お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

              キーとカーの不思議な関係


キーとカーってあまり聞きなれない言葉ですが、スパの世界では基本的な用語なんです。
私はこの作り上げられたスパの世界にはあまり入り込みたくないのですが、このブログを主張していくためにはスパという世界を経由しないと難しいのでそこは利用させてもらっています^^;

キーとかカーというのは
まあ、スパ用語というのですが、
キーとはお尻を叩かれる側(お尻を叩かれたい人)
カーとはお尻を叩く側(お尻を叩きたい人)
のことをいいます。

それってS(サディスト)とM(マゾヒスト)のことでしょ?
ってスパの知識がない人は当然そう思うのでしょうが、違うんですね。
自らのことをキー、カーと呼んでいる人たちはSとMとは違うと思っているから、わざわざそう名乗って区分けしているんですね。

スパの住人は基本的にお尻叩き以外のことには興味がなく、そのお尻叩きにもそれぞれこだわりがあります。
基本的にはお尻を叩くにはきちんとした理由があり、それについてお説教をし、お仕置きとしてお尻を叩き反省を促す、反省できたら最後にはフォローをしてあげる。
いけないことをした自分をしっかりと叱りつけて正しい道に導いてほしいという「キー」という存在が主役です。(と私は思います)

まぁスパと一言でいってもいろいろなものがあり、私が説明したスパはディシプリン派のスパであり、それは性的要素の一切ない躾としてのお仕置きで、しかもSM要素もないという一般的にはなかなか理解できないようなものですが、これは基本的に遊びのお尻叩きではなく真面目なお仕置きの取り組みです。
お尻を叩く行為を好む人が集まる世界を”スパ”というので、他にもいろいろなお尻叩きの形はありますが、このブログではディシプリン派の家庭的なお仕置きのことを”家庭的なお仕置き”と表現しています。

こんな私ですが、実は過去私はスパの世界をちょっと理解できませんでした、それはキーさんとの関係をSMのように支配関係で考えていたからです。
キーさんを理解するにはその支配関係の部分を解いていかないととても難しいんです。
そして現在のスパの住人達も自分のことを理解できず悩んでいる人も多いようで、理解できていないがためにキーとカーのパートナー関係は長続きしないことが多いんです。

私は過去にSという立場(支配欲)でキーさんとお付き合いをしたことがあるのですが、違和感があったんですね、それが何だったのかというと支配関係なんです。
SM的な関係でもある”主従関係”は支配したい者(S)と支配されたい者(M)なんですね。
よって支配したい側の”S"が主導なんです。

当然Mが主導でもいいのですが、主従関係である支配と服従の関係であればやりすぎはちょっと違いますよね。
まあ、人間ですから願望というものがあり、多少の要求はいいのですが、それが度を越えてはどうかと思います。
でも主従をごっこ遊び的にするのであればまぁ有りですし、Mが主導でもそういうパートナーなのであれば理解できますけどね。

で、SMの主従関係を好んでいたこともあって、私はキーさんとの関係も当然支配関係で接していたんです。
心も支配下において、言った事には絶対服従的な。
理想のお仕置きを聞いたところでそれをするかしないかはこちらで決める、こちら主導で全てが動く的な発想です。

当然そんなんじゃキーさんとはうまくいくはずもなく、価値観の違いで長くは続きませんでした。
私も引くことはせず、相手は「私はキーだから」ということを主張してたのですが、支配関係に囚われていた私は聞く耳を持ちませんでした。
まぁ結局私はその時、キーさんはMの卵とでも思っていたんですね、調教のようなことをしたらMの部分が出てくるみたいに思っていたところがありました。

でもそれからだいぶ後に、全くMっ気のない根っからのキーさんと出会い、そこでとことん討論する機会があったんですね。
何週間にも及ぶ討論でやっとキーさんというのを理解できて、それでキーさんとの支配関係は違うなと思うようになったんです。
キーさんとの違和感はこの支配関係だったとやっと気が付いたんですね。
それまでは”ご主人様と奴隷”的な主従関係でお仕置きを捉えていて、キーさんに対してはお仕置き理由には正当性があり、性的な事をしなければそれがスパのお仕置きだと認識していましたんです。

でもそのキーさんと関わってからは支配関係で物事を考えるのではなく、キーさんとの関係は全て家庭的な親と子の関係で考えるようになったんですね、それは私にとっては革新的なことでした。

