お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

            濡れてしまう事について


以前、お仕置きの記事の中の補足的な形で、体の反応で”あそこ”が濡れてしまう事について書いたのですが、みなさんかなり気にしているようなのでそれについてです。
結構前に書いたのですが題材が違う内容だったのでどこかに埋もれてしまっています^^;
なので今回は濡れてしまう事について、重複しますが書きたいと思います。

よく相談があるのですが「私はキーなのかMなのか」と悩んでしまう要因というのがあります。
それはお仕置きのことを考えていたり、小説を読んでいるだけで”アソコ”が濡れてしまう事です。
当然、リアルで会ってもそうです。
お説教をしてるとき、お尻叩きをしているとき、性的興奮をしているわけでもないのに”アソコ”が濡れてしまうんですね。

普通に考えると濡れるということは、性的興奮をするからと考えられているので戸惑ってしまうのは当然のことです。
「濡れるということは性的興奮をしていることだから私はM(マゾ)なのかもしれない」
「性的でない家庭的なお仕置きを求めているのに本当は違うのかもしれない」
このように考えてしまうのは濡れてしまう事への知識が乏しいので仕方ないのかもしれません。
そして私はMなのかもしれないと思って、SMの世界に入り込む人もいます。

まぁ実際には女性の多くはM的要素があるのでMであってもそれはそれで構わないのですが、仮にMの人でも、お仕置きに関してはSMではなく、性的要素の一切ないお仕置きを受けたい人がいるのが現状で、その時点でキーさんなんです。
つまり”キーでありMである”ということです。
逆に、SMには全く興味はなく、M要素の一切ないキーさんも当然のことながら存在しています。

性的な感覚やいやらしい気持ちでお仕置きを考えているわけでもないのに濡れてしまう。
「エッチな事→性的興奮→濡れる→性欲を処理」
というのが一般的な捉え方ですが、この図式に当てはめてしまうのは普通の性知識では当然のことですし、戸惑ってしまうでしょう。
だからこそ自己嫌悪の対象にもなりうるし、そんなところを相手側に見られたくないという気持ちも当然働きます。

この体の反応は実際に人と会ってお仕置きを受ける時にも出てくることがありますが、これは性的興奮によってのものではありません。
この濡れる現象は、自分の欲しているものが満たされる時に起こるのですが、これは実は脳の錯覚であって、それで濡れてしまうんですね。

そしてこの現象は体内のいくつかのホルモンの影響によるものです。
これらのホルモンは性的興奮と同じような神経伝達物質の配分なのでこのようなことが起きるのですが、肉体の刺激によって起こるものではなく、脳内の反応です。
特に分泌が増すホルモンとしては、オキシトシン、セロトニン、ドーパミン、エンドルフィンです。

欲していたお仕置きが実現することによる満足感や安心感、そしてその一連の行為で愛情を感じとることによって肉体が反応することがあります。
それに欲していた妄想が現実化してもホルモンは同じように分泌するものですし、現実では興奮はしていなくても脳内が妄想時と錯覚してその時と同じような体の反応が出てしまうのは不思議ではありません。

妄想時は性的な事を考えているわけではないですが、性的に興奮する時と同じようなホルモンを分泌してしまうんですね。
なので当然エッチな事を考えてなくても濡れてしまうし、性的に興奮をしていなくても勝手に体が反応してしまうんです。
こうやって心と体と違う反応が出るのは仕方のないことで、脳はそこまで精密にできているわけではなく、そういった意味では脳は結構いい加減な器官なんですね。

それにプラスしてこれからスカートをめくられてしまうとか、お尻を丸出しにされると思ったり、そして実際にお尻を丸出しにされてしまうとかなり強烈な羞恥心や背徳感がでてきてそれが強く影響してきます。
お仕置きにドキドキし過ぎていたり、お仕置き行為に慣れていなかったり、恥ずかしさがいつまでも消えなかったり、いけないことをしている感覚に陥ったりすると、その羞恥心や背徳感が濡れることの手助けをしてしまいます。
また、男性の前で服を脱ぐ行為はだいたいはエッチをするときくらいですし、普段見せないところを異性に見せるというのは恥ずかしいしエッチに感じる人は多いので、その特殊な羞恥心を脳が勝手に錯覚してしまうこともあるかもしれませんね。

