お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

   性的(SM的)なお仕置きと性的(SM的)でないお仕置き



お仕置きって一言で言っても大きく分けて性的なお仕置きと性的ではないお仕置きがあります。
ディシプリン派のキーさんは性的ではないお仕置きを求めているものですが、それさえもわからないキーさんもいるんですね。

性的なお仕置きを求めるキーさんというのはもちろんいます。
性的な分類というのはピンからキリまであります、ピンまで行けばモロにSMのお仕置きだし、キリであればSMのお仕置きとまでは言い切れないけど性的なことを連想させるようなお仕置きですね。

そういうことがわかっている人であればいいのですが、SM的なお仕置きのSMというものが何なのか理解できていない人も実際にいます。
そうなってくると自分がどのようなお仕置きを求めているかが見えない状態になってしまいます。
お仕置き的なアニメやドラマ、様々なシーン、そして単純にお仕置きという単語に「ドキッ」っとしてしまう自分って何なのか。
当然自分は変だ、他の人とは違う、Мなのか、変態なのかと一人悩んでしまう人が多いようです。

だからといってお仕置き欲は抑えることができなくて、そうなると必然的に掲示板を利用することになります。
そしてお仕置きについて何もわからない状態なので、出会ったカーさんのするがままのお仕置きを受けることになります。
しっかりと打ち合わせもできていないと当然に性的なことをされることになりますが、「これがこの世界のお仕置きなんだ、自分のお仕置き欲を満たすには多少の性的なことはしょうがないんだ」と無理に納得する人もいます。
だけどやっぱり何かわからないけど違和感が生じ、様々な人を渡り歩き、さらに自分自身を嫌悪し、傷つけていってしまうんですね。

それではどのように心の整理をして、どのように求めるお仕置きを考えたらいいのでしょうか。
これは大事な問題で自分を知るために必要な第一歩ではないかと私は思っています。

私の場合、性的(SM的)なお仕置きか、性的(SM)ではないお仕置きかをどこで区分けしているかの基準を設けています。
まぁそれは誰にもいっていることですし、これまでもブログで書いてきたことなんですけどめちゃくちゃ単純なことなんですね。
それは単純に”親から受けるお仕置きと比較”するだけです。
親から受けるお仕置きにその行為は許容されるかどうか、違和感がないかを考えてみてください。
それは妄想の世界でもいいんです、まずは自分が妄想するお仕置きを考えるのですが、それが親だったり、アニメだったり、小説だったり、その人が憧れているお仕置きのイメージです。
それを考えた時に何がNGかということは見えてくるはずです。
そこが第一歩目でそこから本当の意味で求めているお仕置きを違和感を感じながら探していく作業をしていけば自分を見つめることができるし、その過程でたくさんの愛情を受ければ自然とキーを卒業できるきっかけにもなるかもしれません。
お仕置きで満たされることを経験してみないとキーを卒業することは難しいのではないかと感じます。

その行為(性的、SM的)とは例えば、
体をひもなどで拘束する、首輪をする、浣腸をする、おむつをはかせる、お触りをする(性器、肛門、胸)、罰と称して性的なことをしたりさせたりする、お尻や性器に物を挿入する、等です。
こういったお仕置きで満たされるのならそれは性的なお仕置きを求めていることになりますし、こういった行為を嫌悪するのであれば性的でないお仕置きを求めている(ディシプリン派)ということになります。

お仕置きを受けたい欲望を抑えることができない、その欲を満たすためには多少の性的なことは我慢するという子は実際にいますが、そうであればパートナーは必要ではなく、私のようなサイトを利用したほうがいいのではないかと感じます。

この活動でキーさん達に実際の会ってみると、過去そういう悩みがあったという話や、現在もそうで、そのことの相談とかをしてくる子が結構います。
もちろんメールの段階でそのような相談もありますし、私のこのブログをきっかけに心の整理ができたという人もいます。

自分の心が謎のまま理解できない辛さは相当なものです、しかもその謎は人には言えない背徳的なことですから一生そのことを抱えていかなければなりません。
だからこそ唯一の吐き出せる場所として私のようなブログやサイトは必要だと思っています。
性的でないお仕置きに対する心の動きをしっかりと理解できる人間というのは一般的にはいませんからね。
みんながみんなお仕置きはSMだと考えるでしょうし、たんなる痛みを求めるМだと勘違いするでしょう。
丁寧に説明しようとしても相手側のキャパが狭ければ無理ですしね。

実際に親友に自分がキーだと打ち明けるために、自分の言葉よりも私のブログやサイトを見せて理解してもらったという人もいます。
とにかく一言では説明できない複雑さを持ち合わせていますから説明は難しいですよね。
でも私のブログを通してでもしっかりと説明ができれば、”私もキーかもしれない”という人はたくさんいるんじゃないかなって私は思っているんです。
そしてキーさんの割合が少しでも上がればお仕置き自体、後ろめたい行為ではなく、普通の行為となります。
変かどうかはただ単に少数かそうでないかで決まりますからね、人数が増えれば必然的に一般的となるんです。
そのような世の中にしていきたいと思ってます^^
けどまぁ、現実的には難しいですね…^^;

話を戻します。
性的なお仕置きを望んでいなくてもお仕置きのイメージが好きで楽しみたいとか、軽いお尻ペンでお尻がうっすらと赤くなるのが好きとか嗜好は様々です。
お仕置き理由はなくても単純にお尻を叩かれたいと思ったり、単純にお仕置き欲を満たしたいと考えるキーさんもいて、それは人それぞれです。
お仕置き行為に性的なものを求めていないのならそれはディシプリン派としてもいいんじゃないかなって、最近特に思うようになりました。
区分けなんて境界線は曖昧なものですからね(笑)

厳しくないお尻ペンも最近するようになりましたし、毎回厳しすぎるお仕置きもどうなんだろうなとも感じます。
もちろんしてしまったことの重大性に応じては厳しくしますが、どんな罪でも限界ぎりぎりのお仕置きをしていては、逆に痛みを求めてしまう結果になりかねないので逆効果な面もあるはずです。
そういうこともあって、たいした悪さでなければ軽いペンで終わらせたり、人によっては厳しくと希望する子には厳しくしたりと、最近は独自観を貫き通すというよりも、臨機応変にお仕置きをしています^^






              戻る          Top