スタンダードなお尻叩き以外の欲求や願望がある方
そのような願望や欲求等がある方のみご覧ください


タンダードなお尻叩き以外の欲求や願望がある方


お尻叩き以外の欲求といっても様々ありますが、その中でも性的なことを必要としない欲求というものがあります。
そういう欲求だとしても、お仕置きに多少なりとも通じていることであれば、この場で要望に応じることも今後はしていきたいと思っています。
家庭的なお仕置きとは違うものだから話しにくいという子は結構いるようですが、そういった要望、願望などがあるようでしたら気軽に相談してみてください^ ^

こういった欲求に限って、相手が男性ということが多く、掲示板で知らない人と連絡を取り、密室で会うとなれば、当然性的行為に発展するリスクが伴います。
それでも欲求が抑えきれずに会ってしまい、結局何かしらの性的なことをされてしまうことが多いようです。

中には欲求を満たすために多少の性的なことは目をつむってしまう子や、自分がしてもらったのだから相手の要求もある程度は仕方ないと妥協してしまう子、その場の雰囲気に流されていしまう子、そして恐怖心を感じて言われるがままに従ってしまう子と様々ですが、共通して思っていることは不本意であり、嫌な思いを引きずってしまうということです。
そういうリスクを避けたい人や、とりあえずどんな感じなのか体験したい人は、一度そういった欲求については相談してみてください。

私もこの活動を通じてお会いする子からは、スタンダードなお仕置き以外の様々な願望や欲求を聞いたりして、そういう欲求をどうしたらいいか、試しにしてくれないか、という相談を受けたりします。
また、ここは家庭的なお仕置きをされたい人しか来てはいけないと思っている人もいるようですが、そうではなく、ここは性的なことを一切しないだけで、当人が家庭的なお仕置きを求めているかどうかではありません。
単純に私が性的接触行為をしないということなので、性的なことを求めて依頼するのであれば場違いということです。


ブログにも書いてあることですが、私は過去にSMの世界にいて、そこから性的な行為のないスパのお仕置きの世界の方に魅力を感じていき、今に至っています。
それは結局私が本当にしたかったことは性的要素のある躾や懲らしめではなく、性的要素のない精神的な部分での躾や懲らしめであり、そうでないと満足できないことに気づいたからです。

つまり過去の私は、躾や懲らしめ行為というのは肉体的な性欲処理で満たされると捉えていて、それはSMでしか処理できないという固定観念がありました、それは若い頃から目にしたSM的なものの影響だと思います。
しかし、長い年月をかけて自分が求めているものを探してさまよい続けた結果、躾けや懲らしめという行為は私にとって性欲ではなく、他の欲求からくるものだとわかり、それをスパの世界で見出したわけです。
キーさんがスパのお仕置きに憧れる自分を、スパの世界を知るまではMだと認識していたという事例にに似ているかもしれませんね(SMさえも知らない時は自分は変だと思っていたでしょう)

なので、SM的に肉体の快楽をあおる行為や性器等を刺激しての躾けや懲らしめをするのは私の求めているものではなく、逆にSM的であったとしても性的接触や性的要素がない躾や懲らしめであれば許容範囲ということでもあります。


ちなみに過去の私のSMというのは主従関係での躾や、悪いことの罰としての懲らしめを主としていましたので、そこは今のスパのお仕置きに多少なりとも通じているわけです。
またその手段である緊縛や道具等の責めにおいては、危険性を学んで熟知した上で行っていましたので、おそらくそういう経験は何かしらの形で活かすことはできると思います。
傷が一生残るような行為や身体改造的な行為、著しく不衛生な行為等に関しては嫌悪感があるので経験はありませんが、一般的なSM的行為はだいたい一通りは経験してきたと思います。

それと、欲求や願望の分類はたくさんありますが、お仕置きに通じるものであればある程度絞られてはきます。
例えば、はりつけにされたり、縛られて自由を奪われたり、口をふさがれたり、髪の毛を掴まれたりして叩かれてみたいという欲求。
ビンタをされたり、理不尽に扱われたり、手を上に吊られるように拘束されたりして、責められたいという欲求。
乱暴にされて自分が壊れてしまうような、精神的に追い詰められて現実逃避したいという欲求。
拷問的であったり陵虐的、もしくは猟奇的な雰囲気で責められたい欲求。

また、拘束されくすぐられて笑い地獄のように苦しい思いをしたい欲求や、浣腸で腹痛と便意を我慢させられたい、オムツ内に排尿させられたい、というような様々な欲求もあります。

責めの道具としては、ロウソクを垂らされたり、お灸をすえられたり、洗濯ばさみで挟まれたり、軽い電気ショックを与えられたり、浣腸や利尿剤などを使用させられたり、くすぐる為にローションや道具を使用したり、そういった道具を使用してみたいという欲求などもあります。

その他にもいろいろとあると思いますが、こういうことはやはり一番は安全性が確保されているかどうか問題で、そこがクリアできないから不安感が強くなるわけです。
相手がちゃんとした知識と常識を持っているのか、無理なことをしないかどうか、というのは初対面ではわからないことなので踏み込めない要因でもあります。

そして家庭的なお仕置きを求めているキーさんでも、一方では通常のお仕置きとは別物として、このような願望を持っている子もいます。
また、このような願望を持っていても打ち明ける勇気がないので、家庭的なお仕置きで代用している人もいます。
そういう人たちにとっては安全に欲求を満たす場所というのは必要で、そうであるならばここでできることは体験させてあげる方がいいのではないかと思い、そこが考えるきっかけになりました。

ただし私の場合は感情的に怒るとか怒鳴るとか汚い口調で罵るとかの要望があってもそれはできません。
あくまで冷静な口調で淡々と指示したり、それに従わなければもっと厳しい罰を与えて自ら動くように仕向けるような雰囲気になります。
また願望を満たすといっても、性的なことや過度なスキンシップの要望には応えられません。

とにかく、こういった欲求や願望というのは、一度経験してみたら満足するという人もいますし、満足しないまでもある程度は落ち着く人がほとんどです。
また経験しなくても、その願望を持っている事実を話すだけで、気持ちを吐き出せて欲求が薄まることもあります。

私は長年この活動を続けているので、そういう意味では安心感は他の場所よりもあるのではないかと思っています。
欲求に悩んでいる人、心がモヤモヤしている人、吐き出して心を解放してみたい人、そういう人はまずは気軽に相談してみてください。
最初は体験的ということで手加減をしていきますので怖がることはありません、妄想ではゾクゾクしても実際するのは怖いものですし、とりあえず雰囲気を感じたり軽い感じで経験したりという方向で考えています。

悩んでいるのはあなた一人ではありません、話すことで自分と同じような子がいることで安心もできるはずです。
ご相談がある方は依頼のメールフォームからお気軽に連絡をくださいね^^