お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

             濡れてしまう事について


以前、お仕置きの記事の中の補足的な形で、体の反応で”あそこ”が濡れてしまう事について書いたのですが、みなさんかなり気にしているようなのでそれについてです。
結構前に書いたのですが題材が違う内容だったのでどこかに埋もれてしまっています^^;
なので今回は濡れてしまう事について、重複しますが書きたいと思います。

よく相談があるのですが「私はキーなのかMなのか」と悩んでしまう要因というのがあります。
それはお仕置きのことを考えていたり、小説を読んでいるだけで”アソコ”が濡れてしまう事です。
当然、リアルで会ってもそうです。
お説教をしてるとき、お尻叩きをしているとき、性的興奮をしているわけでもないのに”アソコ”が濡れてしまうんですね。

普通に考えると濡れるということは、性的興奮をするからと考えられているので戸惑ってしまうのは当然のことです。

○濡れるということは性的興奮をしているから私はМ(マゾ)なのかもしれない
○性的でないディシプリン派のお仕置きを求めているのに本当は違うのかもしれない

このように考えてしまうのは濡れてしまう事への知識が乏しいので仕方ないのかもしれません。
そして私はМなんだと思い込み、SМの世界に入り込む人もいます、そしてそれは違うと気づいて、傷ついて戻ってくる人もいます。

まぁ実際には女性の多くはМ的要素があるのでМであってもそれはそれで構わないのですが、仮にМの人でも、お仕置きに関してはSМではなく、性的要素の一切ないお仕置きを受けたい人がいるのが現状で、その時点でキーさんなんです。
つまり”キーでありМである”ということです。
逆に、SМには興味のない、”Мではないキーさん”も多くいるのも現状です。

性的な、いやらしい感覚でお仕置きを考えているわけでもないのに濡れてしまう。
性的興奮→濡れる→ふしだら→Мという図式に当てはめてしまうのは普通の性知識では当然のことで戸惑ってしまうでしょう。
嫌悪の対象にもなりうるし、そんなところを相手側に見られたくないという気持ちもあるでしょう。

でもこの体の反応は性的興奮によってのものではなく、安らぎのホルモンや幸せのホルモンの影響によるものです。
これは性的興奮と同じ神経伝達物質であるために、このようなことが起きるのですが、刺激によって起こるものではなく、脳内の安定による安らぎから起こるものです。
特に分泌が増すホルモンとしては、オキシトシン、セロトニン、ドーパミン、エンドルフィン等です。

「罪悪感を解放できた満足感、心が安定していく安心感、叱られたことで満たされる、そして愛されているという行為(お仕置き)に対する達成感」
こういうことで、安らぎや幸せホルモンの分泌が増すのですが、それは性的興奮による分泌と同じようなものなので、体が反応してしまうだけなんです。
心と体と違う反応が出るのは仕方のないこと、脳はそこまで精密にできているわけではなく、そういった意味では脳はいい加減なんですね。

それにプラスしてお尻を丸出しにされると思ったり、お尻を丸出しにされてしまったというかなり強烈な羞恥心も強く影響してきます。
お仕置きに慣れていなかったりまだ知り合って日が浅かったりするとかなりの羞恥心が出ますよね。
男性の前で服を脱ぐ行為はだいたいはエッチをするときくらいですから、その特殊な羞恥心を脳が錯覚してしまうんでしょう。

脳は簡単に錯覚してしまうものなので、”強烈な羞恥心”だけで体の反応に出てしまいます。
そしてこの脳内の反応は無意識下なので、止めることが出来ません、よって"濡れる"という形になってしまうんですね。
緊張したり恥ずかしかったり好きな人と手を握ったりしたときの”心臓がドキドキ”は止めることができませんよね。
そういうことなんです。
卑劣で許せない痴漢行為ですが、痴漢されてメチャクチャ嫌な思いをしているのに濡れてしまっているのも、強烈な羞恥心によるものです。

濡れてしまう要因は単純にこういうことから起きるので、体が反応してしまうと落ち込んでいる女性はもう悩む必要はありません。
カーはそこで性的興奮として捉え、それを煽るような発言をしてはいけません。
カーがそんなことを考えて発言していては、一気にお説教やお仕置きの陶酔感が冷めてしまいます。
決して感じているわけでもなく、お仕置きの時は純粋なキーであることは間違いない事実なので安心してください^^
お仕置き以外ではМでも関係ないのですが、お仕置き時にキーになれるのであればそれは純粋なキーさんなんですからね。

濡れてしまっているところはキーにとってはそれは屈辱で見てもらいたくない部分なんですよね。
カーはそういう場面に遭遇しても口に出さずに”見ない”優しさが必要です。
ただ、濡れてしまう事に対してはこれまで説明したように悩む次元ではないので安心していいんですよ^^
それに何度も同じ人にお仕置きをされていればそのうち脳は正常に判断していき、いずれ濡れなくなりますからね^^




                     戻る

              戻る          Top