お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

        性的ではないお仕置きの認識


お仕置きとは、それを受ける側にとってどのようなものでなければならないのか。

基本的な事ですが、お仕置きとは悪い行為に対しての罰です。
その罰が楽しい事だったり苦痛に感じなかったら罰にはなりません、嫌な思いをすることが罰というものだからです。

スパの世界に入り込んで来るキーさんの中にはどういうのがお仕置なのか、そういうこともわからない人が意外と多いんですね。
つまりお仕置きとはこういうものだという型もないし、見本もないので、カーさんからのお仕置きでスパの形を認識してしまうんですね。

お仕置きには大きく分けて2種類あって、それは
「性的なことを含むお仕置き」と、「性的なことが一切ないお仕置き」です。

でも二つに共通している点は精神的に追い詰められて罰を受けるということです。
「私は悪いことをして無理矢理罰を受けているんだ」という部分が一緒だと、性的なお仕置きでも流されてしまったり、こういうものなんだと勘違いしてしまったりするものです。

そういうことが無いようにお仕置きの認識というものはしっかりと持っておいてほしいと私は思います。
しかし、それをうすうすと認識をしていながら、性的な事も受け入れないとお尻を叩いてくれる人がいないからと妥協するキーさんもいます。
そうだとしても、嫌な思いを繰り返したくないのなら相手探しはしっかりとするべきだと思います。

性的な事が一切ないお仕置きはみなさんすぐにわかるでしょうね、それは親が子供にするお尻叩きやビンタなどの体罰、先生が生徒にするような体罰であり、性的な要素が絶対にないお仕置きです。
どういうのがお仕置きの形なのかがよくわからない人は、親や先生がするようなお仕置きを考えてみると整理がつくのではないかと思います。
逆にいうと、こういうお仕置きは親や先生がしないだろう、有り得ないだろうと考えることで整理をつけることもできます。

性的なお仕置きとは胸や乳首、局部や肛門を触ったり、いじったり、痛めつけたりすることです。
これらはディシプリン派のキーさんであればとても嫌な行為でしょう。
しかし、嫌な事=罰という認識があるし、カーさんに「嫌だったらそういうことはするな!」と言われてしまうと従うしかなくなってしまいます。

更に、局部が濡れているからといってお仕置きをするカーさんがいますが、濡れるなんてことは悪い事でもふしだらなことでもありません。(濡れてしまう事について参照
それなのに濡れるならセックスという罰をするという訳の分からないこといい、セックスまでしてしまうカーさんも実際にいるのです。
キーさんも反撃できずに受け入れてしまい、そしてこういう人からは離れるということを繰り返す子もいます。

これだけは覚えておいてください。
罰といっても実際はその種類を選べるのはキーさんです。
少なくとも性的かそうでないかは選べるはずであり、拒否したにも関わらず性的な事をしてきたら厳密にいうと犯罪行為です。
なのでその打ち合わせを事前にしておくことは自分を守ることでもあるんですね。

実際精神的な部分、妄想の世界になってしまうとこれらのことは線引きが難しいのですが、リアルなお仕置きとなった時にはやはり性的な部分を排除しておかないと、ディシプリンスパではなく、単なるスパ的なSM行為となってしまうのです。

今現在、そういうお仕置きにはまり込んでいる人は自分を見つめなおす機会です、そしてこれからお仕置きの世界でリアル経験をしていこうと考えている人も、お仕置きは作られた行為ではなくて、自分で作り出すものだと認識してください。
自分の理想のお仕置きをしてもらう、その為のパートナー探しに妥協はいらない、そういう気持ちでいてください。

お仕置きが未経験でもいいんです、まずは取り決めをして二人のお仕置きはキーさん主導で作っていき、その後にどのようなお仕置きにするかを今度はカーさん主導で探っていけばいいと思います。
性的な事を望まない人は決してそこは譲らないようにしてください、一度許してしまったらもとには戻せませんからね。
まずは信頼関係を作っていき、そこからが本当のスタートになるんです。

まずは基本的なお仕置きを体験してみたい、お仕置きがどういうものなのかを聞いてみたい、そんな人がいましたらいつでも相談に乗ります、お気軽に^^




              戻る          Top