お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

                 世間から見たキーさん


お仕置きの世界を知らない一般の人から見たキーさん(お仕置きにあこがれを持つ人)ってどんな感じなのでしょうか?
このお仕置きとは、性的なことはない家庭的なお仕置きのことをいってます。

キー、カー等のスパ用語が分からない方はこちらを参照ください。

つい先日とある普通の掲示板で「お仕置きしてください」という書き込みを見つけました。
それはスパやSM関係の掲示板ではなく、普通にネットを見ていたら目撃したので新鮮さを感じて閲覧しました。
それは知恵袋系の掲示板だったのですが、そこで更に「お尻ペン」「お尻叩き」「お仕置き」「お説教」等の用語で検索をしてみると、類似した書き込みが結構でてきたんですね。

まぁ出会い系やパートナー募集掲示板での「お仕置きしてください」はスルーしますが、そうではない一般的な掲示板で目撃したのがとても新鮮で、興味深く見てしまいました。
まぁ私はスパの掲示板も一切見ないので驚いたのですが、皆さんは当たり前のようにご存じかもしれませんね^^;

書き込んでいる人は自分がキーであることを認識していない人が多く、それはキーという存在を知らないだけだと思うんですが、おそらくMと思い込んでいる節がありました。
まぁそれはMという言葉しか知らないからだと思います。

「叱ってください」「お仕置きしてください」の書き込みに対してその返答はというとそれはそれは酷いもので。
スパやSM系の掲示板ではないから一般の知識の人が多いと思うのですが、もうそれは変態扱いでしたね。
知識はないといっても誰しもSMの雰囲気は知っているわけで、返答はもうSMの世界のみでした。

「はずかしめてあげるよ、いじめてあげるよ」みたいな、羞恥責めや快楽責めを加味したスパンキングをするみたいな返答しかありませんでした。
お仕置き依存症の悩み相談でもマゾ扱いで皆さん書き込みをしていたんですね。
私も口を挟みたかったのですが(笑)過去の書き込みだったので助け舟は出せませんでした・・・。

しかしこうやって一般的な立場に立ってみると、いくらディシプリン派のキーを名乗ったところで一般から見るとただの”マゾ”としか認識されないキーさんに切なさと悲しみがこみ上げてきました。
SMの世界のサディストたちの多くも、キーという孤立の存在を認めていなく、マゾの部類だと認識している人が多いんです。
ようはマゾ要素が十分あり、調教次第では立派なマゾに育てられると思っているのでしょう。

確かにマゾヒストという用語自体の解釈からいうとスパモードの時はマゾヒズムということは間違いないのですが、SMという世界観では明らかにSMのマゾではないんですよね。
これはサディストでも理解できる人があまりいないくらいなので、一般的には無理なのでしょう。
行為そのものは同じでも意識の持ち方や取り組み方が全く異なるのでディシプリン派のキーはお仕置き中に限ってはマゾではないんですよね(Mとキーの両方を持ち合わせている人は別です)

要は一般的に叱られたい人がいること自体理解できない人が多いのでしょう。
でもそれは叱られることが嫌なことだと思い込んでいるからだと思います。
逆に叱られたことに良い思い出を持っている人も実際いますし、叱られたことがない子は悪戯をしてまでも叱られてみたいと思ってしまうんですね。
それは叱られるという世界がどんなことか実体験したことがなく、それが大人が向き合ってくれる愛情の手段だと無意識に思ってしまうからでしょう。

なぜお仕置きを求めるかというと、アニメや絵本の影響が大きいですが、それも含めて過去に他人が叱られているのを見てそれに愛情が注がれていると感じているからですし、実際愛情は注がれています。
だからこそ叱られることに憧れてしまったりしてその延長線上にお尻叩きがあるだけなんです。

自分が駄目なところをしっかりと叱ってほしく、それにはきちんとした理由があって初めてお仕置きが成立するわけです。
それは幼少期の欲求なのですが、その時にお尻を丸出しにされた恰好を見て恥ずかしさや背徳感を感じて、その衝撃で脳裏に刻み込まれてしまうことがきっかけでしょう。
そしてそのまま満たされなかった欲求が大人になってでてしまっているわけです。

ディシプリン派のキーさんでもお仕置きで快楽を感じます。
お説教の時、お尻を出されるとき、お尻を叩かれる瞬間、お尻を叩かれている時、お仕置きを受けた直後の甘える行為、そして家で一人になってそれを思い出した時等、様々な瞬間に心の快楽が出ています。
快楽といっても様々で精神的な快楽でもあり、人によっては性的快楽に感じてしまう人もいます。
精神的か性的かというのは心の問題で紙一重なところがあり、そこがキーかМか悩んでしまう部分だとは思います。
それでも小説や動画を見たり妄想したり、お仕置されたことを思い出している時は少なからず性的な興奮を覚えてしまうものです。

心理的な話をすると実は意識の持って行きようではそれは性的快楽にも変わることもあるし性的快楽と感じないということもあります。
”マゾではなく根っからのキー”という人は、深層心理で純粋な子供のままの脳の持ち主なんだと感じます。
なので性的快楽としてお仕置きを受けようとは考えないし、単純に欲求を満たす手段として捉えているものです。
そこに被虐を求めたり性的快楽を求めていないのであれば俗にいうSMの世界のマゾでは決してないんです。
なのでそういうキーさんを変態マゾのように扱ってほしくなく、あの掲示板の書き込みはとても悲しかったです。

こういうことは世界中で一般常識になってくれるといいんですけどね(汗)
Mという言葉はほぼ100%の人が知っているでしょうが、キーということがはほとんど知らない用語です。
そしてまだまだ1%もディシプリン派のキーさんの気持ちを理解できる人がいないであろうことは悲しい事実です。

私にとってお仕置きは日常です、キーさんにとっては非日常ですが、いつの日かキーさんも日常のこととしてお仕置きを受けられるように普通の事となっていくことを願っています^^;
少なくとも私は日常ですし、私と対話してからのお仕置きはおそらく日常の一部として認識できると思います、それはそれだけナチュラルでシンプルなものだからです^^





              戻る          Top