お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

               カーとサディストの違い


スパとSMのややこしい関係 勝手にスパ&SM的講座、四回目は「カーとサディストの違い」について考えてみたいと思います。

キーやカー、スパ、SMについてが分からない人は用語説明をご覧ください。
スパ用語、SM用語を簡単に説明してあります。

私は「S」同士の交流は過去にありましたが、「カー」との交流がないんですよね、だからはっきり言って「カー」がどういう嗜好なのかよく分かりません。「S」ではなく、あえて「カー」と名乗って区分けをしている以上、Sとは違う、もしくはカー要素のほうが強いと考えているのでしょう。

なお、このブログでのスパについてはSMとはっきり分けている為、性的快感を得るような気持ちでのスパンキングはSM行為としています、ご理解ください。


これまでスパとSM、キーとカー、サドとマゾについて書いてきましたが、スパがディシプリンである以上、カーは自分の価値観を押し付けたり性的要素を少しでも感じさせてしまってはいけないと私は思います。
まぁそういう家庭も学校もあることはあるんですけど、それは子供の為といえないと思っているので。
教育的躾の為にする行為がディシプリンであり、お尻叩きのお仕置きなんです。

毎回持ち出しますが、分かりやすい例が、親と先生です。
この親と先生は躾の方法として体罰をしているわけであり、叩きたいから叩いているわけではないんですよね。
叩きたくないけど、体罰によっていい方向に向いてくれればという思いで叩いているんです。
なので理由もなく、叩きたくて叩く加虐嗜好を持ったサドであってはいけないんですね。

しかし今のスパというものはキーとカーは「お尻を叩きたい人と叩かれたい人」という解釈になっているのでそこからねじれて真相が見えなくなってきているような気がします。
お尻を叩きたいならそれは加虐嗜好をもった立派なサディストなんです。
本当のカーは「説教好きで一人の人間を良い方向に導き、成長させたい」と考えている人なんだと思いますよ。
他人に対して何の見返りもなくそんなことができる人なんて殆どいないでしょう。
でもぶっちゃけそんなことをいっていても始まらないのでそこんところは少し目をつぶっちゃいましょう(笑)

まあ、お尻を叩く行為をしたいと思っている時点で殆どのカーはサディストが少しは入っていると思います。
それはそれで仕方のないことです、お尻を叩いて興奮してしまってもそういう性癖であれば仕方ありません。
でも、ここが大事なところですが、カーと名乗る以上、お尻叩き以外の行為をしてはいけません。

カーの違和感でもある”加虐嗜好”はどうしても抑えることはできません、でもその感情とそれ以外の部分はコントロールはできるはずなんですね。
そういうカーであれば少ないけどまだ人数はいると思います。
まぁ根っからのキーから比べるとはるかに少ないと思いますけどね。

結局カーとサディストの違いは何なのか、カーという考え方が一般的にどこから来ているのか。
カーという位置づけが定まってはいないのでよく分かりません。
それは本人にしか分からないことだし、S要素のないカーがいるのかを突き止めたところでしょうがないのかもしれませんね。

本当のカー、本当のサディストなんてそれぞれの意識の問題であって本人が認識していればいいと思うんです。
ただ何故こういうことを突きつめているかというと、そこまで自分のことを知っておかないといいパートナーとめぐり合えないからです、結局はその二人で作り上げていくのがスパであり、SMであり、それらに決まった形などないんですよね。

結論的にはカーと名乗るならばサディストの部分を相手に見せてはいけない、そしてそれさえ見せなければカーとして成立するのではないでしょうか。
性的要素はもちろん出してはいけません、性欲を煽るようなお仕置きもしてはいけません。
あくまで相手の成長を願うという愛情でお説教しお尻叩きのお仕置きという罰を与え、アフターフォローをしっかりする。

それで満たされるのがカーであって、それで満たされなければ長続きはできません。
私は精神的な部分を探求したいので単なる加虐したいだけのサディストとは違い、性的な部分はスパのお仕置きに求めていないのでスタンダードなお仕置きなんて簡単にできますけど、そうでなければカーのほうが精神的に疲れてしまうのではないでしょうか。
ま、本当に純粋なカーさんって難しいのかもしれませんね。

SMでのサディストであればもう好き勝手やればいいんです、相手を苛め、辱め、征服し、それで満たされて喜ぶだけですからね。
ただそこにはしっかりとした相手もそれを求めていなければ成立しません。
愛情がほしいMさんには愛情を与えたいサディストが合うでしょうし、愛情がない関係を求めるMさんにはそういう形を好むサディストが必要です。
どちらにしても興味がなければ長続きはしません。

ただ、やはり人間ですからいくら自分勝手がサディストとはいえ、そこの根本的な部分の愛情だけはしっかりともち、相手を思いやれる気持ちを持って関係を持ってほしいものです。
ま、言葉も含む性的虐待行為で性欲を満たされるのもサディストですけど、相手の心を傷つけてそれでよしというのは私は好きではありません。

結局はカーでもサディストでも、そしてキーでもマゾヒストでも構わないでしょう。
それをスパの行為に出さなければスパのお仕置きとしては成立するわけですからね。
意識の持って行きようで全ては変わるからです。
でも自分の求めているものや方向性を曲げていたら長続きしないことは明らかです。

だから基本的なことを押さえて、それをお互いに確認した上でパートナーにならないと、すぐに別れてしまったり、依存してから捨てられたり、途中で違和感が生まれたりと様々な弊害がおきて傷つく結果となります。
そうならない為に、探し方や付き合い方のヒントをここから得てほしいと思います。

実は本当のスパとか本当のSMとか、そんなものは存在しません。
二人の心の隙間を埋めあう行為であれば、そして十分な愛を感じられればいいんです、それが本来の目的であって一番大事なことなんですから。
そしてそうなる為にみんな苦しみながら彷徨っているんですよね、
だからこそ初心に戻り、原点を見つめられるように、この世界に何を求めているのかを再確認してほしいと願います。





              戻る          Top