脳というものは本当に簡単に錯覚してしまうものなので、”強烈な羞恥心と背徳感”だけで体の反応に出てしまうことがあります。
そしてこの脳内の反応は無意識下なので止めることが出来ません、よって"濡れる"ということも止められないんですね。
緊張したり恥ずかしかったり好きな人と手を握ったりしたときの”心臓がドキドキ”は止めることができませんよね。
それと似たようなことなんです。

例えば卑劣で許せない痴漢行為ですが、痴漢されてメチャクチャ嫌な思いをしているのに濡れてしまう場合があるのも、エッチな事をされているという意識、そして大事なところを触られるなんて絶対にダメな事だ、周りの人にバレてはいけない、という強烈な羞恥心と背徳感によるものが大きいんです。
決して性的な事やエッチな事を考えているわけでないのにこうして体が反応するということはあるということです。

濡れてしまう要因は単純にこういうことから起きるので、体が反応してしまうと落ち込んでいる女性はもう悩む必要はありません。
カーはそこで性的興奮として捉えてはいけませんし、それを煽るような発言はダメですね。
もしそんなことをしたらキーさんとしては一気にお説教やお仕置きの陶酔感が冷めてしまいますよね。
決して性的興奮をしているわけではなく、お仕置きの時は純粋なキーであることは間違いない事実ですし、それはわかっているので安心してください^^

濡れてしまったことはキーさんにとってはそれは屈辱でしょうし見てもらいたくない部分ですよね。
でもそれを見られたくないからといって下着を下ろしたくないとか、お仕置きを受けられないとか、そういう考えは捨てたほうがいいです。
私はそんなことは込みでキーさんを見ていますし、私にとってはそんな些細な事なんです。

それなのに我慢して欲求に翻弄され続ける方を選ぶのは間違った選択だと思います、まずはその欲求を薄めるためにお尻を出してお仕置きを受けることです。
真面目な話、それってかなり重要な要素なんですね。

濡れてしまう事に対してはこれまで説明したように悩む次元ではないので安心していいんです^^
それに何度も同じ人にお仕置きをされていればそのうち脳は正常に判断していき、いずれ濡れなくなりますからね、そしてその時がキーを卒業する一つの目安にもなるのかもしれません^^

ちなみに”実際のお仕置き時”に被虐的な感覚で興奮したり快楽を感じる人はMです、当然濡れるものです。
キーさんは実際のお仕置きの時には興奮はしませんが、これまで思い描いていたものが実際に起きているという困惑と背徳感、それに加えて小説や妄想のシーンが頭によぎるとドキドキ感が増して、それが興奮につながることはあります。
それは小説を読んだり妄想するときはエッチな事でなくても性欲中枢を刺激するような興奮は少なからずあるからです。
なのであえてそういうことを考えてお仕置きに浸るというならばお仕置きで興奮していることになりますが、まぁそれはそれでいいででしょう。

その感覚が被虐欲からくるものでなければMではないということなんですが、まぁそこまで明確にどっちかって悩む必要はないでしょう。
それはどちらでもいいですし、もし被虐欲求があるならば教えといてくれると私も感覚を変えてお仕置きをしてあげられます。
といっても性的な事は絶対にしてあげれませんからね^^;
そういう目で見てあげる、そういう感覚でお仕置きをしてあげるってことです。




※いろんな角度から検証したい方は下記の関連記事もご覧ください。
お仕置きの欲求と性的欲求の違い
お仕置きで濡れる事
濡れるのが恥ずかしいキーさん
惹きつけられる”背徳感”とは
性癖とは


                     

              戻る          Top