お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

もあ   年齢:10代後半 お仕置き経験:無し 彼氏:無し パートナー:無し

2017年9月22日掲載
お仕置き感想提出人数:通算125人目



今日はほんとにありがとうございました!
今無事に家に着きました。

勢いで連絡して会うことになって、他の方の感想にもあるように、殺されるかもしれないと思って、心臓飛び出そうな思いで会いに行きました。
第一印象は、あれ?全身黒じゃない!って思った笑

ついてから、飲み物を出していただいて、いろいろな話をして、家族の話とか、自分の意見とか、友達と話したことない深いことも話しました。
わたしの話をしっかり聞いて、しっかり認めてもらえてほんとにうれしかった
わたしの考え方や、母について、褒めてもらえて嬉しかった!
敬語がなかなか抜けなくて、どもりながら話していました。
他にお仕置きに来られてる方との共通点が多くて驚きました笑

だんだんお仕置きの話になって、マットに正座して話を聞きました。
普段怒られることがほぼなくて、すごく怖かったし、怖くてずっと下向いて、返事もできずにうんうん頷くので精一杯でした。

正座でお説教、小説では憧れだったけど、苦手になりました、、笑
でも、母への想いとか、やっとかないと自分が後悔するって言葉がすごく心に響きました。
別れてからでは遅いってこと、忘れません。

で、いざお仕置きになって、立ってって言われても、怖くて立てなくて、どうしよう、行かなきゃ、でも、、って思っていたら、無理やりじゃなくて、諭すように話してくれて、待っててもらえて、なんとか、自分で行きました。
で、手を引かれて、膝の上から始まりました。

正直、そんな痛くないだろうと思っていたら、下着の上からの時点で、あ、やばい、耐えられないって思ってました。
もう、下着下ろした位から手を出さないように必死でした。
でも、身をよじるのは止められなくて何回も抱え直されました笑
痛いけど、なかなか痛いって言えず我慢してると、息が上がることにびっくりしました。

次に机に手をついて叩かれてるときに、初めて痛いって言ったら、やっと言った、言わないとわからないでしょって言われて、そこからすこしだけ痛いって言えるようになりました。
目の前に、プラスチックと木製の定規、ケイン、パドルが置かれてて、初めて見て、まさか 全部使われるとは思いませんでした。

ここでも、お尻が逃げてしまって、支えられながら叩かれて手がかかって、ごめんなさいって思いつつ、痛すぎてもう、それしか考えられなかった。
お尻が裂けそうなくらい痛かったです笑

これ以上はもう無理!!ってときに、ベッドの前に正座で、これからどうするのか話して、もう終わるのかなって思ったら、そこから平手100って言われて、うそでしょ!?って思いました笑
でも、それが終われば許してあげるからって言われて、頑張ることを決めました。

でも、本当に痛くて痛くて、手を出さないように必死だったけど、ラスト強いの20は痛いといやしか言えなくて、一回手が出た気がします、、
半泣きでした。本当に死ぬかと思うほど痛かった 。お尻が逃げてばかりでごめんなさい。

それから、お尻だしたまま立たされて、頭を冷やすよう言われました。
これまた憧れでしたが、コーナータイムもわたし苦手ですね。精神的にきつかったです笑

そこから、ぎゅーってしてくれて、心臓の音を聞いてるとすごく落ち着きました。
個人的に、ほっぺをつんつんされるのと、頭をよしよしされるのが好きです笑

恋話、楽しかったです
ちょいちょいいじってきて、でも、性的なSMは嫌いだけど、いじられるのは好きなMなので、楽しかったです笑
なかなか敬語が抜けなくてくすぐられたりもしましたが、タメ語で話すの難しいですね笑
あと、叩きたくなる顔してるってなんですか笑

頑張るんだよって出る前にもぎゅーってしてくれて 、頑張ろうと思えました。
お説教のとき、目を見ることができなかったこと、ごめんなさいをちゃんと言えなかったことが、反省点です。
とりあえず、明日の曖昧な約束の飲み会はキャンセルしました!
明日はしっかりお母さんの手伝いをしようと思います!

帰りの電車や飛行機、ズキズキヒリヒリで、眠いのに眠れません、、笑
死ぬ覚悟で行った今回のお仕置き、本当に行ってよかったと思いました。
お尻がこんなに痛いのに、また悪いことしたらお仕置してもらいたいと思ってしまっている自分がいます、、次はもっと感情をだせたらいいな、って思います。

痛くて痛くてたまらないけど、愛情を感じながらで、痛みに耐えてるときも、見守られてるって感じていました。
また、ぜひ 行きたいです。
本当にありがとうございました!!






