お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

      お仕置きを求めてしまう子達の苦悩2


続きです。

お仕置きに惹きつけられてしまう子たちが抱えている苦悩を心理的に捉えてみると、変でも何でもなく、むしろ正常であり、それは人間の成長過程において一番必要な愛情もしくはそれに類似するものを求めていると分析できるんですね。
しかしほとんどの子たちは、お仕置き願望が愛情を求める純粋な心から来ているということを知りません。

それはそうです、「お仕置き=愛情」とストレートに直結しているわけではなく、いろいろな要素や心理が間接的に介在しているから自分のことであってもよくわからないんでしょう。
子供の頃に悪さをしたり、駄々をこねるのは、それが構ってほしい=愛情を求めているということで、それに気づかないのと同じでなんですね。

お仕置きという行為やワードが気になるようになってしまうのには様々なケースがあります。
アニメであれば誰でも共通に感じることは、アニメのお仕置きを虐待ととらえる人は少なく、むしろ愛情に溢れていて、見ていても可愛いですよね^^
決してお仕置きをされてかわいそうとは思わないのではないでしょうか。

しかしそこには落とし穴があります。
幼少期にアニメのお仕置きを目にしてしまうと、そこには何やら温かい愛情のようなものを感じてしまい、かわいいしうらやましいなって思うことがあるんですね、そこは大人も子供も一緒だと思います。
更にそのお仕置き行為で衝撃的なことは”お尻を丸出しにしていること”なんですね。

お尻という部分は普段は隠さなければならない部分で、我々服を着ている民族の中では裸のお尻には無意識に性的なものを感じてしまいます。
だからこそ見てはいけないものを見てしまっている、恥ずかしいものを見てしまっているという背徳感を感じ、その背徳感によって、より脳裏に焼き付いてしまう現象が起きるのです。
それは人間は否定すればするほどそのことが頭から離れなくなるものだからです。

また、背徳感というのは、タブーをおかしてしまったという意味で心理的にも、より心に残ってしまうんです。
なのでお仕置き行為に対して、無意識に愛情を感じ、更に”お尻丸出し”という恥ずかしいシーン、見てはいけないシーンが背徳感として脳裏に焼き付いてしまい、どうにもお仕置きが頭から離れなくなってしまうんですね。

しかも背徳感というものは性欲中枢を刺激してしまう為、ゾクゾクという感覚が体でも反応してしまい、記憶にとどまりやすくなるんです。
そのシーンが絵本であり、アニメであり、リアルお仕置きであり、叱られている人を見てなど、人によって違いますが、幼少期にそういった背徳的なものを目撃することでキーさん的思考が出来上がっていくのでしょう。

更にキーさんの多くは叱られたことがない人、叩かれたことがない人、感情的に怒られてきた人などが多く、「隣の芝生は青く見える」ように、自分が経験したことがない部分を求める、つまり叩かれる愛情をうらやましく思い、そして求めてしまうこともあるんですね。

自分が経験したことがないお尻叩きやお説教、それは親からの愛情がなかったからなのかと思い、悩んでしまったりもします。
大人が一人の子供と向き合って真剣に叱り、そしていい子になってほしいからとお尻を叩く。
そのような愛情がほしいと願ってしまうこと、それが無意識に働き、お仕置きに魅力を感じてしまうのだろうと思います。
そのことをお仕置きに惹きつけられる子たちが理解していないから、余計に悩み、自分は変だと苦しんでいるのでしょうね。

ずっといい子で過ごしてきた子は、大人というものは悪い子を真剣に構って、良い子は放置するという世の中の理不尽さを無意識にも感じています。
そうなると必然的に
「悪いことをする」→「お説教、お仕置きをされる」→「構ってもらえる」→「自分の存在を認めてくれる」→「深い愛情で満たされる」
という図式になっていくのでしょう。

お仕置きを求めてしまうのはこのような間接的な要因が複雑に組み合わさっていることがあげられると思います。
ま、それが分かったとこで悩みは解消されませんが、とりあえず理由があることくらいは理解してほしいですね。

キーさんの苦悩の原点は、「なんでお仕置きを求めてしまうんだろう」ということに尽きると思います。
愛情を求めているからと説明してもそこは深層心理の部分なのでピンとこない人も多くいます。
ただ、冒頭にお話ししたように、”心理的”にはそれは変でも何でもなく正常な心なんです。
そういうことをすべて受け入れてしまえば気持ちは楽になります、自分のような人は他にもたくさんいること、そしてそういう気持ちを理解してくれている人が少なからずいるということ。

まぁ例外のキーさんもいますけどね、お仕置きをされ続けてきた人は憧れというものではなく、最悪の思い出でも自分が悪いことをしたら罰を受けなければ許されないと思い込んで恐怖と戦いながらお仕置きを受けに来る人もいますけど、そういう例は今回は省いています。


その他にもお仕置きに惹きつけられる子は様々な傾向があります、そこには「追い詰められる感」「縛られて」「無理やり叩かれる」「自由を奪われる」「SM的」等、そこには性的な行為はないのですが、性的な臭いがすることなので悩んでしまい、唯一見つけたスパの世界でも、そしてパートナーさんにも言えないでいる人も多いようです。

私の場合はキーさんたちがそういう妄想をしても、そこに被虐心を感じて興奮しているわけじゃなければ完全なキーさんだと思っています。
そして繰り返しいろんなパターンのお仕置きを妄想していくうちに、そういう気持ちになることは理解できます。

だからこそ私のところに来るキーさんたちに深く話を聞いていくとこのような話が出てくるんだと思います。
そういったことも併せてお話ししてあげるとみなさん気が楽になるようです^^
ただ、やっぱりこういうことはキーさんなら必ず悩み、それがキーさんの苦悩なんですよね

そんなこんなで悩みが尽きないキーさん達ですが、それではどうしたらいいのか。
私はこれまでキーさんを見てきて感じたことですが、まずはそんな自分を受け入れてしまうことです。
否定していても頭から離れないのであれば、そういう嗜好なんだと自分を認め、妄想の中でもいいので満たしてあげることです。

また、未経験の方はスパの性的ではない普通のお仕置きを思い切って受けて体験してみることもいいと思います。
お仕置き体験後は、しばらくはお仕置き欲が盛り上がることもありますが、同じことを繰り返すことによってある程度の欲求は満たされ、少しずつ欲求が薄まっていくものです。

それと、お仕置きを受けてお仕置き欲をどうにかしたいと思うなら若ければ若いほどいいと思います。
年齢を重ねてからでは、お仕置き相手も見つからないことから欲求が収まらず、そのことで更に欲求が高まり、相手がいないからと妥協して変な人にひっかかてしまったりとか、SMに走ってしまったりとかになりがちです。

それに我慢に我慢を重ねて40代にもなってくると欲求が収まらなくなるケースもありますからまずはスタンダードなお仕置き体験をすることは大切な事だと思います。
私の方はお仕置き体験はいつでも受け付けていますので、お仕置き依頼はサイトからお願いします。



              戻る          Top