みほ

10代後半、お仕置き経験無し、パートナー無し、彼氏無し

2019年12月13日掲載
お仕置き感想提出人数:通算210人目 


京介さん今日はありがとうございました

自分を変えたいって気持ちが強かったのに駅に着くちょっと前にめちゃめちゃ緊張して帰りたい気持ちになりました笑
第一印象はすごい黒い人だなって思いました笑

移動中でも部屋についてからも話振ってくれてありがとうございました
人見知りが出ちゃって全然話せなくてごめんなさい。

最初は普通に話してたのに急にお説教になっててビックリしました
お説教の時は自分がしてきた事が改めて悪すぎたなって思ったし、メールした反省内容を少し読まれた時は恥ずかしかったです笑
わざわざ読まなくていいのにーって思いました笑

話が終わってお仕置きされるのかなって思ったら「正座できる?」って言われてまだお説教終わらないのって思ってました笑

お仕置きは超軽めにしてもらったので全然痛くなくて、ベッドに移動して「あと100回だからごめんなさい言うんだよ」みたいなこと言ってくれたのに言いづらくて言えなかったら「ごめんなさい言えないの?あと10回ね」って言われてあーこれ言わなきゃ終わんないんだって思ってやっと言えました笑
本当に思ってたかって言われるとあんまりだけど笑

そのあとは頭ポンポンしてくれたりして、あんまりされたことないから嬉しかったです!
あと、お仕置きの後に希望通りくすぐってもらったんですけど、自分からお願いしといて全然くすぐったくなくて自分でもビックリしました笑
手疲れちゃってたらごめんなさい笑

最後「またおいで」って言ってくれたので、全然直らなかったらまた行きます笑
もしかしたらすぐになっちゃうかもだけど笑
でも頑張ってみようと思います!





京介コメント

みほさんはお仕置きにも全く興味がなく、本当のところはくすぐりにとても興味がある子でした^^;
1か月ほど前、みほさんは「くすぐり」について検索をしていたところ、たまたま私のブログを見つけたそうです。
おそらく私の記事で「くすぐりの刑」という記事を書いたので、その記事にたどり着いたんだと思います。

くすぐりに興味はあってもネットの出会いは怖くてずっと踏み出せないでいたそうですが、幼稚園の頃からずっと誰かにくすぐられたいという気持ちがあったそうで、そんな中、私のブログでくすぐりについて書いた記事を読み、そこからくすぐりを体験したいと思い、そういう動機からのお仕置き依頼だそうです(笑)

みほさんは小学校高学年くらいからはとてもやんちゃな子で、中学では学校に行かなかったり、高校では制服はミニスカート、化粧は当たり前のように学校にしていって、ずいぶん悪い子だったようです^^;

言葉遣いも悪いようで、きつい言い方で友達をからかったり、朝の不機嫌な時に学校で友達に対して不愛想に接したり、授業中に髪の毛でかくしてイヤホンをつけて動画を見ているなど、悪い子過ぎます^^;
それでも本人は来年から社会人になるのに自分でも直さなきゃと思い、くすぐりついでにお仕置き依頼をしてきたみたいです^^;

実際にくすぐり体験がしたくて、方なくお仕置きを依頼したようでした(笑)
それを証明するように、お仕置きは超軽めで道具は無しの平手のみ、あげくには服の上からのお仕置き希望とのことで、お仕置きを受ける気持ちがほぼありません(笑)
まぁ依頼なので、その通りにしましたけどね^^;

また依頼時には「出来たらくすぐりもして欲しいです」と要望があり、私が「お仕置きに取り入れたら面白いかもしれませんけど、それではお仕置きにならないので、お仕置き後に考えましょう」と返答すると即座に「くすぐりも少しお仕置きに入れてほしいです」と返答がきました^^;

まぁしかし、とりあえずお仕置きでは笑いで終わらせたくないので、ちゃんとお仕置きをして、それから笑って済ませられる反省内容ですぐりのお仕置きをしましょうという形になりました。

まぁどういう動機にしろ、社会人になるにあたって、自分の悪い部分を直したいという気持ちがあっての依頼なので、良しとしましょうか^^;

ということで、反省すべき事について、お説教、そしてお仕置きとなりました。
今回は平手のみ、服の上から、超軽め、というのと、お仕置きに全く興味がない「キー」さんではない「ぐら」さんからの依頼ということで、体勢も変えず形のみのお仕置きとなりました(汗)

※「ぐら」というのはくすぐり界の用語で、くすぐる方を「くすぐり→ぐり」くすぐられる方を「くすぐられ→ぐら」といい、通称「ぐりとぐら」です。

今回は服の上からなので、そのまま膝の上に乗せて平手で軽めにペンペンしていきました。
途中お説教をはさみながら淡々とお尻をペンペンしていきます。
みほさんに「これじゃ痛くないだろ?」ときくと、平然と「はい、痛くないです」と返答^^;

ここで強めに叩きたくなったのですが、約束通り超軽めに叩いていきました・・・。
しばらく叩いた後にベッドに移動して膝の上に乗せて、引き続きペンペンしていきました。
お説教をはさみ、最後に100回を宣告し、お尻を平手で叩いてきました、もちろんみほさんは無反応^^;

痛がる様子もなく、あっけなく最後10回になり、最後にごめんなさいを言いなさいと忠告しながら叩いていくも、最後の1回でごめんなさいがいえません。
当然のことながら追加で10回叩くことにし、今度はしっかりとごめんなさいが言えたので、今回のお仕置きを終了としました。
まぁ全然痛くなかったし、本人もそこまで反省しているようではなかったですけど…。

その後少しスキンシップをした後にくすぐりをしてあげることにしました。
ところが、みほさんは全然くすぐったがりません^^;
しょうがないので足の裏をくすぐると、それでも無反応・・・。

くすぐられ好きなのになんと全然くすぐったがらない体質でした(笑)
エビやカニ大好きの子がエビカニアレルギーで食べれないみたいな落ちですね^^;
それでも多少はくすぐったがった場面があったので、まぁ良かったんではないでしょうか。

くすぐりは緊張しすぎると反応しにくくなるらしく、よほどの人見知りで緊張はすごかったので、そういうことも影響しているのかもしれませんね。
「次回また」と頼まれてしまったので、少し研究が必要かもしれません(笑)



戻る