お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

             スパパートナーという言葉


スパってスパンキングの略語ですが、実際ディスプリン派の人たちの中ではそれは”お仕置き”という意味なんですよね。
私は前々から「スパ」という言葉に違和感があり、出来ることならば使いたくない言葉でもあったんです。
「スパ」とは広い意味があって形も曖昧で私が目指しているものと異なることもあるのが大きな理由の一つなんですけどね。

「スパパートナー」とは直訳すると「スパンキングパートナー」なんですけど、私はそういう意味でのパートナーは求めていないので「パートナー」という言葉は使用しても「スパパートナー」という言葉は使いません。
といっても、こういうサイトでブログを書いたり、メールで説明するにあたり、「スパ」という言葉を使用しないと意味が通じないので仕方なく作られた言葉でもある「スパ」を頻繁に使用してしまっているのが現状です。

キーとカーという言葉についてもあまり使用したくはないのですが、その理由は私の場合お仕置きだけの関係というのではなく、人間対人間の普通の関係を求めているところがあるからだと思います。
それは一般的に表現をすると友達関係なんでしょう。
もっと深く表現すると「友達以上恋人未満」のような親子的な感じですかね^^

で、その中で相手に何か落ち度や至らない点があった時に、相手の感情や意思に関係なくお尻叩きをする。
その相手はスパ的に言うと「キーさん」なのですが、実は私はそれがキーさんであってもキーさんでなくても構わないんです。
このキーとかカーとかという言葉も本当は使いたくないんですけど、検索に引っかかりやすくするためもあるんですけど、キーさん、Mさん、ノーマルの人の区別をはっきりわかるように書かないと意味不明な文章になるので使わざるを得ないんです^^;

何を言いたいかというと人間って誰にも言えない悩みや葛藤ってあって、彼氏にも親にも親友にも見せることができない弱い部分とか嫌な部分、腹黒い部分とか、何かがあるものです。
そういう面では自分を取り繕って周りに嘘をついて生きていることもあるでしょう。

でも真面目で気持ちの切り替えがうまく出来ないような不器用な人はそういう自分がとても嫌になり、心が辛くなるんですよね。
自分に自信が持てなかったり、誰にも相談できなかったり、自分の進む道や方向性がわからなかったり、誰かに背中を押して欲しくてもらいたかったり。
でもそういう相手はなかなかいないものです。
親や彼氏、親友に打ち明けることができなければ誰も背中を押すなんてことはしませんしね。

私はそういう葛藤して苦しんでいる人を見守っていてあげたいという気持ちが強く、それが基本姿勢なんです。
その中で悪いところやダメなところに関してはお尻ペンをするのですが、これはプレイという感覚ではなくて、元気をださせたり、気持ちの切り替えをさせたり、踏ん切りを付けさせたりする為に必要なことと捉えています。

私の「お尻叩き」に対する考えは、一般的に考えると「げんこつ」や「びんた」と全く同じなんです。
でもげんこつやビンタはそれによって愛情を感じさせることは難しいことなのですが、お尻ペンのお仕置きは人によっては愛情を感じさせることができる魔法のような行為なんですね。

スパとかキーとかカーという言葉を使いたくないっていうのはその世界に縛られたくないし、はっきりいったら少し違う世界観を出していきたいなぁって私は思っているんです。
たまたま私のしていることがスパのカー役であるだけで、そしてそれがキーさんと需要が合致しただけなので、スパ好きとは違うんです。

それに私と相手がいて、仮に私の知り合いや相手の知り合いに偶然会ってしまったときに普通に紹介できるような”名称”が欲しいんですよね。
このことはいろいろな人にも話してはいるのですがその言葉が見つかりません。
「友達」といっても年齢が離れすぎている場合違和感があるし、結構聞かれそうなのは「どこで知り合ったの?」とかですよね。
そういう質問にも何も不審に思われずにサラっと言えるような言葉ってないのかなっていつも考えているんです^^;

私と相手の関係は、彼氏にも親友にも親にも誰にも話ができないような葛藤を打ち明けられる関係であって、そこには当然信頼関係が成立しているわけです。
私と会うことによって気持ちが一時的にも楽になったり嬉しくなったりという形が理想です。
だからはっきりいって「スパ」とはあまり関係がないんです。
”あまり”関係がないといっているのはその”あまり”の部分には「お尻叩き」という名のお仕置きが存在しているからです^^;

でもよくよく考えてみると、親が子供にお仕置きとしてお尻ペンペンをするときにそれを”スパ”とは絶対に言いません。
私が言いたいことはそれそのものなんですね。
でもお尻叩きのお仕置きは親子関係だからこそ一般的には成立するわけでそれ以外の関係でお仕置きをするのはアブノーマルのようなイメージとなってしまっています。
親子関係以外にも先生と生徒でも許容されますが、それは小学生くらいまでですよね。

何かいい表現方法はないものでしょうか、スパとかキーとかカーとかそいういう言葉を使用しない表現が。
スパパートナーなんてお仕置きのパートナーという意味ですからそれは違うのは確かなんです。
私の場合、お仕置きは二人の関係においてメインでもなんでもなく、相手が私に求めるものでもなく、相手の意思に関係なく、私が罰として相手に対して勝手に下す制裁です。
だからスパパートナーというSMパートナー的な趣味や遊び的な感覚で一緒にいるのとは違うんですね。

カップルが喧嘩になって相手の悪いことに対して感情に任せて暴力を振るったりすることがありますよね。
それを私の場合に当てはめると、感情的ではなく冷静さによる説得とお説教がプラスされ、暴力ではないお尻ペンのお仕置きができるんですね。
最後は抱きしめて愛情を与えてあげたりするのですから感情的な暴力とは全く違うものです。
そんな素晴らしいものの言語表現が”スパ”なんてちょっと悔しいというか悲しいというか。
キーさんでも、Mさんでも、ノーマルな人でもお仕置き願望があればしっかりとお説教をしてお尻叩きをしていきたい、名目は健全にです^^;

いい言葉なにかないですかね・・・。




(注)これは過去のお話ですので現在の対応とは異なる所があります、ちなみに今はスパのパートナーはいませんし募集もしていません。




              戻る          Top