのひじ掛けに腹ばいにさせ更に平手で叩き続けるとすぐに手が出てきて両手でお尻を隠します。
その手をどけて叩くとまた手が・・・。
そんなことを何度となく繰り返していました^^;

その後に丸椅子の上に腹ばいの状態でのせてさらに平手で叩きました。
しばらく叩いた後、最後の砦でもあった下着を下ろし、お尻丸出しに…。
数回叩くと、またお尻を両手で隠し、それだけでなく、さりげなくパンツをはいてしまいます^^;
すかさずパンツを再び下げ、平手でのお尻ペン。

その後その状態でケインで数回叩き、竹の物差しで数回、そしてプラスチック定規で数回叩きました、その際もすぐに両手を出してきたり、しゃがみ込んだり、足をバタバタして痛がったりと、私がもっと叩きたくなるような反応を見せてきます(笑)
しかも道具では結構軽めに叩いていたんですけどね、本人にはそれが分からなかったようです…。

その後立たせた状態で机に手をつかせて太めのケインを見せると、「嫌だ嫌だ」と拒否の応答。
これまでは「嫌だ嫌だ」繰り返してきたのもあり、聞く耳持たず10回で終わりにすると宣言。
一発叩くごとにお尻をかばってスリスリしたり、しゃがみ込んだり、足をバタバタさせたりとかなり痛そうな反応を見せてきます。
私もそれを見て後ろで思わず「ニヤニヤ」としてしまいました^^;

最後の一発は強めに叩いてみると、思った通り崩れ落ちる感じで座り込み「痛い痛い」と文句にもとれるような口調で言ってきました^^;

その後別の場所に正座させ、再度お説教をし、お尻を出させた状態で立たせ、しっかりと反省するように言い、私が場所を移動し、いろいろと用事を済ませ、数分後もどってみるとワンピースが下りている状態に。
すかさずぺチンしてもう一度反省のし直し。

しっかりと反省できたようなので、ベッドの上に呼ぶと、何を勘違いしたのか正面に座り込んでにっこりしています(笑)
「まだお仕置きは終わってないよ、膝に来なさい」というと意外だったのか、「えー、もうやだ、終わり」といい、おそらく「ケイン10回で終わり」というのをそのまま受け取ったのか、本来は「ケインは10回で終わり」という意味なので、その後の平手が待っているわけです(笑)

膝の上に乗せて100回を宣告し叩くと、暴れまくり、手を出してきて、それを力で抑えるもうまい具合に姿勢を変え、連打を許しません…。
本来は1からやり直しなのですが、それを言うタイミングでうまい具合に元に戻るのでそれもできず、「嫌だ、痛い、もうおしまい」をずっと繰り返していました。

最後の20回は強く叩くと宣言して叩くのですが、これも必死に逃げ回り、こちらも必死に押さえつけ、ようやく最後の一発を叩き終わりました^^;

ところが最後にごめんなさいを言えず追加し、最終的にごめんなさいが言えたので、今回のお仕置きを終了としました。
雑談時に他の反省内容が3つ出て、それらに対して10発ずつ、平手でのお尻ペンをして全てのお仕置きを終えました^^

お仕置き時はごめんなさいを言えるのですが、お仕置き終わると反発する様な返答ばかり…、今後はそういう部分のお仕置きも必要かもしれませんね^^






              戻る          Top