お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

             お尻ペンのお仕置きの必要性


お尻ペンはお尻叩きのことで、英語で言うとスパンキングですが、スパンキングという言葉を使うと日本では性的な意味合いとなってしまうので私はスパンキングという言葉は好みません。
また、スパ用語というものも極力使いたくはありません。
ただその言葉を使わなければ通じないこと、届かないこともあるので最低限は使用していますけどね。
少しでも遊び的要素、SM的要素や性的要素が入ってしまうと親と子供的なお仕置きをコンセプトにしている私には違和感が出てしまうのでそういった言葉や雰囲気はもちろん意識でも排除しているんです。
だから私は「SM的なお仕置きやスパンキング」と「ディシプリン系のスパ(家庭で実際あるお仕置き)」をきっちりと分けたいんですね。

私のスパ(お仕置き)としての方向性は性的な要素が全くありません。
それでないとスパ(お仕置き)は成立しないものだと私は思っているからです。


本題に入ります。
お尻ペンのお仕置きの必要性ってあると思うんです。
もしかしたらお仕置きは子供よりも大人の方が必要なのかなと最近感じます。
子供は無邪気に生きている為、我慢をすることはあまり無く、我侭をいい、迷惑をかけ、そして叱られ、いろいろなことを覚えていきます。
そこにお仕置きがあってもなくても善悪というものを覚えていくものです。
ここで大事なことは大人と比べて我慢をしていないこと、つまり大人レベルのストレスを抱えていないことです。
家庭環境によっては強制的に我慢をしたり性格により悪いことができずに我慢し続けている人もいます。
学校などで過度なストレスを抱えている人もいるので全てがというわけではありませんが。
まぁ幼少期の子供というものは我慢しすぎてはいけないと私は思います。
悪戯をし我侭をいい、そして叱られることによって愛情を感じ、善悪の判断をしていく方が精神健康上はいいからです。
そしてそういう愛情を感じられなかった人がスパ(お仕置き)の世界であるお仕置きに憧れや甘えを求めてしまうのだと思います。

大人になるとどうでしょうか。
社会生活は我慢だらけでそれが当たり前であり、周りと比較して我慢比べをしているようなものだと私は思います。
当然のことながらストレスがたまり精神的に不安定になります。
落ち込みたくても周りを気にして明るく振舞ったり、空気を良くしようと努力をします。
ふと、自分の存在は何なのか、存在して意味はあるのか、自分が生きている必要性はあるのかと考えてしまったりします。
何か壁にぶつかった時はもう既にボロボロになっていますが、それを悟られないようにカラ元気になって振舞うしかありません。
大人になるということは我慢することであってそれは自分を出せないことにつながって、それってとても辛いことですよね。

社会的なルールを守って生きているわけですから叱られることもないし、何かをしたって褒められるわけでもない。
また、例え間違っていることをしてもそれを叱ってくれる人がいない、そしてそれを指摘してくれる人さえいない。
叱られたとしてもそれは上司の機嫌や都合での叱りで、決して本人のためではありません。
自分が正しいのか間違っているのか、頼れる人もいないし自分自身で解決をしなければならない。
大人だって人間です、そして人間って弱い生き物なんです。
周りには偽善で取り繕った仲間がたくさんいますが実際は一人ぼっちです。
寂しくて何かにすがりたくてもそれはできなくて、本当は弱い人間なのに強がって生きている人が殆どなんですよね。

そんな時、誰しも思うのは「子供の頃に戻りたい、子供になりたい」
子供のころのいい思い出や子供のころ我慢してたこと、憧れていたこと、やってみたかったこと、してほしかったこと、等々子供に戻りたいって誰しも思います。

そんな中で今のストレスを軽減するにはどうしたらいいでしょうか。
話を聞いてもらうこと、そして甘えることではないでしょうか。
また、自分に無関心というのが一番辛いことですから、駄目なことをしたら叱られる、良いことしたら褒められるということも求めてしまうのではないでしょうか。
無邪気な子供に戻って、やりたいことや我侭を思いっきりして、今まで我慢してきた悪戯をしてみたり、自分の駄目な所を告白したりする。
とにかく本当の自分、隠している自分や願望を出してしまうことこそが大切なんです。

悪いことをすれば当然にお仕置きが待っています。
愛情があり、真剣に見てくれているからこそ叱られる、そこが満たされる部分なのではないでしょうか。
子供に返っているわけですからお仕置きは嫌で暴れたり言い訳をしたりして逃げようとします。
子供に戻っていれば心から泣くことができるかもしれません。
涙を流すというのはストレスを取り除くのに一番手っ取り早い方法です、だから落ちる時はとことん落ちてプライドなんか捨てて本気で泣いた方がいいんですね。
泣く兆候があったら、恥ずかしいからと我慢するのではなくこれはチャンスだと思って思いっきり泣くことをしてみてはどうでしょうか。

反省できたと判断できたらお仕置きが終わります、お仕置きが終わったら今までの悪事はお咎め無しになります。
反省が出来て、もうしないと約束できれば過去のことには一切触れません、お仕置きは責任を取る一つの方法であり罰であり、罪悪感の解放でもあり、罪の償いの方法なんですね。
だからこそお仕置きを終えてからネチネチいうことはご法度なんですね。

いい子になったので膝の上にのせて頭を撫でてあげていい子いい子してあげる。
反省できたのだから思う存分甘えさせてあげる。
大きな愛情の中に包まれている抱擁感はとても心が癒されるものだと思います。

この甘えさせる行為ことこそ、お仕置きの中で一番重要なことと私は認識をしています。
ここで愛情をたっぷり与えてあげることこそ大事なんですね。
それによって子供は嫌われていたわけじゃないと理解し、自分のために愛情を持って叱ってくれたんだと分かり安心できるのだと思うからです。
だから思う存分甘えさせることが必要なんですね、いっぱいお話していっぱい話を聞いてもらうだけでも嬉しいですよね。

お仕置きに憧れを持つ人たち(キーさん)は無意識のうちにこのようなことを考えているのだと私は思います。
ただその過程が分からず、「お仕置きしてもらいたい」と直結してしまうので「自分は変なんだ」と悩んでしまったり、違う路線のSM的なスパンキングに行ってしまったりして傷ついたりもしてしまうんでしょう。
どちらにしてもお尻ペンのお仕置きは本当に奥が深く、大人の精神面を癒すにはとても大切なことだと思います。

だからこそ子供よりも大人の方がお仕置きが必要であって、それによってストレスから解放できれるのであれば魔法の儀式ですよね。
明日からまた頑張ろうという前向きな気持ちにもなるでしょう。

でも、お尻ペンのお仕置きは痛いんですよ、痛いと文句を言ってみたとしてもそれは悪い子であった自分の責任ですから^^;
人間誰でも自分を真剣に見てくれる人に出会えたら幸せなものなんです。



              戻る          Top