お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

          SMにシフトしていくキーさん


これはつい先日に書いた記事なんですけど、「もうちょっとわかりやすく」というご意見があったので、多少書き直して再度アップします^^;


お仕置きやお尻ペンという言葉に反応してしまう人をはじめ、お尻ペンのお仕置きを求めてしまう人をキーさんと呼びますが、その中でもディシプリン派のキーさんというのは性的要素の一切ないお仕置きを求める人のことを指します。

その裏には、自分自身に対して真剣に向き合って欲しい、構って欲しい、甘えたい、自分のために叱ってほしい、何があっても見放されない、等の要素が隠されていて、それらの根源は何かというと愛情を求めていることが多いんです。

実際にお仕置きを目撃したり、学校で叱られているのを目の当たりにしたり、アニメを見たりして、そこに温かい愛情を感じるからこそ引き込まれてしまう事につながるようです。
そのお仕置でも、ただ叩かれるだけというのとは違います。
虐待的なお仕置ではキーさんは反応しません、むしろ嫌悪感を抱くことでしょう、なぜならそこには愛情がないからです。

悪いことをする→お仕置きされる→愛情を感じる
という図式が無意識に成り立っているのですがそこまで気が付いているキーさんは少数かもしれません、そこがはっきりとはわからないので、なぜだかわからないけどお仕置きを求めてしまうということになるのでしょう。

キーさんのお仕置きへの思いは幼少期(幼稚園~小学校)から抱えている人が多いようです。
そしてその気持ちや欲求を抑えられなくなってリアルでお仕置きされるわけです。
それは何かしらかの愛情を求めてです。
ただ、無意識に愛情を求めている子は、愛情を求めているという自覚がなく、ただ単にお仕置き欲求を満たしたいという思いだけがあり、そこが自分は変じゃないかと悩むところでもあるようです。

で、この求めている愛情がいつの間にか愛情ではなく痛みに変わっていくと、スパからSMにシフトしていくことにつながるんですね^^;
シフトしていく子は元々キーとМの両方を持ち合わせている子が多いようです。
シフトしていくとはスパ的なお仕置からSM的なお仕置きへと向かってしまうという意味です。

どう変化するかというと、ちょっとしたきっかけで、本来は愛情を求めていたのに、それが痛みを求めるという形に方向転換してしまいます。
そうなると、「痛くないと満たされた感じがしない、だからもっと痛みを与えてほしい」と、痛みを追求してしまい、それはSM的な意識となってしまうんですね。

これはキーさん側の意識の変化もそうですが、お仕置きする側のカーさんの方針に大きな影響があると私は思っています。
だから痛みを追求させないようなお仕置きを、カーさん側がしていかないといけないと私は思います。

カー側がキーさんに、痛みを求めるように、SMにシフトしていくようにと、無意識にでももっていってしまえばそれは調教となってしまうのです。
調教によってSMに誘導し、そのキーさんは痛みを求めてしまう。

本来は
「お仕置きを求めているんじゃなくて愛情を求めているんだよ」と教えてあげなければなりません。
「痛みを求めているんじゃなくて、愛情を求めているんだよ」と教えてあげなければなりません。
なんでかというと、お仕置きに愛情を求めているのかどうかというのは本人からしても曖昧ではっきりとした自覚がないので、そこを捕捉させて本来求めているものをはっきりとさせてあげることが大切だからです。

なので、そこを考えないで痛みばかり与え続けてしまったり、意識的に痛みを我慢することに重点を置いてしまうと、結局は痛みの追及になってしまい、痛みが強くないと満たされなかったり、より限界までの強い痛みを求めてしまう事につながるんです。

これではキーを卒業してSMという世界に入学してしまうようなものなのではないかと思います(笑)
SMが悪いといっているわけではありませんよ^^;
キーでМである人は普通にいますし、それはそれで全く問題ないのですが、ただ本来の求めている愛情というものを意識していないといつの間にか痛みを求めてしまう行為になってしまうということを知っておいてほしいということです。

シンプルに考えて、子供がお仕置きをされるのに痛みを求めているなんてまず有り得ませんからね、でも構って欲しくて叱られるような悪戯をするというのは普通にありふれていることで、それは決して痛みの追求ではありませんからそこをよく考えると理解できるかもしれません。

また、ドМさんでも、スパのお仕置きはSMのお仕置とは別物という考えの人は普通にいて、スパのお仕置きを求めて来る子もいますからね。
そこは意識の切り替えができているので問題はないんです。

ここに書いたのはそうなりたくない人もいて、そういうキーさん達にはこれらの点に注意してほしいということです^^




              戻る          Top