お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

                 様々なスパの嗜好


スパと一言で表現してもいろいろな世界があるんですよね、そしてそれぞれに求めていることの違いもあり単純なようでかなり複雑な世界です。
共通していることはお尻叩きなのですが、お尻叩きに対する精神的な部分が少しでも違うとガラッと違う世界になってしまうんです。
それによって満たされたり満たされなかったり違和感を覚えたりするもので、キーとカーといっても相性以外にそういう世界観というか嗜好というものがとっても大切なことでもあるんです。

キーさんはとりあえずカーさんを探してしまいがちですが、しっかりと自分の求めているスパを認識した上で探さないと意味がないんですね。
でもたまたま合致したということもあるし、相手のスパ感に引きずられて自分の価値観が変わってしまったということもよくある話なので一概には言えませんけど。
未経験に近い人は何を求めているのか大雑把にしかわからないので、それもあって出会いを求めることに躊躇してしまうことはあるのでしょうね。
それでなくても出会いは不安と恐怖がつきものですから女性であればかなり勇気のいる行為だと思います。
ま、自分が憧れている、こうされたいというものが何かしらあればそこから想定していく作業は大切です。

スパの表現方法、嗜好については大きく分けて下記6つくらいに絞られるのではないかと認識しています。
もちろん他にあってもいいと思いますし、もしあったらそのスパ感を教えてくれるとありがたいです。
その時は是非メールでもください^^;

①親と子供的
②兄と妹的
③先生と生徒的
④恋人的
⑤感情を挟まないタイプ
⑥性的

私はどれに当てはまるかというと親と子供的なお仕置きです、これが根底にあって全てが成り立っています。
それぞれどんな感じかどんな違いがあるか説明していきます。

①親と子供的
これはもう説明しなくてもお分かりですね。
親は子供を見捨てません、成長を願い、良い事と悪い事の区別を認識させて悪い子には罰としてお尻ペンのお仕置きをするのです。
親は子供を愛していますから何度悪いことを繰り返してもそれが直るまでしっかりとその子を見つめて見放さない、無償の愛なんですね、決して見返りを求めた愛ではないんです。
そしてよりよい人間に成長させるためにいろいろなアドバイスをしたりいろいろな考え方を教えたりして可愛がる感じです。
悪い子の時は厳しくお説教してお仕置きをしますが、反省ができたらしっかりと甘えさせて頭を撫でてあげたりして愛情を与えてあげます。

②兄と妹的
お兄ちゃんに甘える妹的なものですが、これは親と子供と同じ気持ちなのですが、”兄妹”ということで親子とは全く違う感覚なんですね。
親子であるか、兄妹であるかだけでお仕置きの感覚がまるっきり違ってくるんです。
実際はお兄さんがいない人、妹がいない人が過去に兄妹が欲しかったという欲求が再燃しているのでしょうが、きっと兄や妹がいる人は求めないことかもしれません。
実際に考えたら親が子供にするスキンシップを兄が妹にしていたらちょっと気持ち悪いです。
それは兄妹とずっと一緒に育った環境でいた人だけにしかわからない感覚なのかもしれませんけどね。

③先生と生徒的
まぁこれもお仕置きの流れ的には親と子供と同じなのですが、微妙なニュアンスが違うと心を埋めるものも違ってくるんですよね。
教師の愛情って熱血感のようなものであって他人が自分のために熱くなって叱ってくれることが嬉しくて満たされることにつながるんですよね。
成長のために、個人のために必死になって悪いことを直し、いい方向に導こうとする。
ただやっぱり先生と生徒の関係性は一線があってここから先は踏め込めない領域があるんですね。
その領域まで踏み込めるのが親と子供の関係性と言えばわかりやすいでしょうか。
つまり教師と生徒というのは所詮仕事であり指導であるゆえに機械的というか冷たい一面も多少なりとも感じてしまうところがあるんですよね、スキンシップのしすぎにも限界があるし違和感が出てきてしまいます。
でもそれが先生と生徒的なコンセプトのとてもいいところでもあるんです。
相手の心にあまり入り込みたくない人や自分の心にあまり入り込んで欲しくない人にはうってつけなんですね。
親と子供的な関係性はちょっと心に入り込みすぎるなと思う人はこれがいいでしょう。
そして一番の違いは対等な関係ではないことです、そこには上下関係が存在するのである意味絶対服従の中での体罰ということになります。
暴力と紙一重だし、上下関係であり服従関係でのお仕置きという指導法は私はどうかと思いますけど。

