お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

         お仕置き欲求2(依存)


前記事の最後に、お仕置きに依存してしまう事について書きましたがその続きです。
ちょっと言葉が足りなかったのですが、依存が全てダメという事ではなく、悪い依存がダメということです。

前記事の最後の方に書いた文章は訂正しましたが、一応訂正前と訂正後を書いておきます^^;
「依存はマイナス成長→自立できないような依存はマイナス成長」
「依存的にならにように→慢性的な依存にならないように」

では本題です^^
依存といっても良い依存と悪い依存とがあります。
良い依存とは自立に向けた成長のための一時的な依存で、これは赤ちゃんが母親に依存しながら成長していき、最終的には自立して社会に出ていくことと同じことです。
すでに大人になっていても自立の為、すなわち人間力をつけ、生きていく力を身につけていくためなら一時的な依存はその人の成長のためのものなので私は良いと思います。

幼少期の頃満たされなかった部分のやり直しをする、その中には十分に甘えたり、冷静に自分のためだけに叱られたり、といったことがあり、それがお仕置き行為の中にはいっているので、ディシプリン的なお仕置きを求めるのは理にかなっていると感じます。
そういったことをお仕置きを通して体験するとともに、お仕置きを受けることによってお仕置き欲を抑制していく、そういう自立や自己の成長、そして欲求の解消のための一時的な依存は良い依存でもあると私は解釈しています。

私の場合は悪い依存には絶対にならないように気をつけて接していますし、そうなりそうな場合は口頭でしっかりと警告をして注意を促しています。
逆に良い依存であればどんどんとしてもらっていいと思ってますし、それで少しでも気持ちが軽くなったり人間的に成長できるようになればいずれ自立につながるでしょうし、そういったことを心掛けて、叱ったりアドバイスをしたりしています。


それでは悪い依存とはどういうものかというと、その人にとってマイナス成長であればそれは全て悪い依存です。
しかしそこにはカーさん側の誘導もあったり、キーさん側にも原因があったりしますが、やはりそこを食い止めて成長させていかせるのがカーさんであってほしいものです。
ただネットで知り合ったパートナー関係ではなかなか難しいと感じます、それはカーさんといえどお仕置きに求めるものがそれぞれで、相手を成長させるためにお尻ペンをしたいと思うのは当たり前ではなく、他の動機でお尻ペンのお仕置きのパートナーを求める人も結構いるということです。

悪い依存であるマイナス成長は、単なる欲求のはけ口にしかなりませんし、相手に依存しすぎてしまうということは日常生活にも支障をきたすことでもあります。
そしてパートナー関係において不満を持ったり、物事をマイナスに考えたり、悩んだり、叱られて病んでしまったり、メールの返事が遅かったりしただけでも不安になったり、ちょっとした言動で悪い方向に考えたりと、当初の「お仕置き欲を満たしたい」ということからかけ離れてしまう事になってしまうのです。

また、パートナーさんとの間では、カマをかけてみたり、悪戯してみたり、わがまま言って困らせてみたり、試すようなことをして相手の反応を見ることが癖になってしまう事があります。
本来の愛情表現とは正反対ですが、困らせても構ってくれるか、それでも優しくわがままを聞いてもらえるか、という欲求が強くなって、そんな雰囲気を楽しみたいという方向にシフトしたりする子もいます。

もちろんスパの世界にどっぷりとつかっても構わない人はそれでいいと思います、SMの世界から離れられない人もいますし、それは欲求のはけ口として利用すればいいと思います。
ただ、単純にお尻ペンをされて愛情で満たされたいと思っていた純粋な頃の心境からはどんどんとシフトチェンジはしていっていますし、それはプロセスだと言われればそれまでですが、そこまで受け入れられると心地よくなって、なかなか抜け出せなくなる危険性もあるのです。

それに、特に女性だからこそ、こういう行為は公にはできないし、彼氏ができたり結婚した時にどうやって欲を抑えるかという問題がいつもついて回ります。
なので、どうせリアルでお仕置きを受けるなら、単なる欲求のはけ口であったり、悪い依存になったりはしないように、欲求を薄めていけるようしていった方が大半の人にはいいのではないかと私は思っています。

お仕置き未経験の頃は、お仕置き欲に翻弄されて日常生活に支障が出ていたのが、今度はそれにプラスしてパートナーに依存したり、相手を試したり困らせたりするようなことで精神的快楽を求めるようになったり、はたまたパートナー関係で悩んだりで、今度は他の要因で日常生活に支障がでてきて、結局それをどうにかしようと慢性的な依存になってしまいます。

私の場合は悪い依存であるマイナス成長にはならないよう、もしもそういう要素が出てきたらその都度、「ここは成長の場だからマイナスになっていくようなら来てはいけないよ」という忠告はしています。
そうやって伝えることで自分に気づき、直せる子もいますし、もちろんそうやって修正できる子はこれまで通り受け付けています。
また、悪い依存状態で私のところに来れなくなっても時間の経過とともにそうならないようにできるようであればいつでも受け入れています。
とにかくそれだけマイナス成長にはなってほしくない、この場所はプラス成長の場ということを徹底していきたいのです。

お仕置き欲求についてや、欲を薄めたい人、お仕置きに依存してしまっている人、パートナーに依存してしまっている人など、いろいろと悩んでいる人は多いですが、そこら辺の詳しいことは個人個人で違いはありますし、ブログには書けないことも多多あります。
様々なケースについてもどんな内容でも個々に対応していますので相談したい方はカウンセリングやお仕置き依頼で申し込みください。

この場所はお仕置きの場所ですが、カウンセリングで自分の心と向き合ってからのお仕置きです。
単純にお尻叩きだけをする、という場所ではなく、あくまで個人の成長の場としてのお仕置きの部屋です。
カウンセリングだけでも受け付けているのはそういうことを重視しているからです^^





              戻る          Top