お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

                   ゆとり世代の代償


ゆとり教育とペアで使われたスローガン「ナンバーワンよりオンリーワン」
個性を認めあい、自分を大事にし、空気を読み合い、自我を抑える。
順位というものをつけることを極力避け、競争するということを教えず、嫌なことは無理してやることはないと個人を尊重して教育をされて来た世代ってありますよね。
でもそのように育てられたらどういう大人になるでしょうか。
それでも流されずに自分をしっかり持っている人は問題ないですが、競争心や誇りや自分の意思を持てないままに大人になってしまった場合です。

はっきりいって社会人としては通用しません、社会という競争の世界では通用しません。
通用しないから変に個性を大事にしあきらめてしまい、ニートやフリーターが蔓延しているのでしょう。
学校で教えられてきたことが社会では通用しなかったのですから当たり前のことですね。
社会に出たら激しい競争が待っていて競争力をつけてこなかった人たちが脱落していくのは必然でしょう。

オンリーワンとはその分野のナンバーワンじゃないかという解釈もありますが、ようは世界には自分という存在は一人しかいないという意味で世界という分野でナンバーワンということなんでしょうね。
もちろん人間の性格や個性に順位をつけることはできませんからそこから来ているのでしょう。
でも世界で唯一の存在だから競争は無意味ということは間違った解釈でこのスローガンにより弱い人間を育ててしまったゆとり教育は間違っている部分もあるのではないかなって感じていました。

それに、全員が納得のいく生き方なんてありませんよね、会社勤めがいいと思う人、自由業がいいと思う人、働かないで生きていきたい人と様々です。
また自分にとってはなんでもないことでも他人にとっては大きな幸せなことってあります。
不幸なこともそうですね、自分にとっては些細なことでも他人にとっては大問題で精神的に参ってしまうことってあります。
結局そういう人間性に対して、人の価値観に対しては優劣をつけることは出来なくて、そこがオンリーワンなだけなんだと思います。

自分らしく生きるということは自分の幸せを見出すことといってもいいでしょう。
でも自分らしさってなんなんでしょうか。
私も含め、それが分からない人が殆どではないかと思います。
ただ、人間は欲求を満たすことを目的とするというのが根底にあるのだと感じます。
欲求が満たされるから幸福感を感じ精神的に安定し心の健康が保たれるからです。
ただ、心の全てが満たされるなんてことは絶対になく、例え今の欲求が全てが満たされたとしても、今度は新たな欲求が出てきてしまうんですね。
今の人たちは大きな幸せ、仮想の幸せを求めすぎで、些細な幸せに気がつかず感謝できていない人が多いと感じます。
だからいつも何か満たされないと不安になったりするのでしょう。

しかし例えば喉が渇いたときに水を飲みますが、それってとてもおいしいですよね。
そういう細かいことに幸せを感じられたらよりたくさんの幸福感を得ることが出来ます。
でもこういう些細な幸せって、自分がどん底の環境に落ちた時にやっとそこに気がつくという人が殆どです。
どん底や絶望を知らない人、失敗を経験していない人は些細な幸せを当たり前だと感じ、それに対して感謝という気持ちを忘れてしまっているのだと思います。

自分の幸福度みたいなのを測る機械があったとしてその順位はどのくらいでしょう。
今世界の人口は70億人くらいです、その中で比較したら日本人はどんなに幸せかが分かるでしょう。
そして今の生活のありがたみを感じることでしょう。
余談ですが、今の中国の人口は14億人くらいいますが、今から150年前くらいの世界の人口と同じくらいだったんですよ。
急激な人口増加って恐ろしいですよね、少子化は日本特有の問題であって発展途上国では爆発的な人口増加が起こっているんです。

話を戻します
個性を大事に、オンリーワンというスローガンは間違ってはいないのですが、それを拡大解釈し、競争することをやめてしまったことが間違いであり、それを教育してきた教育者達に責任があるでしょう。
もちろんそれでも平和に生きれるでしょうが、今の時代は世界的に競争の社会なので問題なんですね。

更に不幸なことにバブル崩壊後今に至って不景気が続いています、ゆとり教育と負のスパイラルで若者の一部は努力しても競争しても無駄という意識になっていますよね。
今もアメリカンドリームという言葉は死語的になっていますが、日本でも昔は頑張れば報酬として返ってきていました。
しかし、今はどんなに頑張っても報酬としては返ってきませんよね。
そして一部の成功者だけが巨万の富を得て裕福な暮らしをしている。
昔のバブル期はある程度平等に報酬が上がっていました、会社員であれば給料が上がっていきさらに頑張ればそれ相応の報酬がついてきました。
しかし今はサービス残業は当たり前、会社の業績が落ち、そのつけを部下に八つ当たりをし、給料も下がり、悪循環ですよね。
学生生活で競争させ、順位をつけさせることの弊害も確かにあります、ただこういう情勢だからこそ若い者が立ち上がり世の中を自分が変えていくという志を持っていかないと日本は落ちていくだけだと思います。

なんでも人任せ、嫌なことからは逃げ、他人の責任にし、自分を正当化する。
目標をもてないで何のために生きているのかさえもわからない。
命があるから、自分から命を絶てないからなんとなく生きているという若者が多いような気がします。

でも、働いても働いてもそれは生活費で消えていき、将来の貯蓄が出来ない以上、結婚はもちろん、子供も作れない。
そうなると一生貯蓄できずに働くだけの生活、そして老後は絶望的です。
年金も不安定で、もらえるかどうかが分からないような議論もされていて、もらえたとしても生活が出来ない額。
もうこれではどうしようもありませんね。
希望が持てず無気力になってしまうのは必然なんでしょうね、そう思います。

不景気はある程度しょうがありませんが、それを何とかしようとするのが政治です、また、このようなゆとり教育をしてきたのも政治です。
せめて政治の責任で老後の不安をなくしてほしいものです。
そうすればいろいろなことにチャレンジが出来るし何かしらの希望も持てるはずです。
老後が保障されていれば貯蓄なんてする必要がなく、自分がやりたいことに思い切ってチャレンジできます。
例え失敗しても保障があるようなものですからね。
様々な能力を持った日本人がいるのに今はその人たちが舞台に立てず眠っている状態です。
でも老後の生活が全て保障されるなら、消費税が例え30%でも安いと感じます。
そうはいっても現在は政治に対する信用がないのが欠点なんですけどね。

今の若者に希望を持たすような政治、そして希望のある日本になっていければ必ずいい方向に変わっていくと思います。
希望があるから生きがいがあるんですよね、絶望に向けて生きていくことの辛さは耐えられません。
今は絶望の中で生きている人間がとても多いです、それは金銭的にも精神的にもです。
とりあえず老後の金銭面だけでも楽になれば精神的辛さの一部分が解消されるでしょう。
少しでも精神的に安定すれば心に余裕が出来てきます、その中で人の痛みを感じられるような人間を育て、人間味のある暖かい世の中にしていけたら理想だと感じます。

ぐだぐだとくだらない議論ばかりしている政治家や官僚にお仕置きをしたいくらいです(笑)



              戻る          Top