お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

          お仕置きの欲求と性的欲求の違い


キーさんの多くはお仕置き欲を「性欲や性癖」だと思って悩んでいる人が多いというか、まぁ全員が一度は悩むところなんですが、そこが自分はおかしいんじゃないか変じゃないかと思う部分でもあるんですね。
このブログではSM的なお仕置きとスパ的なお仕置きの違いや意識の違いをお話ししていますが、今回のお話はそれに関連しています。

広い意味でいうと性癖とは偏った性質のことでいわゆるフェチというのは全て性癖です。
また、食欲や排便、恋愛感情も快楽を多少なりとも感じているのならそれは性欲の一種と考えられています。
そして性欲という広い範囲の中でもその解釈では大きく分けて二つに分類され、それが「性的な欲求」と「性的ではない欲求」です。

で、私たちが一般的に認識されている性欲や性癖というのはいわゆる「エッチなこと、エロいこと」です(本当の解釈は違いますが)
それではディシプリン派の性的でないお仕置きは一般的に認識されている性欲や性癖でしょうか?
答えはNOです。
ディシプリン派のお仕置きというものはエッチやエロい要素はありませんよね、だから性的な欲求ではなく単なる”欲求”なんです、これははっきりと区分けができるんですね。
まぁ親から子へのお仕置きを考えてみればわかるとおり、性的要素なんて微塵も存在しないんですよね。

それではなんでキーさんは悩むのか。
それはお仕置き欲が収まらないという気持ちの他に、お仕置きを考えたり、小説や画像を見て妄想したりすると濡れてしまう、更にはそれが自慰行為につながることもあることに大きな要因があるからです。
濡れるということや自慰行為は一般的には=性欲→エッチな事、エロいことという解釈になるので自分を見失うわけですね。

キーさんたちは濡れてしまうことについて、感じちゃっているわけだからディシプリン派のキーではないのかもしれないと考えてしまいます。
そして性的な事は嫌なはずなのに濡れてしまうことで、私はМなんだろうか、変態なんだろうかと一人悩んでしまうんですね。
でもこれは脳内ホルモンの分泌の影響、そして体の構造上の問題なだけで、一般的に言われる性的快楽を得るための性欲ではなく、性的要素のない単なる”欲求”なだけなので安心してほしいんです。

濡れる要因としては「お仕置き欲が満たされている」という感覚とともに、お尻を丸出しにされるという現状に恥ずかしさを感じ、そのことが背徳感と混ざりあってドキドキしてしまい、性欲中枢が刺激されてしまい濡れてしまうわけです。
これは羞恥心によるものなので性的な欲求ではなく、間違いなく”性的ではない通常の欲求”なんです。
まぁそこにМ要素が入ってくるとまたややこしくなるのですけどね^^;

濡れてしまう事については過去に記事を書いていますから気になる方は<a href="http://kyoisssi.blog.fc2.com/blog-entry-234.html" target="_blank" title="こちら">こちら</a>を参照してください。
ちなみにお仕置きを考えて自慰行為をしたとしても、性的な、いわゆるエッチな事を考えての自慰行為ではない時点でそれはエロい行為ではなくて心を満たすための行為になるのです。
この行為で悩むキーさんもいますがなんら気にすることはありません。

ディシプリン派であり、性的な事が嫌なはずのキーさんですが、こういったことで悩み、Мではないかと考え、SMに誘導されて流されてしまう人もいます。
基本的に嫌なことがお仕置きなので、その罰のお仕置きが性的であっても相手側に「これが罰だ」!と言われれば従ってしまう、それが大人のスパのお仕置きだと何もわからない子たちはそのように受け入れてしまう事が多いんですね。
もちろんМ的要素の強い子もいるのでそれで良しとする人もいますが、キーの部分がしっかりとあれば必ず違和感が出てくるはずです。

自分が何を求めているのかさえ分からない子たちはお仕置き自体が相手任せということもあり、それがお仕置きだと勘違いしてしまう事も普通にあることです。
なので濡れてしまうからといって自分がSMを求めているかもという考えはやめてそれも含めて性的ではない欲求であると認識してほしいと思います。

それは女性ならではの捉え方ですからね。
エッチなことでなくても好きな人を思い浮かべただけで濡れてしまう人、ピアノを弾いていて濡れてしまう人、音楽鑑賞をしていて濡れてしまう人、そういう人も普通にいます。
共通していることはどの人もエッチなことやエロいことを考えて濡れているわけではありませんからね。

通常の欲求であり、性的欲求でないことは自分自身がよく把握しているはずです、それを濡れた濡れないという曖昧なことで判断してはいけません。
人間の脳はいい加減です、錯覚も勘違いもすぐに起こします、そして脳内ホルモンは同じ物質が量や種類を変えて分泌するだけなので似たような現象で体が反応してしまう事も普通にあるんですね。
脳の制御下である体の反応よりも、自分の純粋な心を信じたほうがいい、そしてその方が確実じゃないか、と私は思います^^









              戻る          Top