④恋人的
恋人的は統計的に一番キーさんが望んでいることだと思います。
ただ一番難しいことでもあるんですね、喧嘩になったときにこそお仕置きが必要なのにそういう時に出来ない人がほとんどです。
恋人的といってもラブスパではありません、エッチもするしお仕置きもしますが、きっちりとお仕置きとエッチを分ける前提でのお話です。
キーさんとカーさんがパートナーとなってそれから恋人になるケースも結構聞きますが、だいたいはうまくいかないようですね、そのうちお仕置きがなくなってきたり少なくなってきたり、カー側の悪い面が見えてきて素直になれなくなってきたり。
また愛している人に嫌われたくないので本当にいけないことを隠して嘘をつきながら付き合うことになることが多いんです。
そうなると隠し事の嫌いな真面目なキーさんはだんだんとお仕置き欲をパートナーではなく、他の方で発散したくなるようです。
ただ、良い関係性を保つことができれば私はこの恋人関係が一番だと思います。
もちろん結婚して一生続く前提ですけどね。
一番難しい半面、うまくいけばとっても幸せになれると思います、それにはカーの資質が必要ですね。
カー欲がいつかなくなるような人では絶対にダメです(笑)

⑤感情を挟まないタイプ
これもあるんですね、これまでのタイプは基本的に理由があってそれについてお仕置きをするのですが、この手のタイプは特に理由は必要ではないんです。
ようはただ単にお尻を叩きたい人とただ単にお尻を叩かれたい人なんです。
そこにシチュエーションや感情、精神的な面などは重視しないんですね。
かと言って性的なものを求めているわけでもなく、純粋に叩きたい叩かれたいだけの嗜好です。
今までの①〜④までと全く違う種類のお仕置きですが、これもスパでキーとカーを求めているものだからごっちゃになってしまったりするのでしょうね。
でも実際そういう人はいるんです。

⑥性的
ま、これは説明するまでもありません。
性的なスパは私の中ではSMという認識なので省こうと思ったのですが、カーさんの多くは少なからず性的な面を求めてしまう人が多いのでとりあえず入れてみました。
口では性的なことをしないと言っても会ったときには求めてきます、確信犯は最初は出さなくても3回目には何かしらのアクションを起こしてくるのでそこまでは要注意です。
実際これがあるからSMとスパを同じように考えてしまう人が増えてきてしまうし、まあスパと言えばスパなんですけどね。
だからディシプリンスパのジャンルを違う言葉で表現したいと常常思ってしまいます。
ラブスパも性的ですね、でもこういうのを求めている人もいますからそれはそれで認めています。
ただ、募集やパートナー作りの時には嘘偽りなくさらけ出して欲しいんです。



最後に
お仕置きに求めている度合いも大切ですね、
自分を見つめてくれることや真剣に叱ってくれることをより多く望む人、お尻叩きをより多く望む人、お仕置き後の甘えタイムをより多く望む人、それらを均等に望む人とそれぞれです。

寂しい心を埋めたい人、不安感や焦燥感を解消したい人、満たされない何かを満たしたい人、親、先生、兄妹、恋人、他人等からの愛情が欲しい人、罪悪感を取り去りたい人、悪いことの罰をしっかりと受けたい人と理由はそれぞれですが、お仕置きを通して埋めることはとても理にかなっていると私は思います。
他人に悪いところを指摘されるなんて大人になったらあまりありません、それが性格的なことや癖的なことならなおさら。
そして指摘や注意されてもそれだけで終わってしまい、それが愛情で言われたのか憎しみで言われたのか嫌味なのかなんなのかわかりませんよね。
しっかりと罰を受けさせ反省させて理解してあげることが大切なのにそこまでされる機会なんて大人にはもうないんですよね。
だから”スパ=お尻ペン”という概念を捨てて、このような思いでスパの世界に入り込んでくれれば健全な世界が作れるんじゃないかと感じます。
誰にもいえないことをお話しする心の安定、心の癒しとして。

アントニオ猪木さんの闘魂注入ビンタと同じです、
まぁあれには理由もなく、しかも叩く場所はほっぺたですから少し違和感がありますが、でも弱い自分や悪い自分に喝を入れてもらって活気を見出すというところでは根本的には猪木さんのビンタを受けたいと思う人はスパ的に言うと全員キーさんですよ。
だからそういう感覚でディシプリンスパを体験するような簡易的な入口を見出してあげれたらなと最近感じます。





              戻る          Top