お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

              幸せは幸福感


幸せになりたいというのはみんなが思う願望でもありますが、この幸せって何をもって幸せなんでしょうか。
みなさん幸せになるために努力をしていることはあると思いますが、幸せというのは何かというと、幸せを感じる事=幸福感です。
こんなの当たり前の話なんですが、難しく考えすぎてこんな単純なことに気づいていない人はとても多いようです。

親は子どもの幸せのために学歴重視で勉強をさせたりする家庭もありますが、これはいい大学に行けば、いい就職先があり、それが社会的ステータスを生み、経済的な安定と、それ相応の人と知り合って結婚できるという、幸せの可能性を高くするためのものでしかありません。

もちろんそういった幸せになれる可能性を高めるのはいいことではありますが、勘違いしてはならないのは、それで幸福になれるわけではないということです。
それらが揃っていたとしても、心に幸福感が生まれない限り、幸せにはなれないんですね。

自分の意志や力で生きてこなかったりしたら、生きている実感を感じることはできないし、自分の人生は誰のためのものかと悩み、そういった虚しさの壁にぶつかるのは時間の問題です。

また、自分より優れているであろう他人と比較ばっかして自分をおとしめたりしていたらそれはそれで幸福感なんて感じることはできませんよね。
更には、一つの欲望が叶ったらそれで幸せなのに、その幸せに慣れ、更なる欲望を持ち、その繰り返しをしていると、いずれ叶わない欲望にぶち当たったりして、そうすると満たされなくなり、不幸感を感じてしまうのです。

結局は幸福を感じるのは心の持ちようという事なんですね。
他人と比較するのはしょうがありませんが、その比較の方法を変えていかなければならないし、今ある満足に慣れることなく、絶えず感謝し、初心を忘れない心は幸福感を得る必須条件です。

俗にいう、お金持ちは幸せだと思われがちですが、不幸感を抱えているお金持ちは沢山います。
もちろん心の持ちようで、幸福感を得ているお金持ちも存在していますが、それでも欲に限界が無ければいずれ心は不幸になっていきます。

逆に貧乏は不幸だとされていますが、心の持ちようで金持ち以上に幸福感を感じて生きている人は沢山います。
もちろんお金が欲しいとか、子どもにいい思いをしてほしいとかの欲望はあっても、それを半ば放棄していることによって、今ある幸せを感じることができたりします。

ただし、貧乏でそれを悲観的に捉え過ぎている人はとってもとっても不幸な人といえるでしょう。
何をするんでも自分を卑下し、どうせ私なんかという考え方をしてしまう、そういう性格の人は不幸のどん底に陥ってしまいます。
幸福になりたいのであれば、その部分の心の捉え方を変えていかなければどうしようもないのです。

日常生活ではうまくいかない事ばかりで、心の持ちようといってもそう簡単にはいきませんが、大きな波に飲み込まれようとも、必死にもがいてどこかにしがみき、息苦しさに耐え、なんとか自分を保っている人は多いと思います。
それでも幸福になれるようにするには物事の捉え方を変えていかないといけません。

お仕置きは幸せを感じる方法でもあると私は思っています。
キーさんの心理は、お仕置きで満たされるという単純な発想ですが、そこには奥深い心理的要因が隠されているものです。

ダメなところを叱られる愛情、
それでも見放されずに厳しい罰を与え、与えられる信頼感、
痛いお仕置きが終われば許されるという安堵感、
その後のスキンシップで、本当に自分のためを思って叱ってくれたんだという嬉しさ、地獄から天国への大きなギャップへの高揚感。

この一つ一つに幸福感があるのですが、更にそれが組み合わさったところに究極の幸福感が生じ、こうしたお仕置きの一連の流れで心が満たされるのです。
これも実は心の持ちよう、捉え方で、お仕置き心理を紐解くとこのようなことになるのでしょう。
だからこそディシプリンスパのお仕置きには、正当な理由が必要で、それに対するお説教、その流れでのお尻叩きの罰、そして許された後のアフターフォローが必須なんです。

心が悲鳴を上げているからこそ、お仕置き欲も強くなってくるのです。
そういった部分を満たすには、自分を晒して、それを受け入れてもらう事、その上で真剣に叱られること、それで前向きに考え方を直し、自分を成長させ、それを自分自身と叱ってくれた相手とで共有する。

単にお尻を叩くという事ではなく、お尻叩きはおまけみたいなもので、こういった心の部分を埋めることが本来のお仕置きだと私は考えています。
このお仕置き行為で一時的に幸福感を感じるのではそれはそれでいいことだと思います、そういう幸福感の受け取り方ができればそれを意識すればいずれ幸福になれる考え方もできると私は思っています。

このように考えるとお仕置きを依頼してもそれは変な行為ではないですよね、少なくても私のお仕置きはそういった考え方の元で構成していますから、お仕置きありきでもなく、対話や心のやり取りが重視なんですね。
幸せになるには心の持ちようで、幸福感を感じること、それを忘れないように日々の生活を見つめなおしてみて下さい^^




              戻る          Top