お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

         惹きつけられる背徳感とは



お仕置きに求めるものは一つずつさかのぼっていくと、そこには愛情という温かいものがありますよね。
抱擁感を感じたり、温もりに包まれたいと思ったり、そして自分を見てもらえて、認めてもらえるということで、人間が誰しも持つ承認欲求というものが満たされるのがお仕置きの一連の流れであり魅力です。

これは、”なんでお仕置きを求めているかわからない”という多くのキーさんの話を突き詰めていくと全てが愛情にたどり着くからなんですね。
なので、今の段階でなんでかわからない、自分は変だと思っている人たちは、その途中のプロセスは分からなくても、愛情を求めているということは間違いのない心の欲求なので、そこはそういうもんだと認識してください。
決して変ではありませんからそこは安心していいと思います。

それで、お仕置きに求めているものは分かっても、お仕置きに惹きつけられる理由っていうのがよく分からないものですよね。
惹きつけられるものは愛情だということは分かっても、そこでなんでお仕置きなのか、お仕置き以外ではどうして満たされないのか、普通に考えたらこんな事思うのも変だし、できたら考えることもやめたいと思うでしょう。

他のことで満たされたい、でもお仕置きを考えているときが一番満たされる、、、お尻ペンペンされたい・・・。
そういう欲求は我慢すればするほど溜まっていって、パンクしそうになってしまうんですよね。
このやめたくてもやめられないという心理には愛情がほしいということがあるのですが、その愛情を受け取る手段としてのお尻ペンペンには”背徳感”という厄介な魔力が関係しています。

背徳感というものは心理的にも隠されているから、隠したいものだからこそ、余計その存在に強く欲情してしまうものなんですね。
簡単な例をあげると、私たちの生活の中で裸を見ると欲情したりドキッとしたりしますが、これが裸族の人たちであれば欲情することはありませんよね。

それは何故かというと我々は衣服を着て、胸や性器は見せてはいけないものとして隠しているからなんですね。
隠しているからそれは見てはいけないんですが、それを見たいと思うことは背徳的なことですよね。
なので、隠されていることに興味を持つこと自体が背徳感の一つで、それによって欲情し、見たいという欲求につながり、いけないとわかっていてもそれを求めてしまうものなんですね。

人間が誕生したころの大昔、性行為や排泄行為は無防備で外敵から襲われる危険性があるので、必然的に隠れてするようになりますよね。
そうして隠していくうちにその行為に羞恥心を感じるようなったのかもしれません。
人間の欲求はそれが隠されているからこそ、そして貴重だからこそ感じるものです。
それがさらに禁止の制約を破る背徳感により、高揚感が更に高まるものなんですね。

結局そうした羞恥心や背徳感が快感を生むわけですから、そうなると「私はいけないこと考えてる、私は変だ」という意識を持ってしまい、それは真面目な人ほど強く思い悩んでしまう事なんですが、そう思えば思う程背徳感を更に感じ、どんどん引き込まれていってしまう事につながります。

またもう一つ、相手を叩いてしまう事、同等に叩かれる事、こういう加虐や被虐の暴力的な事も”してはいけなタブー”であり、背徳感を感じる行為でもあります。
過激で厳しい懲罰的なお仕置き小説でもドキドキしたり知らないうちに濡れてしまったりするのは、この背徳的行為を自分に置き換えているためで、快楽を得ているわけでもないのに体が反応してしまっているということも起きる場合があります。
これは人によって反応が違うので、全ての人に当てはまるわけではありませんが、これらがお尻ペンペンに惹きつけられる背景にあるのでしょう。

心理学的に人は自由を制限されると自由を回復しようとすると言われています。
「~しては駄目です」と言われると、やりたくなってしまう心理が働くものです。
なので人は禁止されればされるほど、それに対して興味が湧いてしまうという本能的なものを持っているんですね。。

いろいろな例がありますが、それが不倫であったり、一人エッチであったり、痴漢であったり、暴力的な事であったり、そしてお尻ペンペンであったりと様々ですが、これらに禁止をかけてしまうともっと欲求が上がったりすることがありますよね。
特に痴漢なんていうのは捕まったら地位も名誉も職も奪われ、全てが終わるような大変な犯罪なのに背徳的な心の高揚により、理性をおさめることができない人もいるわけですよね。

禁止やタブーには背徳感がつきもので、その背徳感は性欲中枢を刺激するので、ちょっとしたきっかけでそれに惹きつけられるととても厄介なことになるものです。
不倫、浮気、というものは誰しも恋愛を知る前は嫌悪の対象であり絶対にしないと思っているものです。
禁断の恋もそうですが、それが惚れてしまえば禁止が背徳感となり、いけないことと分かりつつもより興味がわき、周りから反対されればされるほど、想いが強くなってしまうことがあります

お仕置き欲求も同じようなもので、タブーを犯しているという事実でより惹きつけられ、欲求に繋がっていくのでしょう。
幼い頃に見てはいけないと思ってしまうようなものを見てしまうとそれが性癖のきっかけになることがあります。
(性癖とは性的な嗜好ではなくその人の偏った性質という意味です。性癖とはを参照してください)

だからこそ、幼少時や子供のころに目撃したアニメや絵本のお仕置きシーンや、他人が叱られたりお仕置きされたりしたのを目撃したのをきっかけに、お仕置きを忘れることができなくなる人、その虜になる人がいるんだと思います。
ドキドキしてしまった時点で背徳感を感じますよね、いけないことだ、こんなこと思ったらいけないと自分に禁止をかけてしまいます。

それがお尻ペンペンの裏に潜む”背徳感”の魔力であり、そうやって真面目に禁止をかけてしまう人ほど、お尻ペンペンのお仕置きに惹きつけられてしまい、脳裏に刻み込まれて一生頭から離れなくなるでしょう。
だからこそお仕置きという言葉だけでドキドキしたりキュンキュンと反応してしまうんでしょうね。

ただこの時は頭の中での脳内でのお仕置きの妄想でそれに興奮しているにすぎません、実際に真面目にお説教され、痛いお仕置き受けている時には興奮はありません。
といっても余裕がある時に自分の妄想と重ね合わせようと意識したとしたら興奮はするでしょうが、それをするかどうかは人それぞれです。
小説を読んだり妄想したりのお仕置きと、実際にされるお仕置きとはまた脳内の捉え方が違うものです。
それはキーさん自身がよくわかっていると思いますが。

まぁ禁止はよくないということです、だからいつもいっている通りにこうなってしまったら禁止をするのではなく、体験して欲求を薄めていく作業が必要なんです。
本当に欲求の波の高い時は苦しいでしょう、このサイトももっと気軽に依頼を申し込めるようになるといいんですけどね。
まぁとにかく気持ちがどうにもならないような時は勇気を出して依頼してみましょう。







              戻る          Top