お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

         スパ的、SM的な世界に何を求めているか


「スパやSMに求めているものは何か?」
実はパートナー選びや悩んでいるときにはこれが一番重要なんですね。

ある程度経験のある人であればだいたい何を求めているかは自分で把握できていますが、さほど経験のない女性は心の深層の部分で本当に求めているものが何かということは自分でも分からないということが多く見受けられます。
どういうことかというと、自分の求めているものがただの妄想や憧れだけの世界であったということもあり、実際体験してみたら何か違うと感じることが多々あるからです。
経験のあるなしに関わらず、求めるものの定義づけが自分自身できちんと把握出来ていない女性は多く見られ、最終的に傷つく結果になるのです。
興味深いのは何年もその世界の道を歩んできていて、今になって初めて自分の求めるものが分かったという実例も珍しくないということです。
心の深層世界では自分でも理解できない複雑さが存在しているってことなんですね。

スパに求めるものは大きく分けて
1、恋愛
2、家族愛
3、友情
4、それ以外からの愛情

という形になるでしょう。
もちろんこれ以外にもあると思いますが、だいたいはこの範囲に収まるのではないかと思います。


SMに求めるものは大きく分けて
1、恋愛
2、恋愛兼主従
3、主従
4、性欲

という形になるでしょう、この中には普段からそのような関係性を維持する者と、プレイの時のみその関係を構築する者がいます。
主従とは「主と家来」「主人と従者」「主となるものと従となるもの」と辞書では出てきますが要は、主(ご主人様)と奴隷の関係をさします。

一番難しいことは、自分自身の求めることは分かったとしてもパートナーが同じ嗜好を持った人なのかどうかが分からないことです。
分からないというのは、パートナーとなるときは男性は嘘をつくことが多く、女性に合わせながら口説くので本当の心が分からないという意味です。
更に興味本位だけでスパやSMという行為をしてみたいだけの人も多いんですね。
風俗遊びと同じ感覚でスパやSMに関心を持っている男が多いということです。

こんなことだから真面目に取り組んでいる人の品位!?が落ちちゃうんですね(笑)
女性より男性の方が圧倒的に人数が多いと思われていますが、実際はきちんとした嗜好や知識のある男性は女性よりもかなり少ない気がします。
知識というのは道具の使い方という事だけではなく、パートナーに対しての躾け方や接し方、愛情のかけ方等も含めてです。
男の中には「風俗の金を浮かしたい」「セックスフレンドが欲しい」「面白そうだから変態と出会いたい」という考えの人が悲しいことにとても多く存在するのです。
そういう男に捕まってしまうと、結果的に関係は破綻し、のめりこんだ女性は深く傷ついてしまうのです。

スパの世界は特にですが、性的要素が一切ない関係を求めているディシプリン派の女性が多いのでもっとパートナー探しが大変で求めているものが違うという例が多くなります。
実際問題本物のディシプリン派のカーが非常に少ないということです。
興味本位だけのカー(実際はカーではなかった)が多すぎることが原因で長続きしないことが多いんです。
そりゃ、性欲のある男ですから、女性の生尻を叩くだけでも興味は湧くでしょう、くだらない風俗にはまっている男は大勢いるのですから。

例え、本物のカーと名乗る者がいたとしても、その人が偏見なく幅広い視野を持っていなければ自分の価値観を押し付けるだけの心の小さい人なだけです。
また、自分が気に食わないことを説教し、それを相手に強要する人はただの我侭な精神年齢の低い大人です。
これらはキーさんからしてみたら本物のカーではないですよね。
そして恋愛や性的要素を全く求めていないキーさんもいることを理解していないカーさんがいますね。
エッチ目的の。
擬似恋愛的で精神的なつながりの部分があるのも確かですが、そこでパートナー同士の違和感が生まれてきてしまうんですね。
まあ、特にスパに関しては非常に難しい関係性だと思います。

二つに共通している恋愛に関してはいつかは破綻をします、パートナー的な関係で結婚をして生涯離婚をせず幸せに暮らした例はほんの一握りです。
恋愛経験は皆さんあると思うのでいつか破綻するという意味は理解できるでしょう、これも寂しいですね、こんなの前提では付き合うことはないのですけどね。

なぜ破綻しやすいかというと、恋愛というものは見返りをどうしても求めてしまいがちで、気持ちが相手に通じなかったということが続けば自然と不平不満が出てしまいます。
また、駆け引きという裏の部分を出してしまうことで相手を試し、その反応で勝手な判断をしてしまいがちです。
そしてパートナーに対して、不平不満が出たり、疑心暗鬼になってしまった場合、別れるかどうか必死に考え、誰しも悩みます。
別れたいのに相手が好きだから別れられないという心の葛藤はよくありますね。

スパやSMの関係性の場合、相手に精神的に依存してしまっているのでより離れられないのです。
こういう世界の特殊な関係上、
「パートナーとしてワザとやっているのか?」「他と比べて私が甘いだけではないか」「他の人はどうなのか」
等、いろいろと悩みます。
そこで貴女が考えなくてはならないことは貴女はこの世界に”何を求めていたのか”ということなのです。
そこで初めて本来の求めているものを見つけることが出来るかもしれません。
「キーとして」「Mとして」ではなく貴女の求めていることを追求すればいいだけなのですから。

苦しいのだったら別れればいいのです。
その基本的なことに支障をきたしているのであればその先は全く意味がないのです。
別れられないのをこの特殊な世界のせいにして、自分の辛さから逃れようとしているのかもしれません。
愛していれば別れはとても辛いもの、いくら愛想を尽かしても別れのときはとても辛い。
しかし、何を求めてこの世界にいるのかをまず思い出してください。
それでも結論が出ないのが恋愛であり、世の中で一番厄介な代物なんですけどね。

「求めているものは何か」
これは自分自身が行き詰まった時に一番大切な要素です。
いつか訪れるはずの最大の難関のときに必要なんです。
その時に冷静に対処できるように今からでも心の整理をしてください。
こういった世界に足を踏み入れる女性は不器用な人が多く、深く依存しやすく、そして深く傷つく女性がとても多いんですね。
それを防ぐためにも、和らげるためにも自分自身をしっかり見つめて何のためにこのようなことを望んでいるのかを絶えず考えるようにしていないと、いつか自分を見失ってしまうのです。

少し極端すぎるお話ですが、こうやって頭を切り替えて考えないといつまでも答えは出ないんです。
やはり人間ですから求めていることなんて曖昧でよく分からないという事が多いと思いますが、
ただ根底にある”愛情”がほしいということだけは共通していますよね。
みんな愛情に飢えているんです。
私が今まで言ってきたことは極論かもしれません、しかし、極論で考えなければ答えなどいつまでたっても見つかりません。
何を求めているか曖昧でも、何をより多く求めているかは分かると思います。

別れの時は深く傷つき、人間不信に陥り、悩み、とてつもない辛さが生じます、そして答えを見出すことが出来ず、長い期間、喘ぎ、苦しむことになるのです。
その時に極論で物事を考えれば判断材料になると思うんです。
初めと今とで求めていることが違うということはよくあります、でもそれを認識し受け入れることが大切です。
自分の変化を受け入れた時、ふと気がつく人生の折り返し地点に成りうることもあるんです。

人は長い人生の中で価値観は絶えず変動しています。
そして、だからこそ絶えず今の自分を見つめることが大事です。

自分が出来上がった人間などと決して思っていはいけません。
絶えず新しい自分を見出すことが、更なる新しいものを生み出すからです。

悩んだときは原点を見つめなおし、そして今の自分を見つめてください。






              戻る          Top