お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

          「嫌だ嫌だ」の心理 続き


前記事の続きです。

「嫌だ嫌だ」という言葉でより満たされたり、その言葉があるからスパが成立するというのは、心理的なもので、極力子供がお仕置きをされるという形にもっていくにはどうしても必要なことでもあるんです。

キーさんの多くは子供に返って、その子どもがお仕置きをされるということを心の奥底では想定しているのですが、そこにはどうしても飛び越えられない壁があるのです。
それは小さい子供はお仕置きを求めていないというところなんですね、そこを埋めるためには「嫌だ嫌だ」という呪文は必要なことでもあるのです。

はたからみると、なにやらプレイみたいな感じになってしまいますが、少なからず大人のお仕置きには心理的に「嫌だ!」と思い込まなければスパのお仕置きは成立しません。
それはお仕置き願望がある大人と、お仕置き願望の無い子供の差なのでそこは目をつむるしかないんですね。
そしてそこをどうするかということを考えているわけではないのですが、そこで無意識に「嫌だ嫌だ」発言なんでしょうね。

親から子へのような雰囲気、そして家庭的なお仕置きを理想としていても、そこの部分は決して埋めることのできない、そして多少の違和感も感じてしまうところでもあります。
悪いことをして反省をしたいのに、欲求でもあるお仕置きを求めているのは違うのではないかと考えてしまう要因です。

しかし実際は痛いお尻叩きをされている時に快楽を感じてしまう人は極稀で、通常はお仕置きに憧れていても本気で痛みで苦しみ、そこで悪いことの罰は成立するのです。
しっかりと罰を受けたという感覚があれば、それが償いとなり、なんら問題はありません。

そうした子が満たされたり快楽を感じるのは、その苦痛を耐え抜いた達成感や、怖い雰囲気から許されたという解放感とのギャップ、そしてその一連に”あなたのためを思ってという愛情”があるからであり、痛みが快楽という事ではないのです。

厄介なのは痛みを快楽に感じてしまう子達でしょう。
本気で反省をしたいのに痛みを快楽に感じてしまう、そこまでになってしまった時には自分の心の中でスパのお仕置きが成立しなくなってきます。

極度に痛みを追求してしまったり、恐怖を感じるほどの痛みに耐えなければならない状況とかを体験した場合、防衛本能として痛みの感覚が鎮静化し、逆に快楽に変わることが稀に起きるのです。
過度な痛みを与えると脳内ホルモンの分泌によって、精神を守ろうとするのですが、脳がそのように反応してしまうのです。

なので強く叩かれて快感を感じる人たちはそのような体験を少なからずしているはずです。
私の場合はそうならないように気を付けて、いつまでも痛みの感覚を感じられるようにお仕置きをしています。
もちろん軽めに叩いて感じる多少の快楽は、体をなでるのと同じで誰でも起こる反応なのでそこは気にしなくて大丈夫です。


かなり脱線しましたが、また話を戻します^^;
お仕置きを求める人の「嫌だ嫌だ」という言葉が、全て無意識下に求めているのかというとそれは違います。
下着を下ろしたり、道具をつかったり、体勢を変えたりするときでも、中には本気の本気で嫌だということもあります。

しかしお仕置きをする側は、それを含めて”嫌なことも罰だ”という認識なので、強引にお仕置きをしがちですが、やはりお仕置きを受ける側が、その行為に虐待的と感じてしまったり、精神的な苦痛になってしまったり、卑猥に感じてしまったり、恥ずかしすぎて本気で無理だったりするならば、それは罰という範疇を超えてしまっていて、本来の趣旨のスパのお仕置きではなくなってしまいます。

その範囲はお仕置きをする側が決めるのではなく、お仕置きを受ける側の心の中身で決めなくてはならないのですが、そこはかなり高度な心の中身を読み解く洞察力がないとできないことなんですね。
ま、普通の人間には無理な領域かもしれませんが、やはりこういう本気に無理な次元に関しては事前に打ち合わせは必要なんだと思います。

スパのお仕置きというのは相手のために悪いところを叱り、しっかりと反省させるため、償わせるため、全てを清算させるためにするものであって、それが精神的に虐待に感じてしまっては逆効果になり、相手のためにもならないし成長にもつながりません。

しかしそこに「嫌だ嫌だの心理」が入り込んでしまうと複雑すぎるんですね。
キーさん側も本当に嫌なのかどうかはしてみないとわからなかったり、しなかったら逆に寂しかったりと、自分で自分が分からない迷路に陥り、カー側がその心をわかり得るというのは非常に困難なんですね。

そうはいってもそこは正当性があるお仕置きであって、信頼があれば溝は埋まるんじゃないかと私は思います。
正当性があるお仕置きとは相手のために愛情をもって、相手の成長のためにする。
それさえあれば最終的には相手に通じるのではないかと感じます。
いつも思うのですが、そこら辺の心理は本当に難解です^^;

もちろん虐待的なお仕置きとか、性的なお仕置き、それを感じさせるようなお仕置きは論外ですけどね^^;
ちなみにここで話している「スパ」とはディシプリンスパ、すなわち、性的ではなく、躾のために行われる、その人の成長のための体罰、懲罰という意味です。


しかし、嫌だ嫌だもほどほどに^^;
子どもに返りすぎてイヤイヤ期に突入しないように要注意です

イヤイヤ期とは魔の二歳児とも言われていますが、何かにつけて「あれもイヤ、これもイヤ」と泣きわめいたり暴れたりする第一次反抗期です。
確かに2歳児くらいまで退行しているような聞き分けの無い子も稀に私のところに来ますが、そんな子はどうあがいても許しません!

しかも体の不調に講じて、私が手を出せない前提で調子に乗る核心的な悪い子もいますからね、そういう子は回復したらつけを清算してもらいます!

2,3回警告しても直らないようであれば、、、
そうならないように素直に話は聞きましょう^^




              戻る          Top