お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

               叱ると怒るの違いと𠮟り方


叱ると怒るっていうのは同義語として扱われることがありますが、私の中では全くの別物です。
怒るというのは感情のコントロールができない怒りのことだと思います。
怒りだとつい愛情を忘れてしまったり、酷い言葉を発したりしてしまいます。
それでは相手に反省を促すのではなく恐怖を植え付ける行為になってしまいますよね。
怒るとは相手のためではなく、自分のためにすることなんではないでしょうか。
ですから私はお仕置きの時には怒ることはしません。

逆に叱るというのは相手に良くなってほしいと願い、善悪を理解させ、本人に反省させるという愛情のある行為だと思います。
なので感情的にならずに冷静に話をする必要があります。
時には声を荒げたり恐怖感を与えたりすることも相手によっては必要です、しかしそれは冷静な上での表現方法であって叱る手段の一つと思っています。
相手に対して成長を願う愛情が込められていなければそれは叱りではないと思っています。
あくまで相手の成長のために、さらに向上してほしいと思う気持ちがあってこそ叱りなんだと思います。
怒るは自分のためですが、叱るは相手のための行為です。
私はお仕置きの場合はこの”叱り”をします。

そして叱り方というのが結構難しいんですね。
ただ単に叱るのは誰でも出来ますが、何故駄目なのかを説明して、それを理解させ、反省させるのは難しいんです。
一つの事柄だけならパッと言葉は出てきますが、世の中無数の罪悪があります、そしてその罪悪の判断にはある程度の個人的価値観もかかわってきます。
道徳的な価値観を元に判断をしますが、理由を説明しても”何故?”といわれてしまえば説明は難しいんですね。
結局は「他人に迷惑をかける行為だから、そして自分も嫌な気分になる、自分がされても嫌でしょ」的なことをいうのですが、それでも”何故”といわれてしまえばもうお尻を叩くしなくなっちゃうんですよね(笑)
でもお仕置きを受けに来る子は、そういう事を言って相手を困らせ、それでも一生懸命に叱ってくれる事に愛情を感じてしまうのかもしれませんね。
ただ、そうであればこちらとしてはいい迷惑です(汗)
結局そういう人を受け止める的なことがお仕置きには必要なので、相手に操られようが、駆け引きをされようが、それはそれなので構わないのですが、まあ、愛情の裏返しで憎たらしくはなりますよね(笑)


叱り方ですが、叱るので一番いけないパターンってあると思います。
例えば

「~に怒られるから駄目だよ」的な。
「バスの運転手さんに怒られるから静かにしなさい」
「お父さんに叱られるからやっては駄目!」

このような叱り方は日常にあふれていますが、叱られるからやっては駄目というのは最悪な叱り方です。
つい口にしてしまう気持ちは分かりますが、教育上はよくありません。
その他にも軽いパターンとして

「ここで遊んでは駄目」
「お行儀よく食べなさい」

これらも普通に使ってしまいますよね、でもその都度でなくてもいいのできちんと理由を説明することが必要です。
子供は何が正しくて何が間違っているか、更に善悪の基準も曖昧にしかわかっていません。
なので大人の常識を子供に理解させるように説明し、その上で反省させないといけません。

大人相手でも同じです。
当たり前のことを説明してあげることによってその理由を再認識することがよくあります。
「何で駄目なの?」「別にいいでしょ」
というのは誰しも心の中にあるのですが、やはりそこは当たり前のことでも説明し、叱ってあげ、過ちを指摘してあげることが必要ではないかと思います。
そして「本当に悪いことをしたから叱られているんだ」ということを実感しさえすれば愛情を感じるのだと思います。

お説教の後はお尻叩きのお仕置きへと移ります。
反省していてもしていなくても悪いことをした代償として、責任を取る一つの手段としてお仕置きをします。
なかなか反省できていない子や素直にごめんなさいをいえない子でもお尻叩きで痛みを感じることによってもう二度としませんという気持ちから反省をします。
体罰を受けたから反省をするというのはどうなのかと反論はあるかもしれませんが、お尻ペンのお仕置きは、その気持ちを引き出す手段であって、その痛さや恐怖によって道徳観を胸に刻み込む一つの方法であってもいいと私は思います。
それによって善悪の判断がつき、悪いことをしなくなるのであればいいと思うんです。
お仕置きしなくてもそれが出来る人、お仕置きがなければできない人、それは人それぞれなのでその個性に合わせたお仕置きをすればいいのではないかと感じます。

お仕置きが終わったらしっかりと甘えさせてあげます。
飴と鞭って言葉そのままですが、厳しく叱ってお仕置きをするわけですが、反省できたあとは相手を暖かく受け入れ、甘えさせ、愛情を感じさせる。
このことが叱るという流れの中で一番重要なことだと私は認識しています。
最後にはきちんとした形で愛情を注ぎこみ、愛情を感じさせてあげる。
ここまでの一連の行為が叱るということであって、そうでなければ愛情を感じることは難しいのではないかと思います。

大人も子供も精神構造は深層心理の中では同じです。
それを大人は今までの経験や作り上げられた常識で、子供のころに感じていた純粋な心を打ち消しているだけなんだと思います。
大人だって叱られることが必要だし構ってもらうこと、甘えることが必要なんですよね。
それが心の健康であり、心の安定につながるんです。
大人でも子供のころの純粋な気持ちに戻っていいんです、
いや、むしろ純粋なころの気持ちに戻る必要があるのではないかって私は思います。
人間にとって、とっても大切なことなんではないでしょうか。



              戻る          Top