お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

                   信頼関係とは


信頼関係で悩んでいる人、多いですよね。
家族は信頼できるが、他人とは信頼関係を築けない。
逆に他人は信頼できるが家族とは信頼関係を築けない。
更には家族も他人も全てに対して信頼関係を築けない。
ま、どれにしても精神的に辛いのは確かです、自分の心を吐き出せないって辛いものです。

他人との信頼関係が築けず、家族に依存してしまう人は確かに心に傷があり闇を抱えていますが、唯一家族は信頼できるということであれば、まだましなのかもしれません。
ただ通常は生まれてきてから一緒にいる家族と信頼関係を結びますが、それが出来ない人はどうなのでしょう?
他人や友達を信頼し、そっちに居場所を求めれば問題ないように思えますが、それが出来ない人もいます。
家族と信頼関係を結べない人たちはそれで精神的に参り、他人とも信頼関係を築きにくくなることもあるんです。

自分のこと全てを他人に話しすることは勇気のいることです。
それは、その結果次第では嫌われて自分の居場所がなくなってしまうという不安に陥ることに繋がるからです。
そんな時は子供のころの無邪気な自分に戻りたいと思うこともありますが、そんなことは妄想の世界でしかありません。

家族の裏切りや、誰も認めてくれない、誰も理解してくれないという心の葛藤、
自分は誰にも必要とされていないと感じる絶望感。
こんなことを毎日毎日考えていたら誰でも精神的におかしくなります。
そしてこういうデリケートな話はなかなか他人には出来ません。
そう日本は特にそういうことを話すとすぐに変な人扱いしてしまうからです。

好奇な目で見られ、あなたは精神的に異常だと罵られ仲間はずれにされることもあるでしょう。
偽善者ぶった人には同情され、普通に幸せに暮らしていて傷みも分からない人に限って能天気にアドバイスをします。
こんな人ばかりの世の中だから余計自分の殻に閉じこもってしまうんですよね。
みんなと足並みをそろえて生活していくにはそういった苦しい部分を隠していくしか方法がないのですが、でもそれでは自分の心が壊れてしまいます。
肉体は、心が壊れても消滅したくても生きています、一瞬のうちに消滅できるのであればどんなに幸せかと考えてしまうこともあるでしょう。

こんな毎日では何かに依存していくのは当たり前のことでそれは人間の本能でもあると思います。
病院にいったとしてもそれは他人には隠していなければならない。
カウンセラーも話を聞いてくれますが、結局は仕事であって本当の意味で向き合ってくれていないのかもしれません、それは金銭という見返りがあるからです。

しかしまぁ一つの足がかりとなるからカウンセリング的な場所があるのですが、カウンセラーは一生その人たちと信頼関係を結ぶことはしませんよね、結局仕事ですしお金で動いているのですから。
心を開いて楽になり、精神的に落ち着いたとしても自分の居場所がなければまた戻ります。
本当に難しい厄介な問題だと思います。

しかし実際信頼関係を築けている人ってどのくらいいるんでしょうね?
信頼関係=何でも話せる相手という定義で考えます。
こういう究極な信頼関係ってあまりないように思います。
自分の駄目なところ、卑しいところ、汚いところ、腹黒いところ、性癖まで全てさらけ出して話せる相手なんてそうはいないでしょう。
私はいません。

じゃあ、信頼関係って何なんでしょうかね。
多分、適当なものだと思います。
「お前のこと信頼しているよ」の言葉は心の声に直すと
「お前のこと90%信頼しているよ」なんじゃないかなと私は感じます。
だから人によっては信頼度は変わり20%もいれば50%もいるでしょう。
ま、社交辞令みたいなもので、そんな適当な言葉なんだと思います。

信頼100%であれば嘘をつく必要はないはずです、自分のことはすべて話せるはずです。
しかし人は傷つくことを恐れ、バリアをはり、最小限のダメージになるように、嫌われないように、引かれないように無意識に調節するものです。
100%信頼して裏切られたときに心は壊れてしまいますからね、そういうことがないように。

逆に言えば、人間関係で心に深い傷を抱えている人は純粋で心から人を信頼できる純真無垢な人間なんだと思います。
信頼できるではないですね、信頼できたというべきでした。
しかしその結果深く傷ついてしまい心に傷を負ってしまう、なんという酷く理不尽なことでしょうか。

でも私はそういう人がうらやましいです、そういう人になりたいのではないんですけどね。
なんでなりたくないかというと、心無い人間に心を壊されてしまい精神が破綻するという恐怖からです。
そこからは未知の領域で、まさに生き地獄ですよね。
しかしそういう純粋な人たちに触れ合うことで私の心も浄化されてくような気がするんです。

100%の信頼関係って理想です、それを達成するためにその部分にだけ非日常の世界があってもいいと思うんです。
逆にその非日常の中でなら100%の信頼関係は十分可能だと思います。
恋愛感情ではなく、それを超越したところにある信頼関係は無敵だと思います。

自分の苦しさやどうしようもない思いを吐き出し、一人の人間として客観的に見てもらいたくありませんか?
私はそういう世界を作っていきたいと思っています。
絶対に裏切らない、絶対に引かない、絶対に見放さない、それが私です、相手が聞く耳を持っている限りは。
よくこういうところが変わっているといわれますが、私にとってはこれはしたいことで、これが日常なんですよね。



              戻る          Top