お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

          羞恥心を求めるキーさん


キーさんにはいろいろなタイプがいて、お仕置きの好みも違いますが、その中でも、羞恥心を感じるお尻叩きが好きなキーさんは結構いるものです。
こう書いてしまうとそんなことはないと声をあげるキーさんはかなりいるでしょうけどね^^;

羞恥心を求めるといってもその度合いはそれぞれで、服の上からお尻を叩かれているだけでも羞恥心を感じるもので、その光景を小説や動画で見てキュンとくるキーさんはかなりいるのではないでしょうか。
自分がどうしてキュンとくるのかよくわからないというキーさんは多いのですが、やはり無意識でも羞恥心でドキドキしてしまうのは、特に女性であれば当たり前のことでもあるのです。

まぁお仕置きの一連の流れでもあるその部分の羞恥心的なものが、胸がゾワゾワさせ、キュンとさせている要因であるのは間違いないでしょうし、それがお仕置きに惹きつけられてしまう魅力の一つでもあるのでしょう。

もちろん、服の上よりも下着姿の方がより羞恥心は感じるでしょうし、下着を脱がされた方が羞恥心を感じるでしょう。
その羞恥心が本気で嫌だというキーさんも確かにいるのですが、逆に「本気で嫌だし恥ずかしい」という心境に追い込んで、そういう自分に萌えてしまうというキーさんもいるんですね。

更にいうと、お仕置き相手であるカーさんには内緒にしていますが、頭の中で意識的に、もしくは無意識的に羞恥心を煽っているキーさんもいます。
お仕置きはしっかり受けてはいますが、頭の中では羞恥心を追い求めてしまい、その羞恥心でお仕置きに酔っていて、羞恥心をとことん追求してしまうんですね。

ま、お仕置きには少なからず羞恥心はつきもので、それが小さいか大きいかの差という事です。
小さい羞恥心(服の上から、下着の上から、生尻へのお尻ペン等)は好きだけど、大きい羞恥心は嫌悪するとか、お仕置きには大きい羞恥心を求めてしまうとか、そういう好みの問題ということです。

このように考えてしまうからって「私はキーでなくMだ」と決めつけてしまったり、「自分がしてほしい事だから罰にならない」と思ってしまうのは違うと私は思います。
基本的にキーさんというのはお仕置きを求めてしまうのですから、その部分の理由や嗜好性はどうでもいいはずなんですね。

キーさん側から「もっと恥ずかしいお仕置きをしてほしい」とおねだりしたり、「もっといっぱい叩いてほしい」と要求したり、そういう直接的な言葉があったらそれはディシプリンスパのお仕置きとは違いますが、そうでないのであればスパのお仕置きとしては成り立つはずです。

内的な心境では”スパ寄り”か”SM寄り”かはありますが、実質的に性的なお仕置きを受けたいのか、スパ的なお仕置きを受けたいのかという、気持ちだけの問題だと私は思っています。

キーさんのお仕置きの好みというのはとても複雑で、似てるようでも微妙に違う、十人十色的なものがあります。
究極にいうと、例え心の中身が性的であったとしても、お仕置きの行為自体に性的なものが混在していなければ、それもディシプリンスパに入るのではないでしょうか。

心の中でどう思っていようとかまいません、後でカミングアウトするのもよし、自分の中に秘め続けるのもよし、実質的なお仕置き自体に性的なことが無ければそれで十分ディシプリンスパが成り立つはずです^^




              戻る          Top