お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

         お仕置き理由(自制と罪悪感)


お仕置き理由についての「自制」と「罪悪感」について考えてみたいと思います。

お仕置きは”悪い事をしたとき”にするものですが、その悪い事の基準は、日本においては基本的に日本の社会の基準です。
もちろん個人な価値観でのお仕置きも存在しますが、それが躾としてのお仕置きの基本だと私は思っています。

一方、一般的には悪い事じゃなくてもお仕置きを必要とするときもあるんですね。
それが「自制」や「罪悪感」です。

罪悪感に関しては、その事が社会的に、もしくはお仕置きをする側の基準で悪い事と判断したらもちろんお仕置きですが、悪い事と判断できなければお仕置きにはなりません。
しかしそういう場合でも、本人の基準で罪悪を感じ、それを悪い事と判断しているのであれば、本人基準では悪い事であり、よってお仕置きが必要ということになります。

罪悪感とは、人によっては過去の過ちの清算でもあり、両親に世話(迷惑)をかけたことであったり、更には一生消えない罪悪感を抱えてて、一生お仕置きを受け続けなければ気が済まないという人もいます。

一般的に考えて悪い事ではないケースの場合は、相手に罪悪を抱えなくてもいいという説明はし、それでもお仕置きを望むのならそれについてはお仕置きをします、それは本人の中では悪い事だからです。


次に自制に関しては、どうしても自制ができないことで自分自身に罰を与えて自制できるようにしたいという意味で、当人はお仕置きを必要としているんですね。
自制といっても「自制できなくて悪い事をしてしまう」という事であれば当然お仕置きですが、そういう自制ではなく、一般的な悪い事ではなく、自分で決めたことを守れないことに関しての自制です。

例えば、
休みの日は10時間勉強したい
23時までに寝たい
ゲームやスマホをいじって家でダラダラと過ごしてしまう
課題を早めに終わらせたいのにいつもギリギリになってしまう
就業時間の30分前には会社についていたい

このような自制はその罪悪の判断は自分次第なわけです。
勉強10時間なんて凄すぎですよね^^;
一番多い例をあげたのですが、5時間はしたいという人もいて、これでもなかなかできないことです^^;

私からしたらそれができなかったからといって悪いことだとは思わないし、むしろそれに近いことをやっているという意味では尊敬に値します。
しかしこれは本人基準では駄目なことであり、自分で決めたことができていないということでモヤモヤし、お仕置きの力を借りて自制したいという強い思いがあるわけです。

こういう理由でもまず説明するのは、どうしてそういう目標を作ったのか、それは達成できる目標なのか、ということをじっくりとお話をし、その上で今後どのように取り組んでいくかを本人に決めさせ、今後はきちんとするように約束をします。
どうしてそのような事を話し合うのかというと、それは本当に自分にとってやらなければいけない事なのかをはっきりとさせるためです。

勉強だって10時間必要な人もいれば1時間で足りる人もいますし、学校の授業だけで十分という人もいます。
一律に10時間勉強しなければいけないというわけではなく、本人が必要だからそれをしなければならないわけですよね。
だからそうやって自分で決めた事に必要性が無ければやる必要もないし、お仕置きも必要ありません。

なのでそういうお話をして、本人が自制する必要があるのであれば無理のない計画を立てさせて、その後しっかりと”約束”をします。
その場でのお仕置き理由としては、自分で決めたことを守れなかったことに対してですが、約束をしたことによって今後は自制だけではなく、約束を守るという義務感が生まれ、更に意志が強固となって今まで以上に頑張れることにつながるものです。

そうはいってもそれが持続するかどうかが一番の問題です、お仕置き直後は誰でもできますが、それを持続することが一番の難関ですからね。
もちろん約束を破ってしまったら厳しいお仕置きが待っていますから、そのお仕置きでまた一からやり直しということになるわけです^^;

自制については”欲”の自制というのが厄介なもので、それで悩んでいる人は結構いるものです、次回はそれについて考えてみたいと思います。




              戻る          Top