お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

             良い子と悪い子の理不尽な差


良い子とは社会のルール、親や先生の言うことを聞く子、悪い子とは社会のルールを破り親や先生の言うことを聞かずに反発する子という解釈でお話します。

良い子と悪い子ってどちらが良いかと聞けば皆声をそろえて”良い子”と答えるでしょう。
でも良い子であっても、良い子であることを褒められるってあまりないですよね。
逆に悪い子が少しいいおこないをしただけで手の平を返すくらいに褒めますよね。
この差っていったい何なんでしょう。

電車で席を譲ったり、優しい言葉をかけたり、ちょっとした手伝いをしたり、見ず知らずの人を助けてあげたり、いろいろと親切なことはありますが、風貌が悪い子がそんなことをすると「いまどきの若い者も捨てたものじゃない」と絶賛されてしまいます。
企業の成功者、芸能人等の様々な著名人も昔少しぐれているとものすごく持ち上げられますよね。
よくぞ立ち直ったって。
悪い子っていうのは好き勝ってやって、回りに迷惑をかけて我慢をすることもなく、自分の立場を訴えるために自己を主張し行動しているだけなんですけどね。

かたや良い子はそれらを我慢して生きてきている、その我慢をすること自体、普通では出来ないことだってあまり皆さん気付いていないように思えてなりません。
子供時代に必要ないたずらや反抗的行動さえも我慢して、良い子でい続けてしまうことの弊害に気がついていないのではないでしょうか。

子供が成長過程で誰しもぶつかる思春期ですが、この時期に反抗期とかもあります。
そしてこの時期あたりにこれまで純粋な気持ちで教えられてきた”綺麗事”が現実社会では矛盾があると肌で感じたりします。
しかしそれを認めることはまだ精神的に未熟で不器用すぎる子供には到底出来ません。
そのうち全てを否定的に捉えるようになり、親や教師等大人の支配から抜け出そうと誰しも思います。
親から離れ、社会的にも経済的にも自立していくにつれそういう気持ちは解消していきますが、それまでの間はとても不健康な精神状態であることは間違いありません。
そこからもがく為に悪い子となったりもするんですね。

でもだからといって悪い子がより褒められることがあってはいけないと思うんですよね、良い子こそ、その時期を耐えて頑張ってきたのですからね。
良い子だって悪い子だって精神的に強い弱いはあります。
悪い子になったのは家庭環境や友人関係のせいにしてそれはあたかもしょうがないように認知をしてしまっては良い子がかわいそうで仕方がありません。
良い子だって悪い子と同じ環境である場合はたくさんあるのですからね。
学校でも社会でも悪い子はほんの少しの良いことでたくさん褒められるのに、良い子はそれよりもより良いことをしても当然の顔をして褒めてくれすらもしませんよね、本当に理不尽だと思います。
良い子は本当に切ないですよね。

悪い子は若いときにストレスを発散してすっきりして精神的に悩むということは少ないです。
他人に迷惑をかけてきたのにのうのうと生きてストレスもあまり抱えず過ごしますよね。
でも良い子はその悪い子達に迷惑をかけられながらも必死に耐えてストレスを抱え込み精神的に悩み続けてきたんです。
成人してからもそれを抱え続けてしまう人が多いような気がします。
だからといって悪い子になってストレスを発散し、人に迷惑をかけていいことなんてあってはならず、とても難しい問題だと思います。
そして我慢して悪いことをしてこなかったということではなく、悪いことをしたくても出来ないという子も多いんです。

結局は大人は悪い子や落ちこぼれを救うことに情熱を注ぎすぎているからなのだと思います。
それは悪いことではないのですが、真面目に良い子でいる子達にも同じくらいの情熱を違う形で注いであげなければならないと感じます。

悪い子から立ち直ったといったからといって立派でもなんでもないんですよね、悪い子は悪い子で悪いんですから。
それよりも良い子であった人をより褒めるべきなんですよね、よくぞ我慢して生きてきたって。
そうやって見てあげないから良い子は自信というものがもてないし、情熱を注がれてこなかったので自分の正当性や方向性もわからなくなってしまうんだと私は思います。
そしてなにより構ってくれることへの愛情、叱られることへの愛情に触れてみたくなるんだと思います。
そこにはとっても暖かい何かが隠されているのではないかと想像し妄想し続けているからです。

手間がかかる子ほど可愛いといいますが、振り返ってみると実際そうなんですけど、でもそれって自分が手間をかけ、苦労したから自分で自分を褒める自己満足の何者でもないと思うんですけどね。

世の中って本当に理不尽なことばかりだと感じます。
叱られたことがない人、叩かれたことがない人、感情的にしか怒られてこなかった人。
こういう人たちは温かみのある叱りに未練があるんですね、遠い過去に置き去りになったその部分の欲求が果たされていないんですよね。
真剣に向き合い真剣に叱ることは構ってあげているということで、甘えさせている行為です。
その未知なる部分である愛情に触れてみたいと感じている大人はたくさんいますし、なんら異常ではないんです。
人間誰しも持っている欲求ですからね^^

ですから自分を無理やり”お仕置き好き”と当てはめる必要はなく、ただ単に愛情を受け取りたい、甘えたいという気持ちが強いだけだと、心の中でわかってくれればと思います。
少なくても私はそういう人たちを理解し受け入れることをしたいと思っていますからね^^



              戻る          Top