京介コメント

もあさんがお仕置きに目覚めたのは高校1,2年生くらいのときらしいです、自分の携帯を初めて手にして「お仕置き」というキーワードで検索をしたとのこと。
まぁそういうワードで検索をかけるのですから、おそらく潜在意識に叱られたいとかお尻を叩かれたいという願望が昔からあったのでしょうね。
本人は過去に記憶はないし、なんで「お仕置き」というワードで検索しようと思ったかも覚えてないそうです^^;

そんなもあさんですが、私に最初にコンタクトをとったのは去年の6月で、会うかどうかも決められない状態で10日ほどで音信不通…。
そして一年以上空いてから連絡があったかと思うと、 あっという間に会う約束を決めてしまいました^^;

本人はネットを通じて男の人に会うというのは有り得ないことで、スパに興味があっても、ネットの人と会うのはないことなのでお仕置きを受けることは無いと思っていたそうなんですが、本人もまさかとびっくりで、実際会っている自分も実感がわかないというようなことを言っていましたね^^;

勢いで予約してしまったそうですが、そういうキーさんは結構多いんです、真面目過ぎるからある程度の勢いがないと連絡すらできないという部分があるようですね^^

今回の反省内容は、親に甘えて家の手伝いをしていないこと、飲酒とそれにまつわる嘘、羽目を外しすぎてしまう事についてでした。
それらのことに対してお説教をし、お仕置きとなりました。

まずは膝の上に乗せてスカートの上から平手でお尻を叩き始めました。
余裕そうなもあさんでしたが、スカートをまくり下着の上から叩くとビクッとした反応。
そのまましばらく下着の上から叩いてみると、痛そうなのですが、一切声を出しません^^;
そして下着を下ろして直接お尻を叩いてみるとお尻をよけるように移動し、かなり痛そう…、それでも声は出しません^^;

場所を移動し、今度は立たせた状態で、まずは竹の物差しで叩いてみました。
たまらずもあさんは「痛い」と声を出しました。
やっぱり痛いなら痛いと言わないと叩いている方からしてみたらそれほどでもないのかなぁと勘違いしてしまうので声は出した方がいいかもしれませんね(笑 )

続いてプラスチックの定規で叩くとかなり痛いようで、段々とお尻が逃げていき、それを戻し再度叩くとまたお尻が逃げていき…、ということを何度か繰り返し、その後、木のパドルをつかいました。

次はケインを用意して、一発叩いてみると「痛い!」と声を出し、膝を曲げて痛みを耐えているようです^^;
何度か叩いていると「もう勘弁してください」というような泣きそうな顔を私の方に向けてきます・・・。

そして布団叩きです。
お酒が弱いのに、調子に乗ってゲーム感覚なノリでアルコールの強いお酒を飲み、介抱されるという醜態を何度か繰り返していたので、「強いお酒の罰としてこの布団叩きで強いお仕置きを3発するから」と洒落た?告知をすると、もあさんは顔を横に振ります。

私は3発だから我慢しなさいと言うとコクリと頷き、布団叩きで強烈な一発を!
メチャクチャ痛がってましたが我慢強いのか、根性だけはあって、今までの軽いお仕置とは比にならないはずなのに必死に3発耐えて布団叩きの罰は終わりました。

再度正座をさせて改めて今後の決意を聞き、再度お説教した後、私がベッドに行き、もあさんに膝の上に来るようにいうと、怯えた顔で首を振ります^^;
「いいからきなさい」というと渋々と膝の上に横になり、スカートをまくるともうお尻は真っ赤ッかです^^;

軽めにお尻を叩いていてもこれまでのダメージが残っているのかかなりの痛がりようで体をねじりお尻をよけようとするのですが、私の空いている方の手でそれを阻止し、叩き続けました。
力は5割ほどですが、もあさん的にはかなり痛いみたいでした^^;

そして最後に100回を宣告し、「最後の20回は強く叩くから覚悟してお仕置きを受けなさい」といい最後のお仕置きをしました。
残り20回の時に改めて「かなり痛いからしっかりと我慢して罰を受けるように」といいフルに近い力で平手を連打で打ち込んでいきました。

さすがに痛すぎらしく、最初の3発くらいで暴れだし、お尻をよけようと体をねじるのですが、私の空いている手がそうはさせず、「痛い、いやー」とかなり必死な声をあげながらもそれは許さず、強制的に押さえつけられた状態で連打^^;
これまでとは全然違う痛みにびっくりとしたようで、必死も必死で本気で嫌がっていました…。
最後一発だよといい、これも力を入れて叩き、お尻叩きの罰は終了しました。

もあさんの体はとても熱くなっていて、頭もかなり熱い状態^^;
体も頭も脳みそも冷やして冷静にこれからのことを考えさせるためにしばらくの間立たせ、しっかりと反省できたと返事ができたので、今回のお仕置きは終了としました。

叩かれたことが無い子は痛いというのがどういうものかもわからないようで、もあさんもその一人でしょう。
自分からお任せのお仕置きを選択しておきながら、こんなに痛いと思わなかったというくらいですからね^^
でもそれくらい自分を変えたいという強い気持ちがあったことは間違いのない事実なので、そういう意味ではとても勇気があるなぁと感心しました^^

PS.
感想にありましたけど、私もさすがに黒ばかり着ているわけじゃありませんよ^^;
まぁ黒が8割ですけど(笑)
しかも殺されるかもしれないって…、失礼な(笑)
でもモヤモヤがピークになって勢いで連絡する子が多いので、いざとなったらそういう気持ちになる子は確実にいるみたいで、、、。
そんなことありえませんからね、皆さんには安心してきてほしいですけど、そういう心理は困ったものです^^:








                     戻る