お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

          お仕置きの欲求を無くすには


お仕置きのことなんてできたら考えたくない、またキーから卒業したいと思っている子って多いのではないでしょうか。
もちろんキーであることを受け入れて自分を理解しているキーさんもいますし、お仕置きを楽しんでいるキーさんもいます。

でも一番深刻なのはお仕置きのことなんて考えたくないけど頭から離れない、お仕置き願望がどうしても消えないで悩んでいる子達だと思います。
お仕置き経験のある子でもきついのに、お仕置き経験がない子だと余計辛さは増します。
リアルにお仕置きを受ける勇気がないけど気持ちだけはお仕置きを考えてドキドキしてしまい、心が盛り上がってしまうからです。

試験勉強や課題、仕事など、集中してやらなければならない時でもお仕置きがチラついて集中できない。
またそういうストレスがかかる時に限ってお仕置き欲が高まってしまう。
更に生理前ともなるとホルモンバランスが崩れることから余計にお仕置き欲が高まってしまう傾向にあります。
お仕置き未経験の子達はそれらが重なり、勢いで私のところにお仕置き依頼をしてくる子が多いようです。

そういう子たちは普段の自分はネットで見知らぬ人に連絡するなんてありえないし、ましてや直接会うなんて考えたこともない。
しかもお仕置きを受けるなんてこと自体ありえないことなので、自分で自分が信じられないという言葉をよく聞きます。
それでも連絡を取ってしまうほど、このお仕置き欲求というものには勝てないものみたいです^^;

でもこのお仕置き欲求、男性ならまだしも女性ならこんな欲求なければいいのにって思ってしまいますよね。
苦しいし、悩むし、誰にも相談できないし、だからといって他人にお仕置きを頼むこともできない苦悩…。
そんな妄想でやるべきことに集中できずに焦燥感でモヤモヤして、そんな自分に嫌気がさしているのではないでしょうか。
そう考えると、このお仕置き欲求というのは邪魔なだけで、無いに越したことがありませんよね^^;

それではどうやったら極度に高くなってしまっているお仕置き欲を無くせるのか。
無くすことは難しいかもしれませんが、その高い欲求をかなり抑えることは十分可能です。
それはお仕置きを受けて欲求を満たしてあげることしかないんです。

お仕置きを受ける勇気がないから悩んでいるんです!って聞こえてきそうですが、それでもお仕置きを受けない限りその心の地獄からは這い上がれないものです。
そうはいってもお仕置きの相手を探してお仕置きを受けるのはかなりリスクがあるので気持ちは分かりますがそれでもお仕置きを受けない限りその欲求は消えません。
ちなみに私のサイトにはパートナー探しの注意事項というものを乗せているので、掲示板等で探そうと思っている人はそちらを参照してください。

で、実際にお仕置きを経験してみると、欲求自体が収まり、お仕置き欲が少なくなる人はいます。
大体の人はお仕置きを受けたら更に気持ちが盛り上がりますが、何度かお仕置きを受けているうちに欲求自体がある程度収まってきます。
それはいつでもお仕置きを受けようと思えば受けられるということがあるのですがそれは肉体的な部分です。
でも一番は精神的な部分が満たされることであり、それは自分を認めてもらい話を聞いてもらえることだったり、愛情を与えられているという実感だったり、真剣に向き合ってくれているという安心感が大きく関係しているものです。
なのでこれまでのように心に負担が来るくらいのお仕置き欲は無くなる傾向にあるんです。

物事何でもそうですけど、欲求があったらまずはそれを満たして上げること、そうしなければ欲求は膨らむばかりです。
仮にその欲求が満たされてお腹いっぱいになったなら、他の欲求にシフトしていくことは普通にあることですから、お仕置き欲求も何度も経験していけば、求める欲求が他に変わる可能性は大いにあります。
特に未経験のキーさんで、お仕置きを考えて心がモヤモヤしてどうしようもないという子は、お仕置きを受けることについて真剣に考えてみてはどうでしょうか。

お仕置き欲求がなくなり、この世からキーさんがいなくなってしまっては私が困ってしまうのですが^^;
それでもキーを卒業したいと思う人には卒業させてあげたいし、お仕置き欲求を消したいと思っている人には消してあげたいと思います。
それで救われるならそうしてあげたいと思います。
またキーであることを受け入れて、それが自分だと、それがあるから幸せなんだとして過ごしているキーさんもいます。
いろいろな捉え方、いろいろな生き方がありますが、そういうことを私がサポートしていけたらなと思っています^^




              戻る          Top