お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

                  性癖とは


性癖についてお話ししたいと思います。

性癖っていう言葉の意味を理解している人って結構少ないんですよね。
以前から私はキーさんのことを「性癖ではなく性格なんですよ」と表現してきましたが、これは誤解を避けるための言い回しです。

性癖というと一般的に”性的嗜好”と捉えてしまいますが、これは間違いで、正確には人間が持っている偏った癖や嗜好、性格等の性質のことを指します。
性的嗜好は性癖の一部ではありますが、「性癖=性的嗜好」ではないのでそこは誤解しないように注意が必要です。
性癖の性とは”性的”の性ではなく”性質”の性ということなんですね。

綺麗好き過ぎればそれは性癖ですし(潔癖症)、万引きがやめられないのも性癖(盗難癖)、更には収集癖、虚言癖、放火魔等も性癖です、また、眼鏡好き、コスプレ好きなどのフェチも性癖です。
これらは全て性的ではないことですが、性癖というんです。

これと同じ解釈で、「性的でないお仕置きを求めているキーさん」も同じ部類の性癖であり、決して性的嗜好ではないと私は思っています。
これまでは、性癖と表現してしまうと”性的嗜好”と捉えられてしまうのでその言葉を使用することを避けていました。
今後もお仕置き好きを性癖と表現することはあまりないと思いますけどね^^;

それでは性癖とはなんなのでしょうか。
その正体は”その行為やその物”を欲し、求めてしまい、それによって心や体が満たされる”何か”です。
そしてその行為をすることや求めることをやめたくてもやめられない、それだけ強く求めてしまうものなのです。
何故かというとその行為によって何よりも、より満たされるからです。

そしてその欲を満たそうとすればするほどエクスタシーを感じたくなるものなんですね。
その行為をしたり妄想したりして気分が高揚し多幸感を得ますが、さらにもっと追求したいと思ったらそれが自慰行為につながるわけです。
自慰とはエッチな妄想ということに限らず、単純に脳内ホルモンの分泌を促して更に幸福感を得られるように、よりエクスタシーに導けるようにするための手っ取り早い方法なだけです。

その証拠にエッチなことを妄想しなくてもエクスタシーを感じられる女の子はいますし、このブログを読んでいる方の中にもそういう経験はしている人はたくさんいるはずです。
性癖で興奮を高めて、エクスタシーを得ようとすると本能的に直接性器への刺激へと進むことになりますが、これは身体の構造上の本能的な行動といってもいいのでしょう。

人間の欲求は持って生まれたものなので、これは先天的に本能で求めてしまうものです。
しかしその欲求が偏ってその比重が増えると”性癖”と呼ばれるんですね。
なので全て欲求に過度な偏りがなければ性癖とはいいません、それは一般的な標準より偏りがあることを性癖と呼ぶからです。
だから性癖がまったくないなんて人間は存在しないでしょうね。

性癖はどうやって作られていくかというと、生きていく過程でたまたま出会ってしまった何かなんですよね。
よく記憶がないという人がいますが、おそらく記憶にないだけで何らかの形で遭遇しているものです。
幼児期、心地がいい時にたまたま目にしてしまった物や行為、たまたま偶然に性的刺激があったときに目にしてしまったものなど、きっかけやその時の環境は様々です。
同じ環境でも違う方向に行くことは普通に起こることですから、どういうきっかけでどういう性癖を持つかは、過去を振り返ればわかることが多いですが、予測は決してできません。

このブログでの性癖というとやっぱりお尻叩きのお仕置きが好きなキーさんということになりますが、このお仕置きの根本というものは性的なことではなく、単純に”愛情”なんですね。
相手と親身に向き合って悪いことを叱ってお仕置きをし、許しとその後のスキンシップの光景は絵本やアニメで最初に目にしてそれがきっかけになることがほとんどですが、そのポイントはお尻叩きの行為も含めた愛情表現で、本来はそういう形の愛情を求めているんですね。

これは人間にとって一番必要な心と心の温かみのあるコミュニケーションであるから魅力があるんでしょう。
いろいろな性癖はありますが、人間対人間の愛情表現にの究極な形でもある”お仕置き”というのはとっても健全でありと思いますし、これは性癖ではなく普通に求めてしまう愛だと私は思っています。

人間は一人では生きていけません、孤独にも耐えられません、寂しかったら満たされません、そういう生き物なんですね。
心が苦しい人、完璧を求めすぎてしまう人、失敗することを恐れすぎてしまう人、罪悪感を感じやすい人、そんな人は苦しみながら日々を過ごしています。
心が折れそうなとき、前を向きたいときには、私が会話やお仕置きによってたくさんの愛情を補充してあげて元気にさせ、そして生まれ変われるような、そんな活動を目指していきたいと思っています^^

このように性癖について説明してきましたが、お尻叩きのお仕置きが好きだからと言って自分が変だと思うのは違います。
確かにそれをより多く求めてしまう事では性癖という表現になってしまいますが、これは単純に愛情の補充です。
パパやママに抱きしめられたい、甘えたい。

恋人や尊敬する人に褒められたい、認めてもらいたい、抱きしめてもらいたい。
そして愛されたい。
こう思うことがどうして変なのでしょうか。

変ではありません。
正常です。
他の人がなんて言おうが私は正常だと思っていますから、正常どころかこれからの社会においては、とっても大切な心温まる行為だと強く感じていますからね^^
お尻叩きを性的に思ってしまう一般の人の方が意識のし過ぎで変態さんだと思います(笑)





※いろんな角度から検証したい方は下記の関連記事もご覧ください。
れてしまう事について
お仕置きの欲求と性的欲求の違い
お仕置きで濡れる事
濡れるのが恥ずかしいキーさん
惹きつけられる”背徳感”とは




              戻る          Top