お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

みりあ   年齢:20代前半 お仕置き経験:6人 彼氏:無し パートナー:無し

2017年6月23日掲載
お仕置き感想提出人数:通算116人目



今日はホントにありがとうございました!
遅刻のこと、ホントごめんなさい!

第一印象は、私の思ってた感じではなくて、優しそうな人だなと思いました。
私が自分から話すのが苦手だったので話しかけてもらえて良かったです。

あと、私の話をちゃんと聞いてもらえて、自分を客観的に見れたことはすごく良かったです。
話せば話すほど、色んなこと話していてこれだけは隠したいって思っていたことも京介さんには話しても大丈夫かなって思えました。
親に言わせれば当たり前でしょ?って返ってくることを褒めてもらえてなんか自信つきました!

お説教はすごく身にしみました。
もう絶対しないって改めて思いました。
それから今まで考えたことない視点での話だったので考え方が変わりました。
顔上げる度に道具が視界に入ってきてすぐ下向いてしまっていましたが、ちゃんと聞いてました!

お仕置きの時、おいでって言われて、自分の中で行かなきゃって気持ちと行きたくないって気持ちがぐるぐるしてて、どうしよってなってました。

お仕置きはすごく痛くてこんなに痛くなるものなの?って思ってました...^^;
今までお仕置きされて泣いたことなかったのですが初めて泣きました。

平手だけでもすごい痛かったです…
何回も逃げて庇ったりしちゃってごめ んなさい…
道具連打と平手の連打はすごく痛かったです…

もう絶対しないって思いました。
自分から謝れたことに驚いてます…
お仕置きされても自分から謝れたことがなかったので...^^;

立っていた時、自分が情けなくてしかたなかったです。
そのあと抱きしめてもらえてすごくホッとしました!

それから遅刻のこと謝るの遅くなっちゃってごめんなさい…
言わなきゃ、言わなきゃとは思ってたのですがタイミングが掴めなくて...^^;
でも、ちゃんと謝りたかったので謝れて良かったです。

最後にまたおいでって言われて、あぁまた来てもいいのかな って思いました。
でも、次はお仕置きされることないように、お話だけになるようにしときます!

また悩み事とかあったら相談してもいいですか?
自分で解決できないなってなった時はお願いします…^^;








京介コメント

みりあさんがお仕置きに目覚めたのは高校三年生の頃だそうで、キーさんにしてはかなりの遅咲きです^^;
あるおしおき小説を読み、そこからお仕置きにどんどんとはまっていったそうです。

20歳の頃に掲示板で知り合った人と初お仕置きを経験し、それから1年半の間に6人と会ったようですが、最初の人以外は全て性的な行為をしてくる人で、それからしばらく大人しくしていたそうです。

また、みりあさん自身の話をいろいろ聞いてみると、幼少期、そして小、中、高校と、かなりつらい環境で育ってきており、よく心が折れないで自分を維持して来たなぁという印象を受けました。

今回の反省内容は借金苦に悩み、女性としての部分をお金に変えてしまったことということでした。
お仕置きのレベルも「厳しめ」を選択してきました。
話をいろいろと聞いたところで、正座をさせ、お説教し、そしてお仕置きとなりました。

まずは膝の上に乗せて、服の上から平手でお尻ペンを始め、その後、スカートをめくり、下着の上から叩き、そして下着もおろして叩きました。
最初は声を出さなかったのですが、下着を下ろして生尻を叩きだしてからは、うめき声をあげたり、「痛い、、」と声を出したりし始めました。

そして体勢を変えてからは道具を使いました、まずは竹の物差しで叩いてみました。
試しに一発叩いてみると、飛び上がるような痛そうな反応です…。
とりあえず軽めに叩いてみたんですけどね^^;
しかもこれから登場する道具はもっと痛いのにと思いつつ(笑)

次は大き目の定規で叩き、想定通り更に痛そうな反応を見せ、しゃがみ込んでしまいます。
そして、ケインの登場です。
皮膚も弱いようで、すでに真っ赤ッかになったお尻を出血しないように気を使いながら叩いていきます。
みりあさんは初めての感覚にとても痛がっていました。

そして今度は立たせてのお仕置きで、布団叩きを使い叩き、パドルも使用しました。
その後ベッドに移動し膝の上に乗せて木ブラシでお尻を叩きました。
逃げようとするのを押さえつけそのまま叩いていると、さすがに痛すぎたのか、自分から必死に「ごめんなさい」言ってきます。

もうすでに反省していることもあり、過去の罰だということも告げながら再度お説教して、最後平手で100叩きを宣告。
手を出したら1からやり直しということを言ってあったので、おそらくそれで必死に我慢していたのでしょう、その様子がよくわかります^^;
それでもしっかりと罰を受けて清算してほしいと思いで100回は力を込めてお尻を叩き、今回のお仕置きを終了しました。

しばらく雑談していると、みりあさんから「遅刻してごめんなさい」といってきたので、私も「あ、忘れてた(笑)」と思いながら・・・。
「遅刻をしたから平手のペン強めに100回」といい、追加のお仕置きをして、今度こそすべてのお仕置きを終えました^^;








              戻る          Top