Sは主導権を握っているので、したいことをMが受ける、それが逆転するとエゴMとかわがままMとか言われますよね。
キーとカーの関係はカーさんが主導権を握ってキーさんがそれを受けると思われがちですが、基本的にキーさんの理想のお仕置きをカーさんがしてあげる構図が出来上がっているので、受け身のはずのキーさんが根本的には主導になるんですよね。

不思議ですよね、キーとカーの関係は。
そうなんです、SM的に考えたりするから不思議なだけなんですよね。
シンプルに考えればいいだけなんです。

つまり分かりやすく言うと、悪いことをしたときは、親は愛情を持ってお仕置きしますよね、時にはお尻を丸出しにしてペチンペチンと。
そうやってシンプルに捉えることが出来れば、SM的に考えてたことが滑稽に思えてきます^^;

昔は結構お仕置きはありましたが、最近の親はしなくなってきていますし、学校での体罰もできない世の中になってきています。
お仕置きがあるとしても親や先生は叩きたくて叩いているわけではありません、二度と悪いことさせない、しっかりとした人間に成長させたいがためにお仕置きをしているんです。
そして当たり前のことですが、お仕置きをすることは個人の欲求でも何でもありません。
欲求であれば叩きたいから叩いているということになりますからね。

私の場合も叩きたくて叩いているわけではなく、親子関係に似たものがあって悪いことがあったらお仕置きをするだけなんです。
悪いことをしたときにお仕置きをして懲らしめなければ、その子の為にならないと思うから叩いているんです。
悪い事をしたら罰を与えたくなったり懲らしめたくなるのはS要素があるからかもしれませんが、ゴールはその子の成長というのは間違いのないことです。

キーさん側から考えるといい子で生きてきた子や叱られた経験がない子が多いんです。
そこで、しっかりと叱ってほしいと考えるようになりお仕置きを求めてしまうということにもつながるんですね。
悪い子でも叱られない子や奔放に育てられた子は同じように感じます。
それは叱られている人たちを見て、悪いことをしているのにも関わらず、なんで大人が振り向くのか、なんで良い子である自分より愛情を与えれているのかと思ってしまうからです。

大人が真剣に向き合って説教したり叩いたりするという光景をみると、実感が湧かないためにそのように写ってしまうんです。
そこから真面目な子や叱られることが少ない子はお仕置きに憧れを持ち、お仕置きにより甘えたくなるという現象に陥ることがあります。
幼少期に実際にお仕置きされている人はお説教の嫌さとお仕置きの痛さで二度とされたくないと思うんですけどね(例外もいますが)

キーさんはこういう幼少期の影響が大きいものの、大人になった自分が悪いことをしても叱ってくれる人がいませんよね。
だからそれを叱ってほしいという単純なことで、それを親や先生に求めることは不可能だからパートナーを探すんです。
ずっと自分を見つめていて欲しい、構って欲しい、甘えたいという意識が強いんですよね。

ただ、こういうことを理解していないカーさんが多すぎてこれではお付き合いがうまくいきません。
精神的な部分では、キーさんはお仕置きをおねだりしているわけですからカーさんはそれを受け入れてお仕置きをしてあげる”立場”であって決してキーを支配しているのではないということを。
ただ、本当のお仕置きというものはお仕置きする人は絶対の支配者で、お仕置きをされる人は嫌でもそれを受け入れなければならない、よってお仕置きの要求など本来は有り得ないんです。

だからキーさんは形的にはお仕置きの最中のみは支配されていなければならないんです。
これは本質的なことで意識の問題でもあります。
そうであるからお仕置きを求めつつも”お仕置きを求めていない”という意識がないと多少の矛盾が生じてくるんです。
とっても難しいですけどそれを演出するのはカー側の問題だと私は思っています。

また、スパのパートナーを親や先生、兄弟におきかえてお付き合いをする傾向がありますが、それは関係性としては理にかなっているとは思います、まぁ個人的には意見はありますがここでは省きます。
ただ、恋人関係はどうなんでしょう、恋人にそれを求めるって一番の理想ですが、一番難しいような気がします。

それは恋愛は余計な感情を挟むからです、嫉妬もあるし、親兄弟、先生のように客観的に相手を冷静に見れるのかというのがとても難しいことだと思います、そして傷つく代償も大きすぎる。
一番理想な分、それなりのリスクが伴うと思います。

とにかくこの支配関係が複雑なキーとカーの関係はとっても難しいのだと思います。
周りのパートナーを見てみると私のしている事とはちょっと違う世界ですけど、とってもとっても不思議な関係ですよね。



              戻る          Top